おすすめの電力会社ランキング98社比較

洗車の水道代を節約する方法!バケツなどで節水しながら綺麗にするコツまとめ

洗車

自宅で洗車をすると、どうしても結構な量の水を使いますよね。何とか節水して、少しでも水道代を抑えたいですよね。今回は、洗車の際の水道代を節約しながら、綺麗にする方法をご紹介していきます。

2万円も節約できるチャンス!?

あしたでんき

電力料金を安くしたいと思っている方に、最もおすすめしたいのが「あしたでんき」です。

電気料金が跳ね上がる夏、あしたでんきに切り替えて浮いたお金でちょっぴり贅沢しませんか?

【あしたでんきのメリット】

  • 年20,000円以上の節約を多くの方が実現
  • ずっと基本料金は0円(無料)
  • とにかくお得!業界でも最安水準
  • 手数料・解約金・違約金一切なし
  • 切り替え簡単!お試し感覚でOK
  • 対応の良さが抜群

とにかく電気料金が安いというのが、あしたでんきが選ばれている一番の理由。以下のシミュレーション結果をクリックして見れば納得ですよね!

料金シミュレーション結果(公式サイト)
3人以上の世帯例
(1月:600kwh/50Aで算出)
22,209円お得
2人世帯の例
(1月:500kwh/40Aで算出)
13,978円お得
1人暮らしの例
(1月:290kwh/30Aで算出)
2,558円お得
※東京電力エリアで試算

申し込みをするだけで面倒な手続きも工事も一切なし。手数料や解約金もないので、お試し感覚で一度切り替えて、合わなかったら解約でOK。

2019年9月末日までの申し込みなら「Amazonギフト券 2,000円分プレゼント」のキャンペーンがあるので、よりお得感が大きいはず!早く切り替えるほど節約に!

北海道・北陸・四国電力エリアの方には「Looopでんき」が最もおすすめです。基本料金0円で安い!

洗車に使う水の量は250リットルほど

一度の洗車で、平均240~250リットルもの水を使うと言われています。240~250リットルと聞くと、洗車にはそれだけ大量の水を使っているのだと、改めて分かりますね。水道1リットルあたりの料金は0.3円ほどですから、1回の洗車だけで72~75円の水道代がかかることになるのです。

水道250リットルの料金

72~75円(1リットル0.3円で計算)

例えばガソリンスタンドの洗車機でシャンプーだけであれば300~500円かかりますから、それを考えるとずいぶん低コストですね。1ヶ月に2回洗車すると月144~150円、1年で1728~1800円。驚くほど高くはありませんが、やはり光熱費は極力抑えたいもの。それに洗車に使用する水はとても簡単な方法で減らすことができるのです。

当然ながら何台も車を持っている家庭や、小まめに洗車をする人なら、洗車での節水を意識する事で、水道代を大幅に節約する事ができるでしょう。

に、にひゃくごじゅうリットル!?そんなに水を使うんだね。

金額にするとそれほど大きくはないけど、やっぱり安くできるものは安くしたいわよね。

スポンサーリンク

洗車で使う水の節水5つの方法

ここからは洗車で使用する水を節水する方法を紹介します。

バケツを使う

簡単かつ効果的に節水できる方法はバケツを使うこと。ホースから直接水をかけるよりも、大幅に水道代を抑える事ができます。

ホースで直接水をかけるのではなくバケツに水を貯め、その水を使用して洗車することで水の使用量を30リットル程度に減らすことができるのです。もちろん洗車方法によって水の使用量は変わりますが、1/8に減らすことができるのですから凄いですよね。

バケツで洗車したときの水道代の目安

30リットル=9円

シャワーノズルを使う

バケツで水を汲むよりも、さらに簡単な方法です。ホースの先端にシャワーノズルを付けるだけで、手軽に節水効果が期待できます。

商品によっては手元のレバーで小まめに水を止める事ができますし、シャワーの勢いで汚れを落としてくれるので、とても便利なアイテムです。シャワーノズルを使用すると水の使用量を1/4程度に抑えることができると言われていますよ。

シャワーで洗車したときの水道代の目安

60リットル=18円

高圧洗浄機(家庭用洗車機)を使う

高圧で頑固な汚れを吹き飛ばすように洗う高圧洗浄機。この高圧洗浄機で洗車することも実は節水に繋がるのです。

商品によっては75%の節水効果があるものも。機種によって水道の使用量は異なると思いますが、少なくとも50%ほどは水道代の節約になるでしょう。一見たくさんの水が出ているようにも思えますが、実はホースで水を出すより1分間に出る水の量は少なく、また圧力で水を噴射することで汚れを強力に除去。短時間で洗車を終えることができるのです。

高圧洗浄機で洗車したときの水道代の目安

30リットル=9円

高圧洗浄機は電気を使うので電気代がかかることは覚えておかなくてはいけません。ただ高圧洗浄機の電気代は1時間あたり35円ほど(1kWhあたり27円で計算)。洗車の時間は10分程度ですから5.8円ほどですね。これを考えてもホースで洗車するよりもはるかに安いと思います。

ただ高圧洗浄機の場合、安いものでも10,000~20,000円。高額なものになると50,000円なので、導入コストが必要ですが、洗車以外に家庭のさまざまな掃除に使用できるのでメリットは大きいでしょう。

小まめに自分で洗車をしている方ならすぐに元が取れるのではないでしょうか。コンパクトなものもありますし保管場所に困る事もないでしょう。

冷たい水ではなくぬるま湯を使う

冷たい水ではなくぬるま湯で洗車することで、汚れが落ちやすくなります。鳥のフンなどが付着してしまったときも、ぬるま湯をかければ軽く一拭きで落ちるでしょう。これによって洗車時間を短縮できれば、水道代の節約になりますね。

ただしぬるま湯を使うというのが家の構造上難しい場合も多く、またお湯を出すのにはガス代がかかるということも覚えておく必要があります。ベストなのはぬるま湯をバケツで汲んで使用する方法。そうすれば水の量は1/8程度に減らせるので、多少のガス代がかかってもホースで洗車するよりは大幅に光熱費節約ができるでしょう。

ちなみに使用するお湯が熱すぎると車のコーティングや部品に悪影響を及ぼす可能性があるので、手で触れてぬるいと感じる程度の温度にしてくださいね。

お風呂の残り湯を使うのもおすすめ

お風呂の残り湯を使用すれば、洗車のために新たに使用する水を実質0にできます。

ただしお風呂のお湯は雑菌などが含まれている可能性があるので、最後は水道の水でキレイに流すようにしてくださいね。

意外とたくさんの節水方法があるのね!

僕、とりあえず高圧洗浄機が欲しくなってきたよ。高圧洗浄機は節水効果が大きいなんて知らなかったなぁ。

スポンサーリンク

まとめ

このように、洗い方や道具などを少し工夫するだけで、洗車の水道代を大幅に節約できるのです。皆さんも、できるものからチャレンジしてみませんか?