1. 節水コマの効果とデメリット

節水コマの効果とデメリット

蛇口

毎月の水道代、馬鹿にできないよね。そんな水道代を節約するために節水コマを使ってみたらどうかな?

ここでは節水コマの効果やデメリット、取り付け方などを紹介するよ!

これが結論!

節水コマは水道代を半分程度にする。節水コマに交換することで1ヶ月1,296円もの節約になることも(1日30分の水道使用を想定)!デメリットは蛇口から出る水の量が半分程度になること。

節水コマで水道代を節約できる!

節水コマって…何?

節水コマはその名の通り、水道代を節約するためのコマよ。普通の蛇口にもコマは付いてて「ハンドルを回す→コマが開く→水が流れる」という風に水が出てくるの。

水道のパーツだったか。

で、節水コマに交換すると水の流れる量が少なくなるの。つまり、普通のコマに比べて水道代を節約できるってこと。

節約って…どのくらい?

節水コマに交換すると水の量が通常の半分くらいになるって言われてるわ。蛇口を90度開いた場合、普通のコマだと1分で12Lの水が流れるのに対して、節水コマなら6Lくらいで済むわけね。

半分か!すごい!

1日に水道を30分使った場合、普通のコマなら360Lの水が流れるけど、節水コマなら180Lで済むわ。つまり、1日あたり43.2円。1ヶ月なら1,296円もの節約になるってこと!

ポイント

1日に水道を30分使う場合、節水コマに交換するだけで1ヶ月1,296円もの節約になる!

年間なら15,552円か!で、でかすぎる!

ただ、水の量が減るから人によっては使いにくさを感じるかもしれないわ。

スポンサーリンク

デメリットは水量が減ること

節水コマにすると水の量が減っちゃうの?

水が出る量を抑えて節水する仕組みだからね。取付後は流れる水の量が半分程度になるから、水道代も半分くらいになるって言われてるわけ。

半分かぁ…。

洗い物や手を洗う時はそこまで問題ないと思うけど、鍋に水を溜める時なんかが不便ね。とはいえ、使ってるうちに慣れていくんじゃないかしら。

何事も経験だよね!取り付けてダメそうなら外してもよさそう…って思ったけど、もしかして節水コマって高い?取付面倒?

節水コマは凄く安い、というか無料で配布されることもあるし、取り付けもそう難しくないわよ。

スポンサーリンク

節水コマはどこで手に入るの?

節水コマはホームセンターとかで購入できるし(100円前後)、水道局によっては無料で配布してるの。だから、まずは水道局に問い合わせてみるのがおすすめよ!

節水コマの入手方法

  • 水道局の無料配布
  • ホームセンター等で購入

え?無料でくれることもあるの!?

そうなの。だから、まず試してみるのもありだと思うわよ。

節水コマの取り付け方も紹介

節水コマの取り付け方も簡単に紹介しておくわね!

節水コマの取り付け方

  1. メーターボックスのバルブを右回しして水を止める
  2. 蛇口を全開にする
  3. スパナ等でパッキン押えの部分を外す
  4. 蛇口の上部を外す
  5. ピンセット等で古いコマを取り出す
  6. 節水コマを蛇口上部に差し込む
  7. あとは元に戻して取付完了
  8. 水を出すためメーターボックスのバルブを左に回す

意外と簡単…なの?

スパナが必要なくらいで、実際にやってみれば難しくないわよ。

レバータイプは取付不可

ハンドル式の蛇口

節水コマは基本的に上のようなハンドルタイプの蛇口に取り付けるアイテムなの。レバータイプの蛇口だと取付不可になることがほとんどだから、その点には気をつけないとね。

全部の蛇口につくわけじゃないのか。

だから確認しておかないといけないわね。ただ、レバータイプなら蛇口周辺とかに「止水栓」が付いてるはずよ。それを調節することで水の量を調整することができるの。

節水コマを活用して節約しよう!

節水コマを使うだけで水の量を半分くらいに抑えてくれるんだよ。これなら水道代の大きな節約が期待できそうだよね。節水コマは水道局で無料で貰えることもあるからぜひ試してみてね!

コツコツ節約!いつの間にか数万円の違いに!

節約って言ってもいろいろな方法があるよねぇ。

そうよ。大きな節約をひとつすることも大事だけど、小さな節約をコツコツすることだって重要なのよ。

小さな節約かぁ…普段から心掛けておかないといけないねぇ。缶ジュース1本だって、ちりも積もれば何千円、何万円になるんだもんねぇ。

それよ!心掛けが大事なのよ!水道を出しっぱなしにしない、電気をつけっぱなしにしない、これだって、年間で考えたらかなりの光熱費節約になるんじゃない?

そうだ…自分に合った電力会社を選ぶだけでも光熱費の節約になるんだよねぇ。僕たちも電力会社を比較してぴったりなとこがないか探してみてもいいかもね。

スポンサーリンク

電力会社を比較して電気料金を安く!

▲ ページトップへ

運営会社個人情報保護方針お問い合わせ