1. エアコンの節電しながら熱帯夜を快適にすごす!室内温度や設定に注目しよう

エアコンの節電しながら熱帯夜を快適にすごす!室内温度や設定に注目しよう

熱帯夜に寝る子ども

日中の猛暑日がニュースで報じられるたびに、地球温暖化が問題になっています。ですが、日中の気温が上がると同時に夜の気温が下がらない「熱帯夜」の数も増えていることをご存知ですか?

「夜のエアコンは体に悪い」と思っている方もいるかも知れませんが、部屋の温度はしっかりと下げることがいい睡眠をとるためには重要です。ですが、エアコンをつけて寝ると電気代が心配にもなります。節電をしながら熱帯夜を快適に過ごすにはどうすればいいのでしょうか。

熱帯夜でもいい睡眠をとるためのポイント

私たちの体は、体温が下がると眠気を感じるようにできています。ですから、寝る時間の2時間くらい前に入浴をして体温を上げておき、寝るまでに体温を下げておくようにしましょう。

その際、エアコンで室温を寝やすい温度に調節しておくのがおすすめです。エアコンの温度設定としては、冷房で「27~28℃」にしておくのがいいでしょう。

熱帯夜のエアコン温度設定の目安

27~28℃

寝る際には冷房の設定温度を1℃上げて自動運転にしておくと、一晩中快適な環境で眠ることができます。

どうしても一晩の運転に抵抗があるのであれば、寝てから3~4時間後に冷房が切れるようにタイマーをセットしておきましょう。

一晩中つけっぱなしが気になる場合

切タイマーを3~4時間にセットするのがおすすめ

27~28℃くらいに設定しておくといいんだね。

もちろん人によって27~28℃だと“寒すぎる”“暑すぎる”ってことがあると思うけど、目安の温度を把握していると調整しやすいわよね。

室内温度が下がりすぎたら下がりすぎたで、寒くて夜中に起きちゃいそうだもんね。自分が快適に寝られる温度を見つけよう!

スポンサーリンク

湿度をコントロールすることも重要

寝苦しい熱帯夜、エアコンの設定温度を上手にコントロールすることも大切ですが、室内の湿度をコントロールすることも非常に大切になってきます。

熱帯夜、快眠を邪魔するのは室温の高さだけではありません。汗がうっとうしくベタつく不快感も寝苦しさの一因だとされているので、エアコンをドライモードにし、さらに設定温度を28℃前後に設定して湿度調整してみましょう。

エアコンの湿度設定の目安は50~60%とされているので、設定温度を調節してもなかなか熟睡できないという人は、ぜひ一度湿度設定も調整してみてくださいね。

熱帯夜の湿度設定の目安

50~60%

エアコンの温度設定と省エネの関係

エアコンを自動で切れるように設定しておいた場合、エアコンが切れた後に暑さで目が覚めることがあります。

その際は、再びエアコンのスイッチを入れる方が多いと思いますが、覚えておきたいのは「スイッチのON/OFFをするより、自動運転の方が電気代は安くつく場合も多い」ということです。

エアコンはスイッチを入れた瞬間からフルパワーで稼働するため、その際の電気代が多くかかります。一度エアコンのスイッチを入れたら、設定温度を高めにしてずっと運転させておいた方がお得になることも多いのです。

エアコンの種類や間取りなどの条件によって変わりますが、冷房時の設定温度については1℃上げることで10%程度の省エネになるとされています。ですから普段27℃で設定している方はぜひ28℃に変えてみてくださいね。

エアコン冷房時の設定温度

設定温度を1℃上げることで約10%の節電効果が期待できる

たった1℃で10%の節電効果ってすごいわよね。

確かに確かに!ムリするのはよくないと思うけど、設定温度の下げすぎは注意したいね!

節電は地球にもお財布にもやさしい

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

電力会社を比較して電気料金を安く!

▲ ページトップへ