1. 節水グッズで水道代を節約!簡単に使えて役に立つ節水アイテムまとめ

節水グッズで水道代を節約!簡単に使えて役に立つ節水アイテムまとめ

節水グッズ

電気代と共に家庭を圧迫するのが水道代。生活に必須とは言え、結構な額がかかりますよね。そこで今回は水道代を節約できる節水グッズをいくつか紹介。これらを使えば簡単に水道代を減らすことができますので、ぜひ導入してみてください。

節水シャワーヘッド

その名の通り、節水ができるシャワーヘッドのこと。普通のシャワーヘッドよりも使用するお湯の量を減らすことができるアイテムです。簡単に言えば、水が出てくる穴を小さく、しかも少なくすることで水の勢いを強くするというもの。商品によって異なりますが中には50%程度の節水ができるヘッドも存在します。導入コストはかかってしまうものの、2か月で2千円程度の節約ができるので、すぐに元を取れるでしょう。シャワーを使う頻度が多ければ多いほど導入のメリットは高まるので、ぜひ検討してみてください。

ちなみに、節水シャワーヘッドを購入する際は止水ボタンが付いているものがおすすめ。これを使って小まめにシャワーの水を止めることで、より高い節水効果が期待されます。詳しい節水効果や商品の特徴はメーカーのページなどに書かれていると思うので、気になる商品はきちんとチェックしておいてください。買ってから思ってたのと違った、では取り返しのつかないこともあります。

スポンサーリンク

お風呂ブザーと保温ヒーター

最近は全自動給湯器が増えているので、当てはまらない家庭も多いとは思いますが、昔ながらのお風呂だとお湯張りしたのをを忘れて延々とお湯が出続けてしまうこともありますよね。これはかなりの水道代のロス。下手すれば数百Lの水を無駄にしてしまいます。そんなロスを防止できるのがお風呂用のブザー。水位や温度を設定しておくことで、自動的にブザー音がなるので止め忘れが少なくなります。

止め忘れは単純に水道代がアップするだけでなく、何となく無駄にしてしまったことに対しての精神的なダメージも負う行為。これを防止できるのは本当にありがたいものです。また、同じくお風呂のアイテムとして保温ヒーターもおすすめ。これをお風呂に入れておくだけで、いつでも温かいお風呂に入ることができます。追い炊き機能がない家庭はチェックしてみましょう。

首振り節水キッチンシャワー

こちらはキッチンの蛇口につけて利用する節水アイテム。取り付けることで50%前後の節水効果を発揮し、4人家族なら1日あたり20円、年間で7300円程度の節約をすることが可能です。しかも、首振り機能が付いているので洗い物なども楽になりますし、取り付けも非常に簡単です。実際にやってみると分かるのですが、シャワーでの洗いものは本当に楽。洗剤を効率的に落とすことができるので洗いものの時間も短くなります。さらに、値段もそこまで高くないので数か月もあれば元をとれます。取り付け後もストレートに切り替えることができるので、料理中などは切り替えながら利用するといいでしょう。

汚れの落ちるスポンジ

節水アイテムの紹介でスポンジなんて、と思われそうですが、実はスポンジの質によって水道代は変わってきます。というのも、あまり質の良く無い、いわば汚れの落ちにくいスポンジでは何度も洗い直すことになりかねません。そうなれば必然的に使う水の量が増え、結果として水道代がアップします。

これを防止するために導入したいのが汚れを落としやすいスポンジ。数個入って100円程度の安いスポンジも悪くはないのですが、ぜひ少し良いスポンジを使って、その効果を実感してみてください。特に汚れが落ちにくくて、洗い物に時間がかかると感じている方は要チェックです。どれが良いスポンジか分からない場合は口コミを参考にしてみましょう。また、同時に浸け置き洗いなども利用すると、なお水道代を抑えることができます。

節約って言ってもいろいろな方法があるよねぇ。

そうよ。大きな節約をひとつすることも大事だけど、小さな節約をコツコツすることだって重要なのよ。

小さな節約かぁ…普段から心掛けておかないといけないねぇ。缶ジュース1本だって、ちりも積もれば何千円、何万円になるんだもんねぇ。

それよ!心掛けが大事なのよ!水道を出しっぱなしにしない、電気をつけっぱなしにしない、これだって、年間で考えたらかなりの光熱費節約になるんじゃない?

そうだ…自分に合った電力会社を選ぶだけでも光熱費の節約になるんだよねぇ。僕たちも電力会社を比較してぴったりなとこがないか探してみてもいいかもね。

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ