1. 湯たんぽを使って冬の暖房を節電!気になる効果・使い方と湯たんぽの選び方

湯たんぽを使って冬の暖房を節電!気になる効果・使い方と湯たんぽの選び方

湯たんぽ

昔から親しまれる湯たんぽ、聞いたことはあるけれどよく知らない、なんてことありませんか?実は万能な暖房アイテムなのです。今回は、湯たんぽの気になる活用方法をご紹介。効率良く生活に取り入れて、暖房の節電に役立てましょう。

湯たんぽってどんなもの?

湯たんぽのしくみはとってもシンプルで、お湯の熱を活用してあたたかさを得る自然の働きが生かされています。古くから親しまれるスタイルで、金属や陶器などでできた容器にお湯を入れ、なお布などで周りを覆うことでやけどを防いだり保温したりして暖房に役立てるアイテムです。お湯が冷めるまでの間、暖を取ることができるでしょう。このような昔ながらのスタイルも受け継がれていますが、現在では、電気を使用して温めるものなど、高機能の湯たんぽも販売されるようになりました。

スポンサーリンク

湯たんぽにはどのような効果があるの?

湯たんぽは小ぶりで使い勝手が良いことから、体の一部のように細かい部分をピンポイントで温めるのに役立つでしょう。ほかの暖房器具のように、空気の乾燥や汚れなどのデメリットがないことも利点です。また、健康トラブルの改善に役立つアイテムとしても注目されることがあり、冷えによる体の不調の改善に生かされることもあります。温熱療法などによって、不眠、肩こり、頭痛、血行不良の改善や、自律神経のバランスを整える働きが期待できることもあるでしょう。冬の体調トラブルを抱えている時には、改善方法への取り入れ方も含めて参考にしてみると良いですね。

湯たんぽの使い方について

湯たんぽの種類によって使い方は異なってきますので、温め方は個々の商品説明を参考にしてみましょう。手先や足先の冷えが気になる時などに部分的に当てて使うほか、寝る前に布団の中に入れておくと布団を温めることができます。生活の中のいろいろなシーンで活用することができるでしょう。また、湯たんぽに入れたお湯は、飲料には使えませんが、洗濯などに再利用することができますよ。

湯たんぽの選び方

湯たんぽにはいろいろな種類やサイズがありますので、自分の目的に合わせて選ぶことがポイントです。やわらかい素材でできた湯たんぽ、ミニサイズの湯たんぽ、手先用、足先用、目元用、などバリエーションは豊富にありますので、冷えの悩みと見比べながら選んでみましょう。

サイズについては、大きくてお湯がたくさん入るものはそれだけあたたかさが持続する面がありますので、これらの特徴も参考にしてみましょう。お湯を入れるシンプルタイプは、カバー付きで売られていることがよく見られますので、カバーの手触りなども意識してみると良いですね。そのほか、熱が出たときに使う水まくらと併用できるものなどもあります。

温め方いろいろ!エコにもなる湯たんぽ

湯たんぽは、あらかじめ温めたお湯を入れる方法だけでなく、IHクッキングヒーターや直火で温められるものなど、いろいろな温め方ができる商品があります。電子レンジで温められるタイプは水の再利用をすることができますが、ジェル状のものが中に入っているタイプもあり、このタイプでは水を入れるステップも省略できるでしょう。お湯の入れ替え作業が不要なものには、コンセントにつないで充電して使うタイプもあります。

湯たんぽは安全に活用しよう

注意点でよく挙げられているのが、低温やけどのトラブルです。直接肌に触れたままにしないように気をつけましょう。また、熱湯を注ぐ時にもやけどに注意してくださいね。電子レンジ対応や直火対応などは商品によって異なりますので、正しい方法で温めることも大切なポイントです。

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ