おすすめの電力会社ランキング98社比較

ENEOSでんきはCMやWEB広告を使って契約者数を順調に増加させている

ENEOSでんきCM

電力自由化による影響をもっとも受けている関東エリア(東京電力管内)において、もっとも契約者数が伸びているのは東京ガスの電気、その次にJXエネルギーのENEOSでんき、そして東急パワーサプライの東急でんき、と続きます。

2万円も節約できるチャンス!?

あしたでんき

電力料金を安くしたいと思っている方に、最もおすすめしたいのが「あしたでんき」です。

電気料金が跳ね上がる夏、あしたでんきに切り替えて浮いたお金でちょっぴり贅沢しませんか?

【あしたでんきのメリット】

  • 年20,000円以上の節約を多くの方が実現
  • ずっと基本料金は0円(無料)
  • とにかくお得!業界でも最安水準
  • 手数料・解約金・違約金一切なし
  • 切り替え簡単!お試し感覚でOK
  • 対応の良さが抜群

とにかく電気料金が安いというのが、あしたでんきが選ばれている一番の理由。以下のシミュレーション結果をクリックして見れば納得ですよね!

料金シミュレーション結果(公式サイト)
3人以上の世帯例
(1月:600kwh/50Aで算出)
22,209円お得
2人世帯の例
(1月:500kwh/40Aで算出)
13,978円お得
1人暮らしの例
(1月:290kwh/30Aで算出)
2,558円お得
※東京電力エリアで試算

申し込みをするだけで面倒な手続きも工事も一切なし。手数料や解約金もないので、お試し感覚で一度切り替えて、合わなかったら解約でOK。

2019年8月末日までの申し込みなら「Amazonギフト券 2,000円分プレゼント」のキャンペーンがあるので、よりお得感が大きいはず!早く切り替えるほど節約に!

ENEOSでんきの契約者数

ENEOSでんきはかなり早い段階からCM(テレビコマーシャル)を使った宣伝やホームページの立ち上げを行い、電力自由化が開始される数カ月前からアフィリエイトなどのWEB広告も頻繁に見かけるようになりました。こういった早めの仕掛けが功を奏して、電力自由化の1ヵ月前には既に申し込み件数が5万件を超えていました。開始から3ヵ月後には推定10万件を突破している模様です。

スポンサーリンク

ENEOSでんきのCM

ENEOSでんきのCMと言えば吉田羊さんの「いくじなし!」というキーワードが耳に残っている人が多いのではないでしょうか?現在このCM動画は限定公開されていますので、動画を見たい方は下記のリンクをクリックしてください。

ENEOSでんきのCMに出演していた男性

ちなみにCMで吉田羊さんに「いくじなし!」と何度も言われてしまったイケメンの男性は高橋一生という俳優さんだそうです。高橋一生さんのプロフィールはENEOSでんきの公式ページでも公開されていますので、気になる方はチェックしてみてください。

スポンサーリンク

東京ガスの契約者数

東京ガスはその知名度と安心感から順調に契約者数を伸ばし、WEBやCMではちょっと変わっているけど何だかかわいい「電パッチョ」というキャラクターを全面に使い、その存在感を増していきました。また、キャプテン翼でおなじみの高橋陽一先生の書いた「新キャプテン自由化」というストーリーがぶっとんでいる漫画もSNSなどで話題を呼びました。開始から3ヵ月で推定30万件を突破している模様です。

どちらが良いのか?

どちらがオトクになるのかはその人によって変わってきますし、東京ガスと現在契約しているかどうかも判断基準としては大きいでしょう。ちなみに弊社スタッフのKさんは東京ガスとENEOSでんきを比較してENEOSでんきと最終的に契約を結びました。