1. 電力会社を切り替えるにはどうしたらいい?2016年4月の電力自由化に向けて

電力会社を切り替えるにはどうしたらいい?2016年4月の電力自由化に向けて

2016年4月

2016年4月の電力自由化に向けて、ネットやテレビなどでは様々な情報が飛び交っています。しかし、そんな情報はどうしても料金やサービスに集中しがち。そこで今回は基本となる、電力会社の切り替え方についてまとめました。実はとっても簡単なことなんですよ。

まずは切り替えの申し込み

電力会社を切り替えるには、何はともあれ申し込みが必要になります。おそらく、各自お得に利用できる会社が見つかっていると思うので、決められた方法で申し込みましょう。具体的な方法としては窓口やウェブ、電話などです。方法は会社ごとに異なってくるので、ホームページを確認してみてください。窓口や電話の場合は分からないことを聞けるので、何か質問のある方はそちらを利用するのもいいでしょう。ただ、ウェブの場合はあまり関係ないのですが、窓口や電話はギリギリになると混雑することも考えられます。会社側も万全の態勢で臨んでいるとは思いますが、注意をしておきましょう。

スポンサーリンク

申し込みに必要なものは?

ここで申し込みに必要なものもチェックしておきましょう。名前や住所などの個人情報はもちろんのこと、申し込み時には現在の電力会社などの情報も必要です。具体的には契約中の電力会社名、お客様番号、供給特定番号、といったところ。供給特定番号などは毎月ポストに入っている電気代の書かれた紙に載っていますので、捨てないよう、大切にとっておきましょう。これと同時に免許証など、本人確認書類が必要になるケースもあります。

スマートメーターの設置

上記の申し込みが終わったら、今度は新電力利用開始にあたってスマートメーターが設置されます。こちらは従来のメーターと違い、通信機能がついた最新鋭のメーターで、30分ごとの電力使用量を送信する機能があるのです。そのため、スマートメーター設置後は電力の見える化が進み、分かりやすいグラフなどで表示されることも。これなら節約も楽々でしょう。

既にスマートメーターが設置されている家庭の場合は不要ですが、設置されていなければ現在契約中の電力会社から設置予定日を知らされます。設置はすぐに終わりますが、地域などによって停電になる場合も。こちらも短時間ですが、事前に電化製品のコンセントを抜いておくなど、対策をしておくと安心です。ちなみに、スマートメーターの設置は基本的に無料。周辺部分の工事などが無い限り料金は発生しません。ですので、もしも費用のことを持ちだされたら怪しいと思って問い詰めてみてください。スマートメーターの設置も申し込み同様に混雑が考えられます。

後は電気を使うだけ!

スマートメーターの設置が終われば、後は電力自由化後に新電力を使うことが可能です。新電力だからといって、電気の質が変わったり、照明の色が変わったりすることもなく、従来の生活と変わりません。変化したのは、あくまでも料金部分。万が一のトラブルがあっても従来の電力会社から電気が供給されるので心配いりません。以上が電力会社の切り替え方法。こうしてみると、特に手間もなく簡単なことがわかります。

切り替えないと?

では最後に、もし電力会社を切り替えなかった場合はどうなるかについて。これは従来の電力会社から同じように電気が供給されるだけのことで、いきなり停電するなんてことは一切ありません。たまに、切り替えないと4月から停電なんてデマを見かけますが、それは偽りの情報。騙されて切り替えを急がないようにしましょう。切り替えにあたって大切なのは、自分が本当に納得したうえで契約できるかということ。4月までの切り替えが必須なわけではないので、情報に惑わされず、ゆっくりと自分のペースで新しい電力会社を選びましょう。

なぁーるほど!電力自由化って奥が深いですねぇ。

そうなんじゃ。電気の世界はとっても深いんじゃよ!電力会社も環境への優しさで選んでみたり、電気料金で選んでみたりできるからのう。調べてみるのもなかなか面白いぞ。

僕も電力会社を比較をしてみればピッタリの電力会社がわかるんですよねぇ?

そういうことじゃ。はじめは複雑で面倒に思うかもしれんが、やってみるとそんなに難しいことはないぞ。

そっかぁ。だったら僕も、自分にピッタリな電力会社がないか調べてみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ