1. 【ダイソンヒーター】ホットアンドクールの1時間あたりの電気代

【ダイソンヒーター】ホットアンドクールの1時間あたりの電気代

悩む女性

冬はヒーターとして、夏は扇風機として活躍してくれるのがダイソンのホットアンドクールだよ。一般的なファンヒーターと違って1年を通して使えるのが魅力的だよね。ここでは、そんなホットアンドクールの電気代を紹介していくよ!

これが結論!

ダイソンのホットアンドクールは温風モードだと1時間で約32.4円の電気代!涼風モードは約0.15~1.19円と安めです。

ホットアンドクールの電気代は1時間あたり30円以上!

ホットアンドクールってSF的な見た目で好きだな。僕。どうかな。うちにも導入してみない?

見た目がいいかは別として、1年中使えるのは魅力的よねぇ。ただ、ホットアンドクールって電気代が高いのよ。それがちょっと…ねぇ。具体的には以下のような感じよ。

種類消費電力電気代
(1時間)
ホットアンドクール温風)
1200W
涼風)
5.4~26W
温風)
約32.4円
涼風)
約0.15~0.7円
ピュア
ホットアンドクール
温風)
1200W
涼風)
5~39W
温風)
約32.4円
涼風)
約0.14~1.05円
ピュア
ホットアンド
クールリンク
温風)
1200W
涼風)
5~44W
温風)
約32.4円
涼風)
約0.14~1.19円

※1kWhあたり27円で計算

温風モードと涼風モードで随分と差があるんだね!っていうか、温風モード高いな!1日8時間も使ったら約259.2円。それが1ヶ月なら約7,776円にもなるのか!

だから電気代が高いって言ったでしょ?

ところで、ピュアとかリンクって何?

ピュアは空気清浄機能が付いたモデルで、リンクはスマホアプリに対応したモデルね。

ポイント

  • ピュア:空気清浄機能付きモデル
  • リンク:スマホアプリ対応モデル

へぇ~。今どきはヒーターもスマホアプリ対応かぁ。

アプリを使えば空気の状況をチェックしたり、動作スケジュールを設定したりできるみたいよ!

スポンサーリンク

自宅にあるホットアンドクールの電気代を調べる

自分が普段使っている家電製品の電気代、具体的に知りたいよね!そんなときは下のシミュレーションを使ってみて!簡単に使用時間あたりの家電の電気代がわかるよ。便利便利っ!

電気代計算シミュレーション

※シミュレーションは1kWhあたり27円で計算しています(公益社団法人全国家庭電気製品公正取引協議会の目安単価(税込):平成26年04月規定)

スポンサーリンク

【ホット】他の暖房器具と比較してみよう

ところで、さっきは高い!なんて言ったけど、もしかしてエアコンとかより安かったりしない?電気代が。

機種によってはエアコンの方が高いかもしれないけど、基本はホットアンドクールの方が消費電力が大きいんじゃないかしら。他の暖房器具と比較した場合は以下のようになるわ。

暖房器具1時間1日
(8時間)
1ヶ月
(30日)
ホット
アンドクール
32.4円259.2円7,776円
エアコン12.7円101.6円3,048円
カーボン
ヒーター
強21.6円
弱10.8円
強172.8円
弱86.4円
強5,184円
弱2,592円
こたつ強5.4円
弱2.2円
強43.2円
弱17.6円
強1,296円
弱528円

※1ヶ月の電気代は1日8時間使用を想定

あー。他の暖房器具と比較してもホットアンドクールの電気代は高めだねぇ。

常にフルパワーで稼働するわけじゃないし、暖房効率も変わってくると思うから一概には言えないけど、エアコンに比べて電気代が高くつく可能性は低くないんじゃないかしら。使いすぎには注意が必要ね。

【クール】扇風機やサーキュレーターと比較してみよう

ところで、涼風モードで使った場合は扇風機より安い?それとも高い?

それも気になるところよね。以下で扇風機やサーキュレーターなどと比較してみたわ。

種類1時間1日
(8時間)
1ヶ月
(30日)
ホット
アンドクール
0.7円5.6円168円
扇風機0.5円4円120円
サーキュレーター1円8円240円
エアコン送風モード0.3円2.4円72円

※1ヶ月の電気代は1日8時間使用を想定

1時間の電気代が安いから1ヶ月でも他とそんなに差がないね。ただ、扇風機よりは少し高め?

扇風機の機種によっては逆転するかもしれないけどね。ちなみに、ホットアンドクールの電気代は最大消費電力を参考にしてるから、使い方によってはさらに電気代が安くなるわよ。

なるほど。ホットアンドクールも涼風モードで使うなら電気代をそこまで気にしなくてよさそうだね!

ホットアンドクールのメリットとは

う~ん。ホットアンドクールのホットモードは電気代が高かったなぁ。これなら他の暖房器具の方がいいのかなぁ。

たしかに電気代は高かったけど、ホットアンドクールには以下のようなメリットがあるわよ。

ホットアンドクールのメリット

  • 1年を通して使える
  • 羽根や露出した発熱体が無く安全
  • カバーや羽根が無くお手入れが楽
  • ピュアなら空気清浄機能付き

扇風機やファンヒーターと違って1年中使えるのは大きなメリットよね。それに、羽根が無いからお手入れが楽だし、指を挟んじゃうような事故も起きないはずよ!

空気清浄機能付きがあるのもいいよね。温風+涼風+空気清浄機能で1台3役だね。

使いすぎに注意して節約しよう

ダイソンのホットアンドクールは空気清浄機能が付いたモデルがあったり、羽根がない安全設計だったりとメリットも多いんだ。ただ、温風モードだと電気代は高めだね。だから電気代を節約するためにも使いすぎには注意してね。

節電は地球にもお財布にもやさしい

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

電力会社を比較して電気料金を安く!

▲ ページトップへ

運営会社個人情報保護方針お問い合わせ