1. 床暖房の電気・ガス代を節約したい!床暖房の効率の良い使い方と節約方法

床暖房の電気・ガス代を節約したい!床暖房の効率の良い使い方と節約方法

ヒートポンプ式の床暖房

床暖房は、床から部屋を暖めていく、というほかの暖房方法とは少し特徴が異なる暖房です。構造の違いによるタイプもありますので、特徴を詳しくおさえながら、コスト節約のコツを身に付けましょう。

まず知っておこう!床暖房の魅力

床暖房には、部屋の中に設置して部屋の空気や空間自体に働きかけるエアコンやストーブなどのアイテムとは違い、空気が汚れない、部屋が乾燥しない、ホコリなどが舞わないなどのメリットがあります。あたたかい空気は上の方に行くため、エアコンなどは空気を循環することが必要にもなりますが、床から暖めることで効率も良くなるでしょう。ほかの暖房器具を使用する場合、床に熱が奪われるのを防ぐために断熱シートなどを活用する方法がありますが、そのような手間も省ける利点があります。

スポンサーリンク

気になる床暖房のコスト

床暖房は暖める方法によってコストの内訳も異なってきます。そのため一概には言えませんが、環境や使い方によっては月1万円を越すことも。暖房をする冬の間だけでも、ある程度の出費になってしまいますね。ですが、床暖房のタイプの選び方や使い方次第で節約につなげられるポイントはいろいろあります。これから選ぶ時には部屋の使い方や生活の仕方に合わせてタイプを選び、すでに活用している時にはタイプに合わせた節約方法を探してみましょう。

温水式の床暖房

温水式の床暖房は名前からもわかるように、温水の熱によって暖める方法です。床下に温水を作り、循環させることで部屋に熱を送り出すようになっています。水を温める時には、ガス、灯油、電気などが活用され、近年ではヒートポンプ式と呼ばれる大気の熱から温水を作る方法も注目されています。ヒートポンプ式は、経済的でCO2排出量が少なくエコにつながるポイントがありますので、しくみを詳しくおさえておくと参考になるでしょう。温水式の床暖房は、広い部屋や長く過ごす部屋への活用に向いていることがあります。設置費用は電気式と比べると高めとして挙げられますが、使用時のコストは電気式よりも経済的になる場合があるでしょう。

電気式の床暖房

電気式の床暖房は、床の下に電気を流して熱を発生させるという方法です。頻繁にスイッチをオンオフにする場合や、使うときだけ部分的に暖房したい場所におすすめされることがありますので参考にしてみましょう。電気式の床暖房にもさらに複数の種類があり、夜間の電気を活用して蓄熱できるものや自動で温度を感知してコントロールしてくれる機能を備えたものなどがありますので、細かい特徴もチェックしてみると良いですね。設置費用は比較的リーズナブルですが、使用時のコストが高めになることがありますので使い方を工夫してみましょう。

床暖房を効率よく使おう

床暖房は、このようにタイプによって特徴が別れますので、節約方法もそれぞれに合わせることがポイントです。温水式でよく言われている方法は、スイッチを付けっ放しにすること。一見無駄に思えることもありますが、水をお湯にする時にエネルギーを多く使うことから、スイッチを頻繁に入れたり切ったりすると逆効果になってしまうことがあります。付けたままの方が節電に役立つこともありますので参考にしてみましょう。

全体的な節約のコツでは、ほかの暖房器具と同じように設定温度を低めに設定することや、 タイマーを活用して部屋で過ごす時だけ効率良くあたためる方法などがあります。機能を上手に使って節約につなげていきましょう。また、熱を効率よく部屋に伝えるために、カーペットなどを床に敷かない、などのポイントもあります。誤動作などの問題も関係してきますので安全面も含めて賢い使い方を身に付けてみてくださいね。

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ