1. コアヒートの電気代は1時間でどのくらい?

コアヒートの電気代は1時間でどのくらい?

マフラーを巻いた女の子

コロナから発売されている電気ストーブのコアヒート。スイッチを入れてすぐに暖まるうえ、1.8mほど離れていても暖かいという優れものだけど、電気代はどのくらいかかるんだろう?ここではコアヒートの電気代を紹介するよ!

これが結論!

コアヒートの電気代は1時間あたり約8.9~31.1円(11段階で温度調整できるため幅があります)。電気代が高めの家電ですが、ゆらぎ運転やecoモードなどを使うことで電気代を節約できます。

コアヒートの電気代は1時間で約8.9~31.1円

部長。コアヒートってあるじゃないですか。コロナの。あれって電気代はどのくらいなんですか?

コアヒートか。機種によって多少違うかもしれんが、わしの調べた感じじゃと下記のようになっておったぞ。

種類消費電力電気代(1時間)
コアヒート330~1150W約8.9~31.1円
コアヒートスリム340~900W約9.2~24.3円

※1kWhあたり27円で計算

なんか、随分と電気代に幅がありますね。

コアヒートは全11段階で温度調整ができるようじゃからな。当然ながら強さ1と強さ10(最大はH)では消費電力が変わってくるじゃろ。

なるほど。しかし電気代が高めですねぇ。

まぁ、電気で加熱するヒーター類はどれも消費電力が高めじゃよ。おそらく他のハロゲンヒーターやカーボンヒーターも同じくらいの消費電力になると思うぞ。

そうなんですか。エコじゃないですね。

確かに電気代は高めじゃが、暖まりが早いし、部分的な暖めに関してはエアコン等より優秀だと思うぞ。それに音も静かだし、石油ストーブのように嫌な臭いもほぼしないんじゃ!

コアヒートの強み

  • 暖まりが早い
  • 1.8m離れていても暖かい
  • 音が静か
  • 嫌な臭いがしない

さすがは人気商品だけのことはありますね。でも電気代は高めだから使いすぎには注意しないと。

スポンサーリンク

自宅にあるコアヒートの電気代を調べる

自分が普段使っている家電製品の電気代、具体的に知りたいよね!そんなときは下のシミュレーションを使ってみて!簡単に使用時間あたりの家電の電気代がわかるよ。便利便利っ!

電気代計算シミュレーション

※シミュレーションは1kWhあたり27円で計算しています(公益社団法人全国家庭電気製品公正取引協議会の目安単価(税込):平成26年04月規定)

スポンサーリンク

セラムヒートも同じくらいの電気代

コアヒートは耐久性に優れることで知られるシーズヒーターを採用した暖房器具じゃ。そして、同じくシーズヒーターを採用していることから、ダイキンのセラムヒートと比べられることが多いぞ。

そうなんですか。そういえば、セラムヒートって名前も聞いたことはありますね。

せっかくだからコアヒートとセラムヒートの電気代も比較してみたぞ。

種類消費電力電気代(1時間)
コアヒート330~1150W約8.9~31.1円
セラムヒート250~1100W約6.8~29.7円

※1kWhあたり27円で計算

こうしてみるとあんまり変わらないですね。どっちも電気代が高めに見えます。

デザインや機能面ではいろいろと違うんじゃがな。電気代に関してはあまり変わらんようじゃ。ちなみに、本体価格はセラムヒートの方が高めじゃったぞ。もちろん、時期によってはコアヒートの方が高くなるかもしれんけどな。

それならコアヒートの方がいいのかなぁ。それにしても、もうちょっと電気代が安くならないものですかね。

ゆらぎ運転などで簡単に電気代を節約!

コアヒートの電気代を安くしたいなら「ゆらぎ運転」や「ecoモード」を使うのがおすすめじゃ。

そんな機能付いてるんですか!

少なくとも2018年モデルには付いているようじゃ。「ゆらぎ運転」をONにするだけで約29~39%もの節約になると言われているぞ!

凄いな!上手くいけば4割近くも節電できるのか!

「ecoモード」に関しても30%以上の節約になると言われておるし、使わない手はないじゃろ。

いいですねぇ。でも、何でそんな節約に?

これらのモードを使うと室温や体感温度を考えて運転を自動でセーブしてくれるんじゃよ。

機械が勝手に温度調整してくれるってことか!賢い!

他にも人がいない時には省エネ運転になる「省エネセンサー」などが搭載されておるから上手に活用するんじゃ!

電気代が高い家電だから30%や40%がかなり大きい金額になりますもんね!

上手に使って節電していこう!

コアヒートの電気代がどのくらいか分かってもらえたかな?消費電力が1000Wを超えることもあるだけに電気代が高い家電だけど、ゆらぎ運転など省エネなモードも搭載されてるから上手に活用していこうね!

節電は地球にもお財布にもやさしい

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

電力会社を比較して電気料金を安く!

▲ ページトップへ

運営会社個人情報保護方針お問い合わせ