1. パスタや野菜の茹で方でガス代節約!鍋の代わりにフライパンがおすすめ

パスタや野菜の茹で方でガス代節約!鍋の代わりにフライパンがおすすめ

パスタ

パスタや野菜などの茹で料理では、原則として鍋を使用して調理します。

特にパスタは、大きな鍋を使い、たっぷりの湯で茹でる、というのが基本です。

しかしたっぷりの水を使うということは・・・ガス代の負担が気になりますよね?そこで茹で料理にフライパンを活用した節約方法をご紹介!なぜ節約となるのか、その理由もご説明します。

フライパンで茹でてガス代を節約しよう

通常、パスタや野菜を茹でるときは鍋を使いますよね。

特に大量の食材を茹でる際は、その分大きな鍋を使うこととなり、水の沸騰にも時間と多くのエネルギーを要します。

そこで、おすすめするのがフライパンで茹でていく方法です。

水の量の違い

フライパンなら寸胴鍋の1/3の水で済む

フライパンなら底が浅いため、少量の水で済みます。パスタを茹でるときに使われることが多い寸胴鍋と比較すると、水の量は1/3ほどになるので、当然ながら素早く湯に沸騰させることができます。これがガス代の節約につながるしくみです。

もちろん契約しているガス会社や鍋の大きさによって左右されますが、以下のように寸胴鍋とフライパンではこれだけガス代が違うのです。

水を沸騰させる際のガス代の目安

  • 寸胴鍋(6リットル):13.2円
  • フライパン(2リットル):4.4円

当然、水の量も1/3と節水になりますし、家事の時短にもつながるためこれは一石二鳥を超え…一石三鳥となりますよね。ちなみに水は1リットルあたり約0.3円なので、寸胴鍋だと1.8円、フライパンんだと0.6円の計算になりますね。

へー、寸胴鍋の1/3かぁ。

数字で見るとずいぶん違うわよね。ガス代も水道代も節約になるんだもの。

スポンサーリンク

パスタ調理は節約以外のメリットも満載

野菜を茹でるのにもフライパンはおすすめですが、特におすすめしたいのが、パスタメニューです。パスタを茹でる際も、是非ともフライパンを使っていきましょう。長いパスタでフライパンの直径を超えるものは半分に折ることで、フライパンに対し横に倒した状態で、難なく茹でることができますね。

さらにパスタが茹で上がった後は、そのフライパンを使ってソースの調理も行いましょう。一つのフライパンを使うだけでメニューが完成しますので、洗い物を減らすことができ、時短&水道代節約にも一役買ってくれますね。

フライパンを使ったパスタの茹で方

  1. フライパンに塩とサラダ油を入れて沸騰させる
  2. 沸騰したらパスタを入れる
  3. 1~2分は箸でくっつかないようほぐしつつ加熱する
  4. 火を詰めてフタをして放置する
  5. 袋に記載された時間が経過したら湯切りする

いろいろな説がありますが、最初にサラダ油を入れるのはパスタ同士がくっつかないようにするため。ですから冷製パスタなど茹でたあとに一度水にさらす場合は不要です。また茹でたあとの鍋のべたつきが気になる場合もムリに入れる必要はありません。

今度からパスタは絶対フライパンにしよう!

そうね。あまりにも量が多いと難しいのかもしれないけど、少ない量なら断然フライパンね!

スポンサーリンク

フライパンで美味しく茹で料理!

茹で料理の節約法では、電子レンジでの調理なども知られています。しかし、確実に美味しく茹でる方法として、ガスを使った茹で料理は現在でも根強い人気です。茹で料理でのガス代の節約に、是非ともフライパン調理をお試し下さいね!

ガスの節約は地球にもお財布にもやさしい

正直なところガスってさぁ、今までそんなに節約しようって考えてなかったよ。反省。

でも、ガスの節約方法を知れば試してみたくなるんじゃない?毎月数百円のガス料金節約だって、積もり積もれば大きな節約になるんだから。

ガス自由化で好きな都市ガスの会社を選べるようになったんだし、ガス会社の切り替えやガスの節約にもしっかり目を向けて行きたいね。

そうね。もちろんガス会社だけじゃなくて、自分に合った電力会社を選ぶことも大切よ。ガス会社より電気会社のほうが選択肢が多いから、きっと自分にぴったりなところが見つかるはず!電力会社を比較して自分に最適なプランを見つけたいわね!

スポンサーリンク

電力会社を比較して電気料金を安く!

▲ ページトップへ

運営会社個人情報保護方針お問い合わせ