1. 手軽に水道代の節約ができる「元栓」の調節方法!節水で安くする

手軽に水道代の節約ができる「元栓」の調節方法!節水で安くする

水道

「水道代を節約したい!」と思っても、こまめな節水は面倒となってしまいますよね。

またご家族で節水に取り組もうとしても、なかなか徹底していくのは難しいものです。そこで今回は、水道の元栓を閉めることで行う節水方法について、その効果と注意点などについてご紹介します。

水道を「元」から閉めるから効果抜群!

どのご家庭にもある水道メーター。その近くにある元栓を、少しだけ閉めてみましょう。それだけで、使用する全ての水量をセーブすることができ、節水へとつなげることができます

初めは水圧の低下に少し戸惑うかもしれませんが、慣れるまでの我慢です。ご家族全員で意識して取り組むことがなくても、自然と水道代を節約することができるでしょう。

そうか!元栓から閉めたら水圧が弱くなるんだ!

それはいい方法ね。ともすけさん、いっつも水道全開なんだもの。

スポンサーリンク

水道の元栓の閉めすぎには注意して

ただ元栓を閉める際に気をつけていただきたいのが、閉めすぎないようにすることです。

閉めすぎると水量が極端に減ってしまい、トイレが流れにくくなるなど、日常生活に支障をきたしてしまいます。また元栓の金属部分が摩耗して損傷しやすくなったり、給湯器に供給される水が少なくなることから、不完全燃焼の原因になるなど、いくつかの不具合が報告されています。

元栓を閉めるときは「ほんの少し」とすることを、必ず守って下さい

ほんの少しだけ元栓を閉めるのね!

閉め過ぎて不具合が起きたら元も子もないもんね。

スポンサーリンク

他にもある節水方法

ご家族全体で取り組める節水方法には、他にもさまざまなものがあります。元栓閉めと併用すると、さらなる効果が期待できますよ。

キッチンでの節水

  • 水をこまめに止める
  • 節水蛇口を活用する
  • 無洗米を使用する
  • 流し洗いではなくため洗いをする

お風呂での節水

  • シャワーをこまめに止める
  • お風呂のお湯を少なめにする
  • 残り湯を洗濯や植物の水やりに活用する
  • 節水シャワーヘッドを活用する

洗濯機の節水

  • 注水すすぎではなくためすすぎにする
  • まとめて洗う(ただし容量の80%以内に!)
  • 洗剤は適量に抑える
  • 軽い汚れは省エネモード(短時間モード)で洗う

トイレの節水

  • 「大」と「小」を使い分ける
  • ウォッシュレットの使用頻度を少なくする
  • 給水タンク内の浮き玉を調整して水の量を少なくする
  • 二度流しをやめる

これらを実践しても、毎月の水道料金で見ると少々の節約となってしまうかもしれません。しかし、長い目で見れば大きなものとなります。是非ともこまめに料金のチェックを行い、節水の効果を実感してみてくださいね。

コツコツ節約!いつの間にか数万円の違いに!

節約って言ってもいろいろな方法があるよねぇ。

そうよ。大きな節約をひとつすることも大事だけど、小さな節約をコツコツすることだって重要なのよ。

小さな節約かぁ…普段から心掛けておかないといけないねぇ。缶ジュース1本だって、ちりも積もれば何千円、何万円になるんだもんねぇ。

それよ!心掛けが大事なのよ!水道を出しっぱなしにしない、電気をつけっぱなしにしない、これだって、年間で考えたらかなりの光熱費節約になるんじゃない?

そうだ…自分に合った電力会社を選ぶだけでも光熱費の節約になるんだよねぇ。僕たちも電力会社を比較してぴったりなとこがないか探してみてもいいかもね。

スポンサーリンク

電力会社を比較して電気料金を安く!

▲ ページトップへ