1. 暖房の節電のポイント!暖房のほうが冷房よりもエアコンの電気代がかかるの?

暖房の節電のポイント!暖房のほうが冷房よりもエアコンの電気代がかかるの?

暖房

夏と冬、どちらもエアコンを同じように使っているのに、電気代に差がある、と感じたことありませんか?これには、外と室内の温度差などに理由がありますので、快適な温度設定もおさえながら、上手な暖房の節約方法を見ていきましょう。

快適な室温ってどれくらい?

エアコンは、お部屋の中の温度や湿度を快適にするのに役立つアイテムですが、季節によって快適な環境は変わってきます。暖房の節約を意識する前に、季節による快適な温度を知っておきましょう。

夏場は低めだと25度、高めだと28度までが快適な温度として挙げられ、冬場は、低めだと18度、高めだと22度くらいの温度が挙げられています。快適な環境には、湿度の影響もあり、部屋での過ごし方やそれぞれの人の感覚によって変わる部分もありますので一概には言えませんが、このように季節によって差があり、快適な温度にも幅があることがわかるでしょう。

スポンサーリンク

暖房の方がエネルギーを使う理由

冷房よりも暖房の方がエアコンの電気代を使用する、と言われることがありますが、これは、快適な温度にするために使うエネルギー量の違いに注目してみるとわかりやすくなります。エアコンは、外の気温と室内の温度の差が大きければ大きいほど、設定温度に近づけるためにエネルギーが必要になります。では、夏と冬の差を、単純計算を参考に具体的に見てみましょう。

例えば、夏場の室内温度を26度にした場合、真夏日の30度の時には、4度温度を下げれば良いということになり、猛暑日と言われる35度でも、9度下げれば良いことになりますね。これに対して、冬場は、真冬日になると0度付近になるため、室内の設定温度を20度にしても、20度上げなければいけなくなってしまいます。このため、冬の暖房の方がエネルギーを使ってしまうことが挙げられているのです。

暖房を節約しよう!節電のポイント

エアコンのモード選びを上手に

エアコンはモードが選べて、上手に使いこなすことで節電につなげることができます。ですが、節電のために、付け始めから弱めの運転で開始してしまうと、かえって電力を消費してしまうこともありますので気をつけましょう。エアコンは設定温度に近づける時にエネルギーを使いますので、始めにささっと設定温度になるまで運転してしまった方が良い場合があります。そのため、最初は自動運転を活用してみると良いでしょう。自動運転なら、エアコンが室内の温度と湿度を自動的に管理して働いてくれますので、自分でこまめに設定を変えるよりも、省エネ効果が期待できることがあります。

自動運転であたたまり過ぎてしまう時には、設定温度を1度下げるなどの工夫をしてみましょう。設定温度は外の温度に近いほど、節電につながりますので、日頃から心がけておくのもおすすめです。

頻繁に電源を切らない

エアコンの電源を頻繁に入れたり切ったりしてしまうと、ずれた温度を調節するために、その分エネルギーが必要になり、逆効果になってしまう場合があります。室内の温度を適温に保つことが大切になりますので、モード選びと合わせて、エネルギーを使わない運転が続くように工夫してみましょう。とはいえ、必要以上に使用することはありませんので、タイマー機能などを上手に活用してみると良いですね。

風向きの調整

あたたかい空気は上に行く性質がありますので、冬場は、エアコンの風向きを下向きにしておくことがおすすめです。あたたかい空気を感じやすく、循環にも役立ちますので、部屋全体をあたためやすくなるでしょう。

自然の力も取り入れて

太陽が出ている時には、カーテンなどをあけて、日光が部屋に入り、太陽の熱が伝わるように工夫してみるのも良いでしょう。反対に、夜はカーテンを閉めて、室内のあたたかさを逃がさないようにすることがポイントです。

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ