おすすめの電力会社ランキング98社比較

【Looopでんきとあしたでんきを比較】安くてお得なのはどっち?

【Looopでんきとあしたでんきを比較】安くてお得なのはどっち?

新電力の中でも料金プランがシンプルな「Looopでんき」と「あしたでんき」。最近はこれら2つの新電力がどんどん契約者を増やしているそうじゃのう。

そのため「Looopでんき」と「あしたでんき」のどちらに加入すればいいか迷っているという人も多いと思うんじゃ。

そこで今回は、「Looopでんき」と「あしたでんき」の料金プランやサービス、違約金、キャンペーンなどを比較してみたぞ。ぜひぜひ、この記事を読んでどちらの新電力を契約するか決めてほしいのう。

これが結論

「あしたでんき」は「Looopでんき」よりも電気料金プランが安価。提供エリアに住んでいるなら「あしたでんき」を選ぶのがおすすめです。

2万円も節約できるチャンス!?

あしたでんき

電力料金を安くしたいと思っている方に、最もおすすめしたいのが「あしたでんき」です。

電気料金が跳ね上がる夏、あしたでんきに切り替えて浮いたお金でちょっぴり贅沢しませんか?

【あしたでんきのメリット】

  • 年20,000円以上の節約を多くの方が実現
  • ずっと基本料金は0円(無料)
  • とにかくお得!業界でも最安水準
  • 手数料・解約金・違約金一切なし
  • 切り替え簡単!お試し感覚でOK
  • 対応の良さが抜群

とにかく電気料金が安いというのが、あしたでんきが選ばれている一番の理由。以下のシミュレーション結果をクリックして見れば納得ですよね!

料金シミュレーション結果(公式サイト)
3人以上の世帯例
(1月:600kwh/50Aで算出)
22,209円お得
2人世帯の例
(1月:500kwh/40Aで算出)
13,978円お得
1人暮らしの例
(1月:290kwh/30Aで算出)
2,558円お得
※東京電力エリアで試算

申し込みをするだけで面倒な手続きも工事も一切なし。手数料や解約金もないので、お試し感覚で一度切り替えて、合わなかったら解約でOK。

消費税10%になった今だからこそ節約できるところはしっかりと対策を!早く切り替えるほど節約効果は大きいですよ!

北海道・北陸・四国電力エリアの方には「Looopでんき」が最もおすすめです。基本料金0円で安い!

Looopでんきとあしたでんきの特徴&メリット

「Looopでんき」と「あしたでんき」それぞれの特徴を見ていくぞ。

Looopでんきの特徴&メリット

Looopでんきと言えば「基本料金0円」「従量料一律単価」といった特徴を持つ新電力会社じゃな。今でこそ基本料金0円の単価一律という料金設定が増えておるが、Looopでんきが電力供給を開始した2016年当時は画期的だったんじゃよ。

基本料金0円と単価一律のパイオニア的な存在なんですね!

2016年はまだまだ電力自由化が始まったばかりで、新電力に切り替える人も少なかったのじゃが、2017年、2018年と契約者数を増やしていき、2018年の末には15万件以上の契約を達成したんじゃ!

15万件もですか!?最近は新電力に切り替える人が増えてるっていいますけど、その中でも特に契約者数が多そうですね!

やはり電気料金プランがシンプルなのは大きいようじゃ。シンプルで電気代の計算もしやすいプランに切り替えられるうえ、多くの家庭が電気代の割安にできる。それでいて契約料などはかからないんじゃから、切り替える人が多いのも納得じゃないかのう。

いいですねぇ。僕も切り替えたくなってきました。

さらに、Looopでんきは環境に配慮して再生可能エネルギーに力を入れておるんじゃ!今風に言うなら「エコ」じゃの!

(今風・・・?)

あしたでんきの特徴&メリット

あしたでんきも「基本料金0円」の「従量料一律単価」で有名な新電力会社じゃ。設立が2017年、電力供給の開始が2018年と、他の会社に少し遅れをとっておるが、そのシンプルで安価な料金設定が人気を博し、どんどん加入者を増やしておるんじゃぞ。

なんだか、あしたでんきって最近よく聞く気がしますねぇ。

あしたでんきは特別な加入特典やポイント制度などは用意されていないんじゃが、その分だけ料金がとにかくシンプルで安いんじゃ。この「面倒さが一切ない料金プラン」が、ごちゃっとしたのが苦手な人にも人気なんじゃよ。

セット割りやポイント付与で実質的に安い料金プランも嫌いじゃないですけど・・・いろいろ条件とかあって、正直面倒ですもんね。シンプルならそっちの方がいいかも!

あしたでんきは各エリアで最低水準を実現しているから、自分の住んでいるところがあしたでんきの供給エリア内だったら、まず第一候補にしても良いじゃろうな。

電力診断バナー

あしたでんきとLooopでんきの比較

「Looopでんき」と「あしたでんき」の料金プランや付帯サービスなどを比較していくぞ!

電気料金プランを比較!安いのはどっち?

まずは電気料金の比較じゃ。今回は分かりやすいよう、それぞれの一般家庭向け標準プランの料金を比較したぞ!

電力エリアLooopでんきあしたでんき
北海道電力29.5円/kWh提供なし
東北電力26.4円/kWh26.0円/kWh
東京電力26.4円/kWh26.0円/kWh
中部電力26.4円/kWh26.0円/kWh
北陸電力21.3円/kWh提供なし
関西電力22.4円/kWh22.0円/kWh
中国電力24.4円/kWh24.0円/kWh
四国電力24.4円/kWh提供なし
九州電力23.4円/kWh23.0円/kWh
沖縄電力提供なし提供なし

※料金は全て税込

「Looopでんき」と「あしたでんき」の標準的なプランはどちらも基本料金0円の従量料一律単価じゃ。つまり単純に1kWhあたりの料金が安い方がお得になるぞ。

ってことは・・・提供してるエリアに限定すれば、あしたでんきの方がお得ってことですか?

その通りじゃ。残念ながら北海道・北陸・四国・沖縄電力エリアでは提供がないものの、提供エリアにおいては、あしたでんきの方がLooopでんきよりお得じゃ!どのエリアもLooopでんきに比べて電力単価が0.4円も安いぞ!

一般的な4人家族で1ヶ月の使用量は500kWhくらいですかね?そうなると、あしたでんきの方が1ヶ月あたり200円も安くなる計算ですね。1年なら2400円にもなる!

ちなみに、あしたでんきには電気使用量が多い家庭向けの「たっぷりプラン」も用意されておるぞ。こちらは基本料金が3000円ほどかかるものの、さらに1kWhあたりの料金が安くなるんじゃ!この点においても、あしたでんきはLooopでんきよりお得じゃな。

付帯サービスの違い!便利なのはどっち?

あしたでんきは、とにかくシンプルさを追求したような新電力会社で、付帯サービスは特に用意されていないんじゃよ。ポイントサービスやお得な特典は無しじゃ。

ちょっと寂しい気もするけど、僕はその分だけ電気代が安い方がいいですね。ポイント管理とかも不要で楽ですし。

とはいえ、Looopでんきの方も大きな付帯サービスは無いんじゃがな。用意されておるのは東京電力エリア限定で利用できる「かけつけるーぷ」くらいのものじゃ。

かけつけるーぷ?

かけつけるーぷは、24時間365日、電気トラブルに対応してくれるサービスで、本来なら9000~1万3000円ほどかかる作業量が無料になるんじゃよ(作業内容により別途費用がかかる場合もあり)。

何かあった時の保険にはなりますね。でも東京電力エリア限定ってことは、他の地域の人はどっちと契約しても特に変わらないってことですね。付帯サービス的には。

そういうことになるのう。

解約金・違約金の違い!手軽なのはどっち?

解約金・違約金についてはLooopでんき、あしたでんき、共に不要じゃぞ。もし契約後に合わないと思えば、違約金なしで解約できるんじゃから安心じゃな。

キャンペーンの違い!お得なのはどっち?

Looopでんき、あしたでんき、共に現在(2019年10月)はキャンペーンを実施していないようじゃ。

現在は?前はやってたんですか?

過去にはどちらもAmazonギフト券などが貰えるキャンペーンをやってたようじゃぞ。また開催されるかもしれんから、キャンペーン時に加入したいのなら定期的にチェックしておくのがおすすめじゃ。

環境・エコの違い!環境に優しいのはどっち?

Looopでんきは電源構成をきちんと公表しており、2018年4月1日~2019年3月31日までの実績で約25.8%が再生可能エネルギーだと分かっておる。

だいたい1/4が再生可能エネルギーなんですね!あしたでんきの方はどうなんですか?

あしたでんきは今のところ電源構成を公表していないようじゃ。2018年に電力供給を開始したばかりじゃから、これから発表する予定なのかもしれん。今のところ、あしたでんきのエコ度については何とも言えんのう。

再生可能エネルギーに力を入れてる新電力を選びたいって人は、今のところLooopでんきを選んだ方がいいって感じですかね。

電力診断バナー

「Looopでんき」より「あしたでんき」がお得!

今回の内容をまとめると、お得度は「あしたでんき」に軍配が上がるのう。電気料金プランについては、全ての提供エリアにおいて「あしたでんき」の方が安価なうえ、「あしたでんき」には電気使用量が多い家庭向けのプランまで用意されておる。

また違約金・解約金はどちらも0円じゃし、現在のところキャンペーンはどちらも実施していないようじゃ。一応、「Looopでんき」には「かけつけるーぷ」という電気トラブルに対応してくれるサービスがあるものの、これも東京電力エリア限定じゃから、大きなメリットとしては紹介しにくいのう。

というわけで、特に理由が無ければ「あしたでんき」を選択するのがおすすめじゃ。1kWhあたりの料金差はたった0.4円じゃが、それが1ヶ月、1年単位になれば数百~数千円の差がつくぞ!5年、10年もすれば数万円の差がついたって何らおかしくないんじゃ!

ただ「あしたでんき」は「Looopでんき」に比べて提供エリアが狭く、北海道・北陸・四国電力エリアでは利用不可じゃ。これらのエリアに住んでいる人は、ひとまず「Looopでんき」に登録し、「あしたでんき」の提供エリアが広がるのを待つといいかもしれん。

【料金シミュレーション】

あしたでんき
https://ashita-denki.jp/

Looopでんき
https://looop-denki.com/

あしたでんき 【あしたでんきは評判が悪い?】3分でわかるメリット&デメリット looopでんき 【Looopでんきは評判が悪い?】3分でわかるメリット&デメリット