1. 【結論】湯たんぽよりも電気あんかの方がお得で節約効果が高い

【結論】湯たんぽよりも電気あんかの方がお得で節約効果が高い

湯たんぽ

さむ~い日に大活躍の湯たんぽ。これってお湯を入れるだけだから、すっごく省エネで節約効果が高い暖房器具ってよく言われるわよね。

でも、実は湯たんぽよりも電気あんかの方がお得で節約効果が高いって知ってた?ここでは湯たんぽと電気あんかの節約効果を比較していくわよ!

これが結論!

電気あんかは1時間あたりの電気代が約0.01~0.15円。湯たんぽはお湯を沸かすのに1回あたり約2.5~3円かかる。

電気あんかと湯たんぽのランニングコスト

今日も寒いわねぇ。こんな日は布団に電気あんかを入れてぬくぬくしたいわ!

あ!僕こないだ湯たんぽ買ったんだ!今日は使わなくても大丈夫そうだから、使ってみる?きっと電気あんかより省エネだと思うよ!

ともすけさんは甘いわね…。湯たんぽが省エネなのは知ってるけど、実は電気あんかってそれを上回る節約効果を持ってるのよ!

えぇ!だ、だって湯たんぽってお湯を入れるだけだよ?それに比べて電気あんかは寝てる間ずっと電気を使うんでしょ?

“お湯を入れるだけ”って言うけど、そのお湯はどうやって沸かすのかしら。

あ!もしかして…お湯を沸かすコストだけで電気あんかの電気代を上回っちゃうとか…?

意外と頭の回転が速いじゃない。そう、電気あんかをつけっぱなしにするより、お湯を沸かす方がコストが高いわけよ!

(意外とって…)

電気あんかの電気代

電気あんかYDK-607HDの電気代(1時間あたり)

  • 弱(約30度):約0.01円
  • 中(約45度):約0.09円
  • 強(約60度):約0.15円

※1kWhあたり27円で計算

上は通販サイトで人気の電気あんか「YDK-607HD(山善)」の電気代目安なんだけど、強にしても1時間あたり約0.15円と非常に安価なのよ。

8時間つけっぱなしでも1.2円かぁ。このくらいなら電気代を気にせずぬくぬく出来そうだね。

でしょ?同じく山善の「YSK-207D」も1時間あたり約0.11円の電気代だったりするのよ。

でも、本当にお湯を沸かして入れるだけの湯たんぽより安いの?

湯たんぽの水道・ガス・電気代

湯たんぽ1回にかかるコスト目安

  • 水1Lの水道代:約0.3円
  • 1Lを沸騰させるガス代:約2.2円
  • 1Lを沸騰させる電気代:約2.7円

※電気代は1kWhあたり27円で計算

水道代やガス・電気代は住んでる地域や契約会社などでことなるけど、おおむね上記のような感じじゃないかしら。つまり、ガスを使ってる家庭なら「水道代0.3円+ガス代2.2円=約2.5円」。IHクッキングヒーターを使ってるなら「水道代0.3円+電気代2.7円=約3円」ってところね。

金額は小さいけど、電気あんかよりコストがかかるのは確かみたいだね。

1回の金額は小さいかもしれないけど、これが毎日となれば大きな差になってくるわよ!

スポンサーリンク

湯たんぽより電気あんかは半年で最大500円以上もお得!

さっきの金額をもとに電気あんかと湯たんぽのランニングコストをまとめてみたわよ!

暖房器具1日(8時間)1ヶ月6か月
電気あんか弱0.08円
中0.72円
強1.2円
弱2.4円
中21.6円
強36円
弱14.4円
中129.6円
強216円
湯たんぽガス2.5円
電気3円
ガス75円
電気90円
ガス450円
電気540円

※1ヶ月、6か月も1日8時間使用を想定

極端な話になるけど、電気あんかをシーズン中(6か月)ずっと「弱」で8時間ずつ使ったとすると14.4円。これに対して湯たんぽのお湯を電気で沸かすと540円。つまり、半年で525.6円もの差が出ることもあるわね。

電気あんかをずっと「強」にしてても湯たんぽの半額以下なら…特にデメリットもないし電気あんかの方がよさそうだね。

電気あんかなら湯たんぽと違って冷めないのも魅力的よね。途中で目が覚めて湯たんぽが覚めてると、私ガッカリするもの。

ポイント

電気あんかは湯たんぽと違い冷めないのもメリット

スポンサーリンク

電気あんかを電気代を節約しよう!

電気あんかがいかに省エネな暖房器具か分かってもらえたかしら?

湯たんぽもエアコンやストーブに比べればとっても節約できる暖房器具だけど、電気あんかはコストがその半分以下ってことも珍しくないわ!ぜひ電気あんかを活用して冬の電気代を節約してあげてね!

節電は地球にもお財布にもやさしい

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

電力会社を比較して電気料金を安く!

▲ ページトップへ