おすすめの電力会社ランキング98社比較

Looopでんきの供給エリアを再確認!電力供給する9エリアとそのプラン内容について

Looopでんき

今回は、自然エネルギーに注目した発電に力を入れているLooopでんきの電力供給エリアとプラン内容を再確認してみました。

2万円も節約できるチャンス!?

あしたでんき

電力料金を安くしたいと思っている方に、最もおすすめしたいのが「あしたでんき」です。

電気料金が跳ね上がる夏、あしたでんきに切り替えて浮いたお金でちょっぴり贅沢しませんか?

【あしたでんきのメリット】

  • 年20,000円以上の節約を多くの方が実現
  • ずっと基本料金は0円(無料)
  • とにかくお得!業界でも最安水準
  • 手数料・解約金・違約金一切なし
  • 切り替え簡単!お試し感覚でOK
  • 対応の良さが抜群

とにかく電気料金が安いというのが、あしたでんきが選ばれている一番の理由。以下のシミュレーション結果をクリックして見れば納得ですよね!

料金シミュレーション結果(公式サイト)
3人以上の世帯例
(1月:600kwh/50Aで算出)
22,209円お得
2人世帯の例
(1月:500kwh/40Aで算出)
13,978円お得
1人暮らしの例
(1月:290kwh/30Aで算出)
2,558円お得
※東京電力エリアで試算

申し込みをするだけで面倒な手続きも工事も一切なし。手数料や解約金もないので、お試し感覚で一度切り替えて、合わなかったら解約でOK。

消費税10%になった今だからこそ節約できるところはしっかりと対策を!早く切り替えるほど節約効果は大きいですよ!

北海道・北陸・四国電力エリアの方には「Looopでんき」が最もおすすめです。基本料金0円で安い!

Looopでんきを活用できるエリアとプラン内容

電気の供給エリアは、北海道電力、東北電力、東京電力、中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力の9つのエリア。身近な低圧カテゴリのプランには、「おうちプラン」「ビジネスプラン」「動力プラン」の3つのプランがあります。1年契約の自動更新ですが、期間内に解約をしても解約金はかかりません。

一般家庭向けには「おうちプラン」、事務所や商店、飲食店向けには「ビジネスプラン」となりますが、どちらも基本料金がかからないところが大きな特徴。これには、大規模な発電所施設を保持していないため、固定費がリーズナブルに済むことなどが役立っています。

燃料費調整額や再生可能エネルギー発電促進賦課金などは別に必要になりますが、電気を使った分だけの従量料金のみが主な電気料金になるでしょう。他社の従量料金は3段階に分かれていることもよく見られますが、Looopでんきの場合は1段階のみのシンプルな設定でわかりやすいこともポイントです。

事務所や商店などの動力向けには「動力プラン」がありますが、こちらは基本料金が必要になりますのでその点の違いをおさえておきましょう。基本料金はエリアによって金額が異なり、1kWにつき700円または900円です。従量料金は季節に合わせて値段が変わり、夏季とその他の季節の2パターンあります。

電力診断バナー

「おうちプラン」をおさらい

北海道、東北、東京、中部、北陸、九州電力のエリアは従量電灯B相当のプラン、関西、中国、四国電力のエリアは従量電灯A相当のプランになります。契約電流の値は10A~60Aが対象。Looopでんきのプランに切り替えたい時には、現在活用している電力会社のプランを、お住まいのエリアに合わせてLooopでんきの対象となるプランに切り替えてから申し込みましょう。

従量料金は1kWhにつき、21円~29円の幅がありエリアによって異なります。各エリアの内訳は、北陸電力が21円、関西電力が22円、九州電力が23円、中国電力と四国電力が24円、東北電力と東京電力、中部電力が26円、北海道電力が29円です。

電力診断バナー

「ビジネスプラン」をおさらい

北海道、東北、東京、中部、北陸、九州電力のエリアは従量電灯C相当のプラン、関西、中国、四国電力のエリアは従量電灯B相当のプランになります。kVAで契約している場合が対象。従量料金は1kWhにつき、22円~31円の幅がありエリアによって異なります。「おおうちプラン」の内訳に、北海道電力エリアは2円アップ、他エリアは1円アップの金額になるでしょう。

「おうちプラン」と「ビジネスプラン」に追加できるサービス

それぞれのプランの指定のエリアでは、「Looopでんき+(プラス)」というサービスを合わせて活用できます。これは、住宅用太陽光発電システムを活用して電力をLooopに供給したり、Looopの住宅用太陽光発電システムや住宅用蓄電池を導入したりするとさらにお得に電気を使えるサービス。東北電力、東京電力、中部電力、関西電力、中国電力、九州電力のエリアで、「ソーラー割」「LooopHome割」「Looopでんち割」のサービスを追加することができます。

各エリアの従量料金から「ソーラー割」「LooopHome割」は1円、「Looopでんち割」は3円の割引です。これらのサービスは合わせて活用することができますので、フル活用すれば最大で5円の割引になるでしょう。また、「Looopでんち割」はエリアの指定がなく、北海道エリア、北陸エリア、四国エリアでも活用することができます。

また、東京電力エリアの場合は、電気のトラブルに24時間365日対応してくれる「かけつけるーぷ」というサービスも設けられていますので、該当する場合は合わせてチェックしてみましょう。