1. 電子レンジとガスコンロ、光熱費の節約ならどっちが安い?上手な使い分け方法

電子レンジとガスコンロ、光熱費の節約ならどっちが安い?上手な使い分け方法

ガスコンロ

電子レンジを持つご家庭が増えてきました。温め機能をメインで使われていることが多いと思いますが、使い方によっては光熱費を節約することができます。どのような場合にレンジを使うと光熱費を節約することができるのでしょうか。ガスコンロとの使い分けについて、調べました。

電子レンジvsガスコンロの光熱費

一般的な家庭にある電子レンジは500~600Wの出力かと思います。ですが、実際に動いている時には1000Wほど消費していると言われています。とはいえ、使用時間が1日のうちに多くなければ電気代としてはさほど多くかかるわけではありません。電気代を1khw25円で計算すると、1時間電子レンジを使いっぱなしでも25円になります。

1日のうち、1時間もレンジを使うご家庭は少ないのでは?と思われますので、電気代は1日25円以下で収まっていると考えられます。

一方、ガスコンロの場合は弱火で1時間使うと約5円のガス代がかかります。中火であれば弱火の4倍、強火であれば弱火の7倍のガス代がかかることになります。

具体的に調理する場面を想定してみましょう。ジャガイモ3個を加熱する場合、

  • ガスコンロ
     水から30分ほどゆでる→ガス代:約2.5円
  • 電子レンジ
     5分の加熱→約2円

となります。

スポンサーリンク

どんな場面で使い分けるのが賢いの?

大量の食材を一度に調理したい場合はガスコンロで調理、少量の食材を加熱したい場合には電子レンジを活用するのが光熱費を節約するためにはオススメです。

また、季節や調理方法によっても調理時間が変わりますので、より短時間で調理できる方を選ぶようにするのがポイントです。

正直なところガスってさぁ、今までそんなに節約しようって考えてなかったよ。反省。

でも、ガスの節約方法を知れば試してみたくなるんじゃない?毎月数百円のガス料金節約だって、積もり積もれば大きな節約になるんだから。

2017年4月からはガス自由化も始まるし、ガスの節約についても目を向けて行きたいね。

そうね。その頃にはガス会社も色々と選べるようになるし、色々な角度から見直した方がよさそうね。

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ