おすすめの電力会社ランキング98社比較

オール電化の電気代の平均は?1人・2人・3人・4人・5人暮らし(家族)の場合

家と電球

キッチンもお風呂もガスを使わないオール電化住宅。コンロから火が出ないなど安全性の高さも魅力的だね!ここでは、そんなオール電化の電気代が平均でどのくらいなのか紹介するよ!

これが結論!

オール電化の電気代の平均は1人暮らしで10,751円、2人で12,904円、3人で14,454円、4人以上で14,914円。全国の平均光熱費と比べた場合、一人暮らしを除けばオール電化の平均電気代の方が安くなっています。

2万円も節約できるチャンス!?

あしたでんき

電力料金を安くしたいと思っている方に、最もおすすめしたいのが「あしたでんき」です。

電気料金が跳ね上がる夏、あしたでんきに切り替えて浮いたお金でちょっぴり贅沢しませんか?

【あしたでんきのメリット】

  • 年20,000円以上の節約を多くの方が実現
  • ずっと基本料金は0円(無料)
  • とにかくお得!業界でも最安水準
  • 手数料・解約金・違約金一切なし
  • 切り替え簡単!お試し感覚でOK
  • 対応の良さが抜群

とにかく電気料金が安いというのが、あしたでんきが選ばれている一番の理由。以下のシミュレーション結果をクリックして見れば納得ですよね!

料金シミュレーション結果(公式サイト)
3人以上の世帯例
(1月:600kwh/50Aで算出)
22,209円お得
2人世帯の例
(1月:500kwh/40Aで算出)
13,978円お得
1人暮らしの例
(1月:290kwh/30Aで算出)
2,558円お得
※東京電力エリアで試算

申し込みをするだけで面倒な手続きも工事も一切なし。手数料や解約金もないので、お試し感覚で一度切り替えて、合わなかったら解約でOK。

2019年9月末日までの申し込みなら「Amazonギフト券 2,000円分プレゼント」のキャンペーンがあるので、よりお得感が大きいはず!早く切り替えるほど節約に!

北海道・北陸・四国電力エリアの方には「Looopでんき」が最もおすすめです。基本料金0円で安い!

オール電化の平均電気代を紹介

オール電化。何だかかっこいい響きですけど、電気代が高くなりそうで怖いんですよねぇ。実際のところ、オール電化の電気代って平均でどのくらいなんですか?

ふむ。確かにキッチンやお風呂も電気を使うため電気代単体で見れば高くなるかもしれんが、その分だけガス代が消えるわけじゃから、むしろ光熱費で見れば安くなることも多いぞ。

なるほどぉ。

ちなみに、オール電化住宅の電気代は関西電力の情報(2017年5月~2018年4月データ)によれば以下のようになっておるようじゃ。ついでに、政府統計の総合窓口「e-stat」にある家計調査の全国平均光熱費(2017年度データ)と比較してみたぞ。

家族構成オール電化の平均全国平均光熱費
1人暮らし10,751円9,468円
2人家族12,904円14,912円
3人家族14,454円16,898円
4人家族以上14,914円17,116円

※1ヶ月分の光熱費平均
※全国平均光熱費は電気代とガス代と他の光熱費を合計したもの

ありゃ。一人暮らしだとオール電化の方が高いんですか?

使い方にもよるが、関西電力と家計調査の情報を比較すると、一人暮らしの場合だけオール電化の方が光熱費が高いようじゃな。ただ、逆に言えば他の家族構成はオール電化の方がお得になっておるぞ。

4人家族以上なら月に2,000円以上も差があるのか!

3人家族と4人家族以上で光熱費があまり変わらないあたり、おそらく5人家族でも光熱費が極端に高くなることはないと思うぞ。

スポンサーリンク

季節によって電気代は変わる!

ちなみに、関西電力の情報によればオール電化住宅の電気代は季節によって大きく異なるようじゃ。具体的には夏と冬では下記のような違いが出るらしいぞ。

季節ごとの平均電気代

  • 夏(7~9月):13,363円
  • 冬(1~3月):19,857円

冬の平均はそんな高いんですか!ほぼ2万円じゃないですか!

冬はエアコンやヒーターといった暖房器具を多用するから電気代が高くなりがちなんじゃ。もちろん夏もエアコンや扇風機などを使うわけじゃが、暖房に比べれば電気代は安いぞ。

あー。確かに暖房をつけ始めると電気代って一気に高くなりますよね。

夏の平均電気代ですら3人家族の年間平均(14,454円)以下なわけじゃから、いかに冬の電気代のせいで平均額が上昇しているか分かるのう。冷暖房を使わない季節については1万円を切ることも普通にありそうじゃ。

スポンサーリンク

上手に使わないと電気代が高くなることも!

オール電化住宅の場合、基本的に昼間の電気代が高く、代わりに夜間の電気代が安いプランに加入するわけじゃ。そのため、上手に使わないと電気代が平均よりずっと高くなるかもしれんぞ。

上手にってどうやってですか?

たとえば、以下のような点に注意するといいぞ。

オール電化住宅の電気代を安くするポイント

  • 日中の電気使用量を抑える
  • 夜間に回せるものは夜間に稼働させる
  • 日中の沸き上げを停止する
  • ピークカット(電気使用のピークを低く抑える)設定をしておく
  • 追いだきをなるべく使わない
  • 高温足し湯を上手に使う

オール電化住宅ではエコキュートなどを上手に使うのが節電のポイントじゃ。エコキュートなどが日中の電気代が高い時間にお湯を沸かしてしまうと、毎月に電気代が高くなってしまうわけじゃ。

そりゃ、電気代の高い時間に電気を使ったらそうですよね。

だからピークカット設定などをしっかりしておくんじゃよ。もちろん、エコキュートだけでなく、エアコン等の消費電力が大きな家電も日中はなるべく稼働を抑えるのがおすすめじゃ。ただ、あまり無理をすると体調を崩してしまうからほどほどにな。

とにかく、日中に電気をあまり使わないことが重要なんですね。後でも平気なものは電気代が安い夜間になってから稼働させろってことですね!

そうじゃな。食器洗い機などはタイマーを上手く使い、夜間のうちに稼働させるのがおすすめじゃ。

工夫して電気代を節約しよう!

オール電化住宅の平均電気代は分かってもらえたかな?今回紹介した通り、一人暮らしを除けば全国平均光熱費よりオール電化の平均電気代の方が安いわけだけど、日中に電気を使い過ぎちゃうと平均を超えることもあるから気をつけてね。エコキュートなどを上手に使って電気代を節約していこう!