1. 節水シャワーヘッドの節約効果!水道代・ガス代を安くするコツ

節水シャワーヘッドの節約効果!水道代・ガス代を安くするコツ

節水シャワーヘッド

いきなりですが、みなさんは節水シャワーヘッドってご存知でしょうか?

これを上手く利用することで気になるシャワーの水道代やガス代を抑えることができるのです。今回はそんな節水シャワーヘッドによる水道代・ガス代の節約効果についてお伝えします。

シャワーの水道代&ガス代を確認しよう

普段何気なく利用しているシャワーですが、実は結構な水道代とガス代がかかっています。

シャワーヘッドにもよりますが、一般的にシャワーは1分で約10リットルの水を出すことから、1分10リットル、10分使用したときを想定して計算してみます。

シャワー10分間の光熱費

  • 水道代:約30円
  • ガス代:約35円

シャワー10分間コストは65円程度、これが毎日になれば1ヶ月1950円程度ですね。もちろんシャワーを使う時間が長くなるほど、シャワーの温度が上がるほど光熱費は高くなると考えられます。

これ十分に家庭の負担となる額でよね?そんなシャワーの光熱費減が期待できるのが「節水シャワーヘッド」なんです。

スポンサーリンク

節水シャワーヘッドで節約できる仕組み

節水シャワーヘッドは、簡単にいえばシャワーの勢いを強めてくれるシャワーヘッドのこと。イメージとしてはホースの先を押さえて水の威力を強くしているような感じでしょうか。

少ない水の量でも勢いが強いので、しっかりと洗い流すことができ、自然と節水することが可能。結果として水道代やガス代が安くなるというわけです。しかもシャワーヘッドを取りつけるだけですし、安いものだと1000~3000円程度と、手に入れやすいのも魅力です。

節水シャワーヘッドで重要なのは水の勢いが強くなるという部分。水道代は水の勢いではなく水の量で決まるのですからね。使用状況や商品によって異なるものの、取り付けもそこまで大変では無いので安心。一度取り付ければ後は毎月の水道代が安くなるのを期待するだけです。おそらく数か月で元を取り戻せるでしょう。

スポンサーリンク

節水シャワーヘッドの節水効果は40~60%

さて、ここで気になるのが節水シャワーヘッドにすることで具体的にどのくらいの節約ができるかということ。

これも商品の種類などによって異なりますが、少なくとも30%程度は節水できると思っていいようです。商品によっては50~60%の節水が出来るものもあり、もちろん節水効果が高いほど節約効果が高まります。

例えば先ほど、10分間のシャワーで使用する水道料金は30円とお話ししましたが、50%の節水効果がある節水シャワーヘッドを使うだけで、10分あたりの水道代が15円になるんです。これってすごいことだと思いませんか?

使用する水の量が減ることで同時にガス代の節約も可能ですから、詳しい数字などをチェックするためにも各メーカーのホームページを見てみるといいでしょう。詳しい節水率や商品の特徴が記載されてますよ。

止水ボタンつきの節水シャワーヘッドがおすすめ

節水シャワーヘッドでより効率的に節水をしたいのなら、止水ボタンがついた商品を選ぶのがおすすめ。最近のものは付いていることが多いようですが、中には止水ボタンがないものもあります。

止水ボタンがあればシャワーの出しっぱなしも防げますから、購入の際はぜひチェックしてみてください。節約の部分だけでなく単純に付いていた方が使い勝手もいいと思います。

先ほど安価なものだと1000~3000円程度とお話ししましたが、もちろん中には1万円以上する高額なものもあり、最近は肌に優しいなど嬉しい効果が期待できるシャワーヘッドもありますよ。

節水シャワーヘッド、すごく良いね!

そうね。とにかく付け替えたら自然に節水できるって便利。

シャワーは時間を意識して使う!

いくら節水シャワーヘッドにしても、長時間シャワーを使っていては節約になりません。

そこで節約のためにシャワーは時間を意識しながら使ってみてください。たとえば、体や頭を洗う際にシャワーを出しっぱなしにしていませんか?1日あたりのロスは大したことがなくても、これが何日、何か月にもなると相当なもの。

こういった無駄なシャワーの時間をカットしてトータル利用時間を確実に減らしていってください。とはいえ、すすぎが不十分だとフケやかゆみの原因となることがあるので、あくまでもカットするのは本当に不要な部分だけにしましょう。意識してみると予想以上に無駄なシャワーの出しっぱなしなどがあると思います。

確かにせっかく節水シャワーヘッドにしたのに、シャワーを出しっぱなしにしてたら意味がないわよね。

うんうん。節約意識はいつでもしっかり持っておきたいね!

シャワーと浴槽を上手く使い分けよう!

常にシャワーだけという方もいると思いますが、日本人の場合は浴槽に浸かる習慣があるので、「湯舟に浸かりたい」という人も多いと思います。そういった方も浴槽とは別にシャワーを使うでしょうから、節水シャワーヘッドはおすすめ。

また水道代やガス代の節約のため、浴槽の水を少し少な目にする、体を流すのに浴槽の水を使用する、シャワーだけの日と湯舟に浸かる日をつくる、など工夫してみてはいかがでしょうか。

コツコツ節約!いつの間にか数万円の違いに!

節約って言ってもいろいろな方法があるよねぇ。

そうよ。大きな節約をひとつすることも大事だけど、小さな節約をコツコツすることだって重要なのよ。

小さな節約かぁ…普段から心掛けておかないといけないねぇ。缶ジュース1本だって、ちりも積もれば何千円、何万円になるんだもんねぇ。

それよ!心掛けが大事なのよ!水道を出しっぱなしにしない、電気をつけっぱなしにしない、これだって、年間で考えたらかなりの光熱費節約になるんじゃない?

そうだ…自分に合った電力会社を選ぶだけでも光熱費の節約になるんだよねぇ。僕たちも電力会社を比較してぴったりなとこがないか探してみてもいいかもね。

スポンサーリンク

電力会社を比較して電気料金を安く!

▲ ページトップへ