1. 食器洗い乾燥機の電気代は?便利な食洗器の節電方法について知ろう!

食器洗い乾燥機の電気代は?便利な食洗器の節電方法について知ろう!

食器洗い乾燥機付きシステムキッチンの画像

現代の新築家庭のシステムキッチンには基本的につけられていることの多い「食器洗い乾燥機」。一度食器洗い乾燥機を使うことに慣れてしまうと、便利さもあるのでなかなか手放せなくなる家電の1つですよね。しかしながら食器洗い乾燥機は「熱風」で食器を乾燥する機能によって、エアコンの暖房と同じく結構な電力を消費する家電でもあります。今回はこの食器洗い乾燥機を上手に使いながら節電する方法についてご紹介します。

食器洗い乾燥機の普及率はなんと○%?!

2014年に行われた調査では、食器洗い乾燥機の全国普及率は28.4%と意外にも「すごく高い」結果ではありませんでした。しかし数字だけ見ると約3割の家庭には食器洗い乾燥機があることになります。普及率に関しては西日本ほど多く普及していて、トップは奈良県の49.6%。およそ半分の家庭が食器洗い乾燥機を所持していることになります。食器洗い自体は1日に2回以上、食器洗いをしていて、そのことをストレスに思う人も多いので、食器洗い乾燥機が家族のストレスを軽減できているなら良いことですよね。

スポンサーリンク

食器洗い乾燥機は本当に役立つの?手洗いの方がお得ってホント?

家族の食器洗いのストレス軽減に役立っている食器洗い機は、他にも「節水」という方面で「普通に手で洗うより水を使わない」という機器も多く販売されています。しかし、水に関しては節水の余地がある食器洗い乾燥機も、しっかり乾燥までこなそうと思うとやはり「熱を発生させる」ので電気についてはなかなか節電できないのも事実。

実際に食器洗い機というのは、そもそも手洗いの方が節水できたりしますし、節電・節水の面からだけで語れば「使うだけで節約できない」ものになります。手洗いで食器洗い乾燥機並みに節水して洗うことができれば、手洗いは電気を使うこともないのでそれだけで節約になっていますよね。しかし、もし手洗いによって手荒れを起こして薬やハンドクリームをたくさん必要とするなら、電気代や水道代を節約できても、大きなお金の流れとしてはトントンになるかもしれません。ですから、食器洗い乾燥機に「節約」を求める時は、節水・節電以外にも「家計としての大きなお金の流れ」に気を付けた方が良いでしょう。

食器洗い乾燥機を上手に使いながらも節電をするには?

先程の項でも述べたように、食器洗い乾燥機を使いながら節約を考えるなら、節水・節電に加えて手荒れのための治療費など、家計としてはお金の流れを考えなければいけません。ただ、節電という部分にポイントを当てるなら、次のような方法をとれば食器洗い乾燥機を使いながら節約をすることが可能になります。

夜間電力を利用する

食器洗い乾燥機をタイマーセットにして、電気代の安い夜間料金で使うようにすると通常で使うよりも節電することができるようになります。

乾燥機能は使わない

食器洗い乾燥機で結構な電気を消費するのはやはり「乾燥」の時。しかし、食器洗い乾燥機というのはそもそも食器をお湯で洗っていて、その温度はかなりの高温(高温にした方が汚れが落ちやすいため)。ですから、食器洗い乾燥機は「食器洗い」にだけ使って、そこが終了したら庫内を開放して余熱で乾燥させても十分乾燥するのです。そもそも手洗いで乾燥機も使わなければ食器を自然乾燥するのは悪いことではにないので、余熱の利用は賢い節電方法なんですよ。

まとめ洗いなどの機能を使う

食器洗い乾燥機を使う際に、とっても少量の食器を洗うのは大変もったいない使い方です。できれば3人分以上になるくらいの食器を入れて洗った方が良いでしょう。さらに、洗う際にはきちんと食器を並べることで二度洗いの手間などもかかりません。メーカーによっては食器の量によって洗浄のコースや使用する水の量などを調節してくれる機能もありますが、できれば少量すぎる食器の量で食器洗い乾燥機を使うのは控えた方が節電になりますよ。

予洗いをしておく

これは実際に自分で水を使って予洗いをするというよりは、食事の時に使ったティッシュや要らないウエス、細かくした新聞などで落ちにくそうな汚れを拭きとっておくということです。このひと手間で時短コースを選ぶことができるようになったりして、節水・節電に繋がりますからね。

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ