おすすめの電力会社ランキング98社比較

【Looopでんきと北海道電力を比較】安くてお得なのはどっち?

Looopでんきと北海道電力を比較 どちらがお得で安いか検証

北海道エリアに新電力を提供する会社の中でも、特に人気が高いのが「Looopでんき」じゃ。そのため、北海道電力からLooopでんきに切り替えた時、どのくらいの節約になるのか気になっている人も多いんじゃないかのう。

そこで今回は北海道電力の一般的なプランから、Looopでんきへと切り替えた時、具体的にどのくらい安くなるのかシミュレーションしてみたぞ。北海道電力エリアに住んでいて電気代を節約したい人は要チェックじゃ!

これが結論

「北海道電力」から「Looopでんき」への切り替えで、一人暮らしでも5000円以上、3人以上の世帯なら2万5000円ほど節約できる可能性があります。北海道電力エリアは「Looopでんき」への切り替えメリットが特に大きいエリアです。

2万円も節約できるチャンス!?

あしたでんき

電力料金を安くしたいと思っている方に、最もおすすめしたいのが「あしたでんき」です。

電気料金が跳ね上がる夏、あしたでんきに切り替えて浮いたお金でちょっぴり贅沢しませんか?

【あしたでんきのメリット】

  • 年20,000円以上の節約を多くの方が実現
  • ずっと基本料金は0円(無料)
  • とにかくお得!業界でも最安水準
  • 手数料・解約金・違約金一切なし
  • 切り替え簡単!お試し感覚でOK
  • 対応の良さが抜群

とにかく電気料金が安いというのが、あしたでんきが選ばれている一番の理由。以下のシミュレーション結果をクリックして見れば納得ですよね!

料金シミュレーション結果(公式サイト)
3人以上の世帯例
(1月:600kwh/50Aで算出)
22,209円お得
2人世帯の例
(1月:500kwh/40Aで算出)
13,978円お得
1人暮らしの例
(1月:290kwh/30Aで算出)
2,558円お得
※東京電力エリアで試算

申し込みをするだけで面倒な手続きも工事も一切なし。手数料や解約金もないので、お試し感覚で一度切り替えて、合わなかったら解約でOK。

消費税10%になった今だからこそ節約できるところはしっかりと対策を!早く切り替えるほど節約効果は大きいですよ!

北海道・北陸・四国電力エリアの方には「Looopでんき」が最もおすすめです。基本料金0円で安い!

北海道電力とLooopでんきの料金を比較!

まずは北海道電力とLooopでんきの一般的なプランを比較していくぞ。おそらくLooopでんきのことを知らない人は、基本料金の違いなどにびっくりするはずじゃ!

※以下は全て北海道電力の「従量電灯B(従来の一般家庭向けプラン)」とLooopでんきの「おうちプラン(一般家庭向けプラン)」の比較となります。

Looopでんきなら基本料金は0円!

まずは北海道電力とLooopでんきで基本料金を比較してみるぞ。

アンペア数北海道電力Looopでんき
10A341.0円0円
15A511.5円
20A682.0円
30A1023.0円
40A1364.0円
50A1705.0円
60A2046.0円

上記の通り、Looopでんきは基本料金が0円なんじゃ。普通は契約するアンペア数に応じて基本料金が上がっていくわけじゃが、Looopでんきなら、契約アンペア数を気にしなくていいわけじゃな。

今や当たり前になりつつありますけど、やっぱり基本料金0円っていいですよね!

基本料金が高くなるからといって、契約アンペア数を低くすればブレーカーが落ちやすくなるわけじゃからな。正直、もはや基本料金がアンペア数に応じて上がる仕組みは古いと思うんじゃよ。

Looopでんきなら1kWhあたり29.5円で固定!

次に電力量料金を比較していくぞ。

電気使用量北海道電力Looopでんき
~120kWh23.98円/kWh29.5円/kWh
121~280kWh30.27円/kWh
280kWh~33.99円/kWh

北海道電力の従量電灯Bは、昔ながらの段階制を採用しておるんじゃ。電気を使えば使うほどに、1kWhあたりの価格が上がっていくぞ。つまり電気をたくさん使う家庭ほど電気代が高くなりやすいわけじゃな。

その点、Looopでんきは1kWhあたりの価格が固定なんですね。

そうなんじゃ。段階制を採用していない分、電気使用量が少ないうちは北海道電力より単価が高くなってしまうものの、電気をたくさん使っても1kWhあたりの値段は上がらないんじゃよ!そのため「単価が上がるから電気使用量を抑えないと…」と余計な事を考えずに済むんじゃ!

電気代の計算もシンプルでいいですよね。基本料金も無いから、単純に「29.5円×電気を使った分」で計算できますよね!

そこに燃料費調整額などを含むため、使った分ぴったりとはいかんがな。計算が楽なのは確かじゃ。

Looopでんきなら最低料金もかからない!

北海道電力は1契約ごとに250.8円の最低料金がかかるんじゃが、Looopでんきなら最低料金も無しじゃな。

北海道電力だと完全放置でも年に3000円以上もかかるってことですか。

だからこそ、普段はほとんど電気を使わない別荘などをLooopでんきに切り替える人が多いようじゃ。1ヶ月あたりは250.8円でも、ともすけの言ったように1年にすれば3000円以上じゃからのう。最低料金も馬鹿にならん。

電力診断バナー

北海道電力からLooopでんきへ切り替えた時の節約額を計算!

北海道電力とLooopでんきの料金が分かったところで、実際に北海道電力からLooopでんきへ切り替えた時、どのくらい電気代を節約するのか見ていくぞ。今回はLooopでんきのシミュレーターを使って計算した結果を紹介じゃ!

一人暮らしの場合は?

一人暮らしだと1月のピーク時で電気使用量が290kWhくらいかのう。そんな一人暮らしの人が北海道電力からLooopでんきに切り替えると、以下のような節約効果が生まれるぞ。

北海道電力Looopでんき差額
87,104円81,715円-5,389円/年

※1月の電気使用量290kWh/30Aとして計算

一般的な電気使用量でも、Looopでんきへの切り替えで年間5000円以上も節約できるんじゃ!一人暮らしだと新電力への切り替え効果が薄いと思ってる人もいるようじゃが、これを見れば考え方も変わるじゃろ。

5000円以上もですか!差額で1年にゲーム1本くらい買えちゃいますね!

浮いた分を自分の好きなように使える、と考えるとLooopでんきへ切り替えたくもなってくるんじゃないかのう。

2人世帯の場合は?

一般的な2人世帯の場合は以下のようなシミュレーション結果になるぞ。

北海道電力Looopでんき差額
157,045円140,804円-16,242円/年

※1月の電気使用量500kWh/40Aとして計算

2人世帯だと年間1万5000円以上の節約になるんじゃ!

1万5000円も!?ゲームが3本くらい買えちゃいますね!

お前はそればっかじゃな。とにかく2人世帯ともなると節約効果もかなり大きくなるんじゃ。切り替えが面倒という気持ちも分かるが、1年に1万5000円ずつも損してる可能性があるわけじゃから、早めの切り替えをおすすめするぞ!

3人以上の世帯の場合は?

3人世帯以上だと以下のようなシミュレーション結果になるぞ。

北海道電力Looopでんき差額
193,564円168,947円-24,617円/年

※1月の電気使用量600kWh/50Aとして計算

2人世帯でも差額はかなりのものじゃったが、3人世帯にもなると年に2万5000円近くもの節約になるんじゃ!

もはやゲーム機が買えそう!

5人、6人と大家族であったり、ペットがいる家庭なら上記の想定以上に電気を使っておることも十分に考えられる。そうなると1年あたり3万円、4万円の差がついてもおかしくないぞ。

1ヶ月あたりでもかなりの金額ですね!基本的に切り替え費用もかからないわけですし・・・早く申し込むべきかも!

電力診断バナー

契約アンペア数が低い家庭は注意が必要

ここまで北海道電力からLooopでんきへの切り替えで、いかに電気代が安くなるか紹介してきたわけじゃが、残念ながら切り替えによって電気代が高くなってしまうこともあるんじゃ。

えぇ!?そんなことあるんですか!聞いてないです!!

だから今から説明するんじゃよ。というのも、Looopでんきは基本料金0円と固定の電力単価がメリットのため、契約アンペア数が低く、電気使用量が少ない家庭だと、切り替えにより電気代が高くなる恐れがあるんじゃ。

アンペア数が低いとか、電気使用量が少ないってどのくらいですか?

たとえば、最低の10A契約で月に100kWhしか使わない家庭だと、切り替えにより年1,174円もの増額になってしまうぞ。

契約10Aって・・・かなり低いですよね?

一人暮らしでも30Aくらいが一般的じゃからな。15A契約の月100kWh使用の場合ですら、Looopでんきの方が872円もお得じゃから、切り替えによって増額になることは滅多にないものの、極端に契約アンペア数が低い家庭だけは注意しておくんじゃぞ!

まずはLooopでんきの公式サイトで料金シミュレーション!

北海道電力エリアは、他の電力エリアに比べて「Looopでんき」への切り替えメリットが非常に大きいんじゃ。紹介した通り一人暮らしですら年間5000円くらいの節約になるんじゃからのう。「Looopでんき」への切り替えでここまで節約になるエリアは他に無いんじゃぞ(従来の電力会社から切り替える場合)!

しかし、極端に契約アンペア数が低かったりする場合は、もしかすると「Looopでんき」への切り替えで増額になってしまうかもしれん。

北海道電力エリアで増額になることは滅多にないが、まずは「Looopでんき」の公式サイトで料金シミュレーションしておくのがおすすめじゃ。検針票(電気代の請求書)の情報を入力して、実際にどのくらいの節約になるのかチェックするんじゃ!

【料金シミュレーション】

Looopでんき
https://looop-denki.com/

looopでんき 【Looopでんきは評判が悪い?】3分でわかるメリット&デメリット