おすすめの電力会社ランキング98社比較

ガスは何に使う?ガス代が一番かかるのは?高い料金を節約!

部屋の写真

家庭生活において、ガスの利用は欠かせません。だからこそ、1円でも安くなるように節約したいものです。

そこでどのような場合や状況でガス代がかかってくるのか、そしてガス代の節約に有効な方法などについて、ご説明したいと思います。

7月限定!高額キャッシュバック!

最大3万円キャッシュバック

夏本番に向け電気料金は右肩上がり…そんな7月は電力会社を切り替えるメリットが大きいって知っていましたか?

電気料金が高くなってくるこの時期、電力会社の切り替えを検討する人も増えてきます。各電力会社は、新しい顧客を獲得しようとあの手この手でアピール。高額キャッシュバックもそのひとつなんです!

最大で30,000円のキャッシュバックも7月だけの大チャンス。電力会社を切り替えて月々の電気代が安くなるだけでなく、実質、数か月分の電気料金が0円になるのですからかなりお得!

少しでも電気代を安くしたいという人は、ぜひ「無料で各社の電気料金プランを比較」してどれだけ得できるか確認してみることをおすすめします!

一番ガス代がかかるのはお風呂!節約の方法は?

家庭のガス代で一番の割合を占めるのがお風呂です。どんな時にガス代が多くかかるのか把握しておけば、少しの気遣いでかなりの節約を期待することができます。

お風呂のガス代節約:お湯の温度を上げすぎない

お湯の温度が高ければ高いほど、ガス代も高くなってきます。浴槽、シャワー共に、温度をなるべく控えることで、節約につなげることができます。

もちろんこれはお風呂だけでなくキッチンなどほかの場所でも言えること。お風呂の水は40℃設定にしても、キッチンや手洗い場は35℃設定にするなど工夫することが大事です。給湯器のスイッチには「優先」ボタンがあり、お湯の温度を簡単に切り替えることができますから、ぜひ実践してみてくださいね

お風呂のガス代節約:浴槽編

浴槽の利用では、「ほんの少し」の努力でガス代の節約につなげることができます。

浴槽でできる節約

  • お湯を少な目にする
  • 自動追い炊きをOFFにする
  • なるべく追い炊きしない
  • フタをこまめに閉める

浴槽に張るお湯の量は、若干少ないかな?と思う量がおすすめです。1リットルでも水量を減らせば、それだけ温める分のガス代を節約することができます。追い炊き機能がある浴槽の場合は、自動追い炊きをOFFとすることはもちろん、なるべく追い炊きボタンを押さないようにしていきましょう。

ご家族で順番に入浴するときは、お湯が冷める前に立て続けに入るようにすることが大切です。

またお湯の温度低下を防ぐためには、お風呂の蓋をこまめに閉めておきましょう。これだけでもかなりの節約となる他、節約グッズとして知られる保温シートなどの活用もおすすめです。

お風呂のガス代節約:シャワー編

シャワーでの節約で最も重要なのは、使用時間を意識して減らしていくことです。

シャワーでできる節約

  • 浴槽のお湯を利用してシャワーの使用を抑える
  • 節水用シャワーヘッドを活用する

使えば使うほどガス代・水道代が共にかかってきますので、5分、10分などと利用時間を決めてしまうことも有効かと思います。浴槽にお湯を張っている場合は、そのお湯を身体にかけるようにすれば、シャワーの節約に有効となります。

またシャワーの場合も、節約グッズが存在します。節水用のシャワーヘッドがホームセンター等で販売されていますので、こちらも活用してみてはいかがでしょうか?

僕んちもまだまだできることはありそうだ!

そうね。やっぱりお風呂は一番ガスを使うのね。

スポンサーリンク

キッチンでのガス消費は?節約の方法は?

お風呂に次いで、ガス代がかかってくるのはキッチンです。こちらも、洗い物やガスコンロでの調理など、ガスを消費する状況ごとにご説明します。

キッチンのガス代節約:食器洗い編

洗い物では水を大量に使用することになりますが、お湯を使った洗い物となった場合は、同時にガス代も負担することとなります。

食器洗いの際にできる節約

  • できるだけ水で洗う
  • 水の温度を上げ過ぎない
  • 水の出しっぱなしを避ける

冬などの寒い季節では温かいお湯で洗いたくなりますが、ここは我慢して水を使えば、ガスの負担は一切無くなります。ゴム手袋などを利用すれば、冷たさを感じないためおすすめです。

お湯を使いたい場合も、温度の上げすぎに注意して行うようにしましょう。また洗い物中は、水の出しっぱなしには注意しましょう。これは、水道代の節約としても重要なことです。

キッチンのガス代節約:ガスコンロ編

ガスコンロも、少しの気遣いで節約を期待することができます。

ガスコンロ使用の際にできる節約

  • 火を強くし過ぎない
  • 冷凍したものは解凍してから調理する
  • 余熱を利用して調理する
  • 電化製品も併用する

まず火力は、強ければ強いほどガス代がかかってきます。家庭にて大事なのは、強火にしすぎず中火くらいまでを徹底することです。

火が強すぎると鍋底から火がはみ出してしまい、その分の火は無駄なものとなってしまいます。点火したら、常に火力を気に掛けるようにし、鍋底から火がはみ出ないように気をつけましょう。

冷凍肉等を調理するときは完全に解凍してから火にかけるのがおすすめです。凍ったままの調理では、解凍する分のガスを消費してしまいます。圧力鍋は、特性を生かし時間短縮した分のガス代を節約することができる他、普通の鍋の場合も、余熱を利用した調理などを心がけることをおすすめします。

また、短時間の温め料理には電子レンジ、そして少量の湯沸かしには電気ケトルなど、電化製品の活用もガス代節約に有効です。これらはガス調理よりも短時間で行うことができますので、家事の時短にもつながります。

料理するときできるだけガスを無駄遣いしないように気を付けているけど、まだまだ工夫できそう!

節約方法を知っていれば、日々節約意識を持てるからそれだけでも一歩リードだね。

スポンサーリンク

まとめ

ガス消費について、どの状況で多く消費してしまうのかきちんと把握しておけば、意識的に節約へとつなげることができるでしょう。今回を参考にして、ガスを使う時には是非とも心がけてみてくださいね。