1. 節水グッズで水道代を節約!簡単に使えて役に立つ節水アイテムまとめ

節水グッズで水道代を節約!簡単に使えて役に立つ節水アイテムまとめ

節水グッズ

電気代と共に家庭を圧迫するのが水道代。生活に必須とは言え、結構な額がかかりますよね。

そこで今回は水道代を節約できる節水グッズをいくつか紹介。これらを使えば簡単に水道代を減らすことができますので、ぜひ導入してみてください。

水道代はどれくらいかかっている?節約できる?

水道代は1リットルあたり0.3円かかると言われています。

1リットル0.3円と言われてもピンとこないかもしれませんが、お風呂の浴槽に張る水がだいたい200リットル程度、洗車に使う水が1回250リットル程度とされているので、浴槽に1回水を溜めるのに60円、1回の洗車に75円の水道代がかかる計算になります。

また蛇口を強くひねると1分あたり3.6円(約12リットル)、普通にひねると1分あたり1.8円(6リットル)の水道代がかかると言われています。

当たり前のように水道を使っていますが、中には水を不必要に出しっぱなしにしている人も少なくないのではないでしょうか。“ちりも積もれば山となる”と言うように、日々のムダは小さくても年間で見るとかなり大きくなるはず。

ではどうやって節水すればいいのでしょうか?毎日意識して節水することも大切ですが、もっと簡単に節水できるのが「節水グッズ(節水アイテム)」なのです。基本的には取りつけるだけでOKなので、これは使わない手はないですよね。

ともすけさん。この間も水道出しっぱなしで歯磨きしてたわよね?それにシャンプーしている間ずっとシャワー流しっぱなしだし!それにそれに……

わ、わ、わかったよ。ごめんなさい。僕も節水アイテムで節約するよぉ。

スポンサーリンク

便利な節水グッズ・節水アイテムを紹介

ここからはどんな節水グッズがあるのか、紹介したいと思います。

節水シャワーヘッド

その名の通り、節水ができるシャワーヘッドのこと。

普通のシャワーヘッドよりも出てくるお湯の量を減らすことができるアイテムです。簡単に言えば水が出てくる穴を小さくすることで水の勢いを強くするというもの。商品によって異なりますが中には50~70%程度の節水ができるヘッドも。

導入コストはかかってしまうものの、2か月で2000円程度の節約ができるので、すぐに元を取れるでしょう。シャワーを使う頻度が多ければ多いほど導入のメリットは高まるので、ぜひ検討してみてください。

節水シャワーの節水効果

50%節水ができるシャワーヘッドなら10分間のシャワーで水道代が30円→15円に!

ちなみに、節水シャワーヘッドを購入する際は止水ボタンが付いているものがおすすめ。これを使って小まめにシャワーの水を止めることで、より高い節水効果が期待されます。

詳しい節水効果や商品の特徴はメーカーのページなどに書かれていると思うので、気になる商品はきちんとチェックしておいてください。買ってから思ってたのと違った、では取り返しのつかないこともあります。

スポンサーリンク

節水キッチンシャワー

こちらはキッチンの蛇口につけて利用する節水アイテム。取り付けることで30~50%前後の節水効果を発揮し、4人家族なら1日あたり20円、年間で7300円程度の節約をすることが可能です。

首振り機能が付いているタイプなら広範囲に水が行くので洗い物なども楽になりますよ。実際にやってみると分かるのですが、シャワーでの洗いものは本当に楽。洗剤を効率的に落とすことができるので洗いものの時間も短くなります。

節水キッチンシャワーの節水効果

50%節水ができる節水キッチンシャワーなら、3分間水を出しっぱなしにした時の水道代が5.4円→2.7円に!

取りつけも簡単、さらに値段もそこまで高くないので数か月もあれば元をとれます。商品を選べば取り付け後もストレートの水流に切り替えることができるので、料理中などは切り替えながら利用するといいでしょう。

水洗トイレ用節水グッズ

忘れがちですが、水洗トイレもしっかり水道代がかかりますよね。

水洗トイレのタンクに設置する節水アイテムもあります。トイレ使用後に流れる水の量をセーブできるアイテムで、中には1回あたり5リットルも節水できるのですから凄いですよね。

1回5リットルだと1.5円/回の水道代節約が可能。1日8回トイレを使用することを想定すると月360円、年間4380円ほどの節約効果が期待できます。

水洗トイレ用節水グッズの節水効果

1回5リットル節水できる水洗トイレ用節水アイテムなら、1人あたり年間4380円程度の節約が期待できる!

家族が多いほど節約効果は大きいと思うので、ぜひ導入を検討してみてくださいね。

汚れの落ちるスポンジ

節水アイテムの紹介でスポンジなんて、と思われそうですが、実はスポンジの質によって水道代は変わってきます。

というのも、あまり質の良く無い、いわば汚れの落ちにくいスポンジでは何度も洗い直すことになりかねません。そうなれば必然的に使う水の量が増え、結果として水道代がアップします。

これを防止するために使いたいのが汚れを落としやすいスポンジ。数個入って100円程度の安いスポンジも悪くはないのですが、ぜひ少し良いスポンジを使って、その効果を実感してみてください。

特に汚れが落ちにくくて、洗い物に時間がかかると感じている方は要チェックです。同時に浸け置き洗いなども利用すると、なお水道代を抑えることができます。

お風呂ブザー

最近は全自動給湯器が増えているので、当てはまらない家庭も多いとは思いますが、昔ながらのお風呂だとお湯張りしたのをを忘れて延々とお湯が出続けてしまうこともありますよね。

これはかなりの水道代のロス。下手すれば数百リットルの水を無駄にしてしまいます。そんなロスを防止できるのがお風呂用のブザー。水位や温度を設定しておくことで、自動的にブザー音がなるので止め忘れが少なくなります。

止め忘れは単純に水道代がアップするだけでなく、何となく無駄にしてしまったことに対しての精神的なダメージも大きいもの。これを防止できるのは本当にありがたいですよね。

いろいろな節水アイテムがあるね。

こういった節水アイテムを併用すれば、年間で結構な水道代節約になりそう!使ってみたいわ。

コツコツ節約!いつの間にか数万円の違いに!

節約って言ってもいろいろな方法があるよねぇ。

そうよ。大きな節約をひとつすることも大事だけど、小さな節約をコツコツすることだって重要なのよ。

小さな節約かぁ…普段から心掛けておかないといけないねぇ。缶ジュース1本だって、ちりも積もれば何千円、何万円になるんだもんねぇ。

それよ!心掛けが大事なのよ!水道を出しっぱなしにしない、電気をつけっぱなしにしない、これだって、年間で考えたらかなりの光熱費節約になるんじゃない?

そうだ…自分に合った電力会社を選ぶだけでも光熱費の節約になるんだよねぇ。僕たちも電力会社を比較してぴったりなとこがないか探してみてもいいかもね。

スポンサーリンク

電力会社を比較して電気料金を安く!

▲ ページトップへ