1. ホットカーラーのおすすめ人気ランキングTOP5!人気のヘアカーラーを比較

ホットカーラーのおすすめ人気ランキングTOP5!人気のヘアカーラーを比較

ミラともBEST

髪に素早くカールをつけられるヘアアイロンは便利な反面、作業時間が長かったり、うっかり火傷しちゃうことも少なくないわよね。

そこで、ホットカーラーを使ってみたらどうかしら?ホットカーラーなら髪に巻いちゃえば両手が空くし、最大温度も80度程度で髪に巻いた後は冷めていく仕組みだから火傷の心配も少ないのよ。

ここでは、そんなホットカーラーのおすすめ人気ランキングや、選び方のポイント、電気代について解説するわ!

ホットカーラー人気ランキングを見る

さっそくだけどホットカーラーの人気ランキングを紹介するわ!

どんな商品が人気なのかな?

第1位 クレイツ ホットカーラー CIH-W06

クレイツ ホットカーラー CIH-W06

参考情報

  • 画像出典:Amazon.co.jp
  • 参考価格:5,060円(税込)

クレイツ(CREATE)の「CIH-W06」は合計で12個のカーラーと12個のオリジナルクリップ、そしてナイロン素材のソフトケースがセットになったホットカーラーね。

各カーラーには「クレイツイオン」が練りこんであるため、使用後は柔らかくツヤのあるカールに仕上げてくれるのよ。また、オリジナルクリップのおかげで髪を多めに巻いても大丈夫。専用のソフトケースは旅行などで持ち運ぶ際に大活躍よ。

スタンドは1回で6本を温め可能な大型タイプ。2回で12本すべてのカーラーを温めることができるわね。ちなみに、ホットカーラーとクリップが4個ずつ入った別売り商品が存在するから、足りないと思えば買い足しするといいんじゃないかしら。

クレイツイオンの効果が気になる!

スペック

  • 消費電力:40~45W
  • 温まるまでの時間:2分
  • 別売りカーラー:あり
  • カーラーサイズ:25㎜径x4/30mm径x4/35㎜径x4
  • 主な特徴:オリジナルクリップ付属(12個)、ナイロン素材の専用ソフトケース、海外対応

第2位 コイズミ ヘアカーラー KHC-V400/P

コイズミ ヘアカーラー KHC-V400/P

参考情報

  • 画像出典:Amazon.co.jp
  • 参考価格:876円(税込)

コイズミ(KOIZUMI)の「KHC-V400/P」は4本まで温められるスタンドと、4本のホットカーラー、2本のワイドクリップ、4本の止めピンがセットになったヘアカーラーね。

カーラーが大量に欲しい場合は向かないけど、十分な量だと思えばリーズナブルさとコンパクトさを兼ね備えた優秀な商品よ。なんといっても1,000円以下で買えることもあるくらいだからね!もちろん、この商品+別売りのカーラーを買い足す手もあるわ。

また、AC100~240V対応の海外でも使える仕様だから、海外旅行目的で購入するのもありね。

こんなに安いホットカーラーもあるんだ!

スペック

  • 消費電力:27W
  • 温まるまでの時間:3~4分
  • 別売りカーラー:あり
  • カーラーサイズ:30mm径x2/35㎜径x2
  • 主な特徴:ワイドクリップ付属(2個)、海外対応

第3位 TESCOM STYLEUP ホットカーラー CL60

TESCOM STYLEUP ホットカーラー CL60

参考情報

  • 画像出典:Amazon.co.jp
  • 参考価格:1,849円(税込)

テスコム(TESCOM)の「CL60」はクリップのいらない「ピタ巻きホットカーラー」を採用した商品ね。

簡単に説明すると、カーラーが起毛してて髪に絡む構造になってるの。そのため、クリップ止めは不要。巻き付けるだけでOKってことね。ホットカーラーの手間や時間を短縮したい人にピッタリだわ!

付属のホットカーラーは全部で6つ。そのうち1つは前髪専用のカーラーという、他ではあまり見ないものね。これは幅広の楕円形をしていて、ふんわりナチュラルな前髪に仕上げることができるわ。

クリップいらずの簡単仕様がいいねぇ。

スペック

  • 消費電力:34W
  • 温まるまでの時間:3分
  • 別売りカーラー:あり
  • カーラーサイズ:26㎜径x2/32mm径x2/38㎜径x1/前髪用x1
  • 主な特徴:クリップ不要のキャッチテープ、持ち運びに便利なポーチ付属、海外対応

第4位 パナソニック カールン8 EH9301P

パナソニック カールン8 EH9301P

参考情報

  • 画像出典:Amazon.co.jp
  • 参考価格:3,141円(税込)

パナソニック(Panasonic)の「EH9301P」はやわらか素材のカーラーで髪を巻きやすく、また根元の方まで巻いても痛くなりにくいホットカーラーね。

大きな特徴としてはカーラーが1分~1分半で温まることかしら。1回に温められる本数は4本だけど、温め時間が短いからストレスを感じることは無いはずよ。

また、簡単に取りつけできるうえ、髪に跡が残りにくいクリップも付属。他にも3本の止めピンやソフトケースが付属してるわ。

他のメーカーだと温まりに3分か4分くらいかかるもんね。速い!

スペック

  • 消費電力:26W
  • 温まるまでの時間:大カーラー1分/特大・大大カーラー1分半
  • 別売りカーラー:あり
  • カーラーサイズ:25㎜径x2/30mm径x4/35㎜径x2
  • 主な特徴:かんたんクリップ付属(6個)、海外対応

第5位 パナソニック カールン ミニ こまき EH9203PP

パナソニック カールン ミニ こまき EH9203PP

参考情報

  • 画像出典:Amazon.co.jp
  • 参考価格:1,628円(税込)

パナソニック(Panasonic)の「EH9203PP」は3本のカーラーをセットできるスタンドに直接コンセントが付いた、携帯に便利なホットカーラーね。

また、パナソニック製品らしく温まりが速いのも特徴かしら。大型の電子ヒーターで準備時間はたったの約1分よ!

ホットカーラーを旅行などに持ち運ぶ機会が多いって人には最適なんじゃないかしら。ちなみに、付属品は3本の止めピンね。

これ以上ないくらいシンプルでコンパクトな商品だね!

スペック

  • 消費電力:20W
  • 温まるまでの時間:1分
  • 別売りカーラー:あり
  • カーラーサイズ:25㎜径x3
  • 主な特徴:-

スポンサーリンク

ホットカーラーの選び方について

ホットカーラーを選ぶ時には下記のような点に注意してね。

温まるまでの時間

商品にもよるけど、1回に温められるカーラーの数は4本や6本ほど。これに対して、10本や12本のカーラーを巻く必要がある人も多いんじゃないかしら。

その場合、温まったものを装着している間に、次のカーラーを温める必要があるわ。だからこそ、1回の温め時間も確認しておきたいところ。平均的なもので3分や4分、早いものだと1分くらいの商品もあるわよ。

別売りカーラーの有無

4本や8本、12本など。付属しているカーラーの数は本体によって異なるわ。このカーラーの数がなかなか難しくて、途中で髪が伸びて足りなくなっちゃうこともあるの。また、カーラーの太さが合わないケースも少なくないわね。

こんな時、別売りのカーラーを買い足せるタイプなら、わざわざ本体ごと買いなおす必要が無いし、好きな太さのカーラーを追加できるわ。ちなみに、別売りカーラーは1本単位のものから、2本や4本セットの商品まで様々よ。

カーラーのサイズ

カーラーのサイズと髪の長さの関係は下記のように言われてるわね。

カーラーの直径と髪の長さ

  • ショート:25㎜径
  • ボブ:25~30mm径
  • ミディアム:30~35mm径
  • ロング:35mm径~

どんなサイズのカーラーが付属するかは商品によって異なるから、初めて購入する人は上記を目安に選ぶといいんじゃないかしら。また、アレンジを楽しむなら複数のサイズがセットになった商品を選ぶのもいいわね。

カーラーの外れにくさ(クリップの有無など)

ホットカーラーが途中で外れた場合、また温めるところからやり直す必要があるわ。時間に余裕があればいいけど、忙しい時なんかは困るわよね。

そこで、カーラーが外れにくい工夫がされてるかもチェックしたいところ。たとえば、クリップでカーラーを固定するタイプは、ピンのタイプに比べて外れにくいのよ。また、カーラー自体に起毛があって外れにくくなってる商品もあるわ。

クリップの有無やカーラーの起毛など。初めての購入だと忘れがちだけど、ちゃんと確認しておいてね。

海外対応

ホットカーラーののスペックを見てみると、100V~240Vに対応。つまり、海外でも使える商品が意外に多いわ。もし、海外旅行などに持っていく予定が少しでもあるなら、海外にも対応した商品を選んでおきたいところね。

ちなみに、海外で使う時は基本的に別途プラグアダプターが必要になるから気をつけてね。

スポンサーリンク

ホットカーラーの電気代について

ホットカーラーの消費電力は30W前後ね。1回の温めに5分かかったとしても、電気代は約0.1円以下じゃないかしら。中には消費電力が高いホットカーラーもあるかもしれないけど、基本的に電気代を気にする必要はなさそうね。

まとめ

ホットカーラーのおすすめ人気ランキングはどうだったかしら?

単純そうなアイテムに見えて意外に商品ごとの違いが大きいから、値段やサイズだけで飛びついちゃダメよ。今回紹介したポイントなどを押さえつつ慎重に購入する商品を選んでみてね。

スポンサーリンク

電力会社を比較して電気料金を安く!

▲ ページトップへ

運営会社個人情報保護方針お問い合わせ