1. ガス代節約のための鍋の保温のコツ!余熱調理で美味しく作る方法まとめ

ガス代節約のための鍋の保温のコツ!余熱調理で美味しく作る方法まとめ

鍋

調理時のガス代、気になることもあるのではないでしょうか。じっくりコトコト美味しく作りたいけれど、ガス代を無駄にしたくない……、そんな時には、余熱を生かす調理法が役立ちます。複数の方法やコツがあり、注意点もありますので、しっかりとおさえて、より効率の良い料理を楽しみましょう。

余熱調理にはどんなメリットがあるの?

火にかけ続けずに余熱で調理する方法は、ガス代の節約だけでなくさまざまなメリットがあります。火加減をずっと見ていなくても良いので、時間の節約にもなるでしょう。煮崩れが起きたり、焦げたり、というトラブルも防げます。また、調理だけでなく、保温をしておけば、少し放置しても温め直す必要がなく美味しく食べられることも。調理上のメリットには、温度が下がるにつれて味が染み込みやすくなるため、保温している間に味がしみ込んで自然に美味しくなってくれる、という利点もあります。

スポンサーリンク

鍋を保温するには?

保温鍋を使う

鍋にはいろいろな種類がありますが、保温鍋というカテゴリもあります。保温鍋は、内鍋と外鍋の保温容器に分かれていて、内鍋を加熱したあと、外鍋の中に入れて放置するしくみとなっていますので、専用のアイテムを活用する方法も参考にしてみましょう。

自家製の保温環境を作る

保温鍋のような専門器具がなくても、フタ付きの普通の鍋を保温することで余熱調理はできます。加熱した鍋を、新聞紙やバスタオルで包む方法があり、古くなった毛布など、鍋をくるむものはほかにもありますが、熱に弱い素材が含まれていないものを使うようにしましょう。鍋をくるんでから、発泡スチロールの箱やダンボールに入れたり、座布団の上にのせたりする方法もあります。鍋の保温用にケースを作ってみるなど、さまざまな楽しみ方もありますので、家にある材料で工夫してみましょう。保温調理用の市販の鍋カバーもありますので、合わせて参考にしてみてください。

また、鍋の素材選びも役立ちます。保温効果の高い鍋を使うとより余熱の効果が期待できますので、土鍋、ステンレス、耐熱ガラスなどの鍋の素材も工夫してみましょう。

余熱調理のコツ

余熱調理の種類

余熱調理には鍋をくるんで余熱する方法だけでなく、より簡易的に、コンロの上で余熱を生かす方法もあります。また、余熱で最後まで仕上げる方法だけでなく、間に余熱調理を活用し、最後に仕上げの加熱をする方法もありますので、料理内容に合わせて工夫してみると良いですね。

余熱調理を効率よく行うには?

余熱で野菜を茹でたり、パスタを茹でたり、余熱調理の活躍の場はいろいろありますが、煮込み料理などのように、比較的長時間かけて火を通すものが向いています。火が通りづらいものは、切り方を工夫して小さめに切るなどのコツも参考にしてみましょう。お肉などのしっかり火を通す必要があるものは注意して、火が通りやすいように薄く切るなどの工夫も大切です。

余熱調理の注意点

余熱調理はガス代の節約に役立つ方法ですが、注意点もありますので、あらかじめおさえて、安全な調理を心がけるようにしましょう。鍋をくるんで保温する際には、熱が逃げないように手早く行うことがコツですが、鍋を包む時にはやけどをしないように気をつけることも大切です。火災にも気をつけて、火のそばで新聞紙などを扱わないように注意しましょう。

また、衛生上の管理も大切なポイントです。調理の保温時間にも気を付けて、放置している間に食べ物が傷まないようにしましょう。火の通りが悪いときには、追加で加熱するなどして、臨機応変に対応することも美味しく安全に食べるためのコツです。食べる前に温めることを勧めるレシピもありますので、慣れるまではいろいろな作り方を参考にしてみましょう。

鍋の節約に関する記事

正直なところガスってさぁ、今までそんなに節約しようって考えてなかったよ。反省。

でも、ガスの節約方法を知れば試してみたくなるんじゃない?毎月数百円のガス料金節約だって、積もり積もれば大きな節約になるんだから。

2017年4月からはガス自由化も始まるし、ガスの節約についても目を向けて行きたいね。

そうね。その頃にはガス会社も色々と選べるようになるし、色々な角度から見直した方がよさそうね。

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ