1. エアコンの室外機カバーは逆効果?すだれなどの日除けや防雪ネットなどはおすすめ

エアコンの室外機カバーは逆効果?すだれなどの日除けや防雪ネットなどはおすすめ

室外機

最近、エアコンの室外機カバーっていうのが流行ってるみたいだけど、あれって節電する時は逆効果みたいなの。今回はどうして室外機カバーが逆効果なのか、そして室外機にどんな工夫をすれば節電になるのか説明するわね。

エアコンの室外機カバーは逆効果!

お世辞にも格好いいとは言えないエアコンの室外機をすっぽり囲んでくれる室外機カバーっておしゃれだよねぇ。今度買ってみない?

ちょっと待って!確かにおしゃれで魅力的な室外機カバーだけど、実は取り付けることで逆に暖房や冷房の効率が悪くなっちゃうことがあるの。つまり、取り付けることで余計に電気代がかかることもあるってこと。

えぇ!

エアコンメーカーのダイキンも室外機カバーは使わない方がいいって言ってるくらいなのよ。だから電気代を少しでも節約したいなら室外機カバーの購入はおすすめできないわ…。

そ、そうなんだ…。でも、どうして室外機カバーをつけるだけでエアコンの効率が悪くなっちゃうの?

冷房時、室外機カバーが放熱を邪魔する!

冷房時の室外機っていうのはね、部屋の中にあった暖かい空気を外に捨てて放熱してるの。

ふむふむ。

でもね、室外機カバーで室外機が周りを囲まれていたら暖かい空気を上手く外に捨てられない、つまり上手く放熱できない可能性があるのよ。そうなると余計な電力を使うことになるから節電には向かないって言われてるのね。

確かに機械ものは放熱を邪魔しちゃダメってよく言うよね。

暖房時、室外機カバーが暖房効率を下げる!

暖房時は冷房時とは逆で、室外機は室内の冷えた空気を外に吐き出してるの。そして外の空気の熱を吸い込むんだけど、室外機カバーで周りを囲まれてると吐き出した冷たい空気が室外機の後ろに回り込んじゃって、それを吸い込んじゃうことがあるのよ。

なるほど。

そして、冷たい空気を吸い込むことで暖房の効率が落ちるって言われてるの。だから室外機カバーは冷房、暖房のどっちを使うにしても良くないと思うわ。

スポンサーリンク

室外機の周りに物を置くのもNG

そうそう。室外機の周りに植物とかダンボールとかいろいろ置くのもNGよ。室外機まわりの風通しが悪いと電力を余分に消費するって言われてるの。

室外機カバーや他のもので室外機を隠すのはよくないってことだね。

室外機の周りの雑草が伸びてしまっているような場合も、しっかり除草したほうがよさそうよね。

冷房時はすだれや植物のカーテンなどで節電!

冷房時はすだれや植物のカーテンで節電効果が高くなるって言われてるの。

すだれ・よしずで直射日光を避ける

冷房運転の時、室外機は部屋の中の温かい空気を逃がす役割をしてるの。そんな室外機に直射日光が当たって本体の温度が高くなっちゃうと、熱を放出するのに多くのエネルギーが必要になっちゃうのよ。

つまり、余計に電気代がかかるってこと?

その可能性が高いわ。だから、夏場はすだれ・よしずを使って室外機に直射日光が当たらないようにしてあげるのがおすすめよ。太陽が動いても日が当たらないように、少し大きめのすだれ・よしずを設置するのがいいかもしれないわ。

すだれを設置するくらいならそう難しくなさそうだね。

植物のカーテンもおすすめ

背の高めの植物を使って緑のカーテン(グリーンカーテン)を作ってあげるのもいいかもしれないわね。要は室外機に直射日光が当たらなければ節電になるわけだから、植物でもOKよ。

何だかおしゃれだねぇ。

ただ、室外機の働きを妨げるような設置の仕方はだめよ。放熱を邪魔しちゃうからね。少し離れたところにおいて日陰を作るのがポイントよ。

屋根だけの室外機カバーなら効果ありかも?

さっき室外機カバーは逆効果って言ったけど、屋根の部分しかない、いわゆる1枚板みたいなタイプの室外機カバーなら効果があるかもしれないわ。これなら周りを囲まないから放熱が邪魔されないしね。

そんなタイプもあるんだ。

ただ、かなり大きなものじゃないと室外機を完全に直射日光から守ることは出来ないから、すだれとかに比べるとおすすめ度は落ちるわね。

暖房時は防雪ネットや防雪フードなどで節電!

冬場は防雪ネットや防雪フードなどの設置が節電に繋がるわよ!

防雪ネットや防雪フードで雪対策

冬場の室外機、最大の敵とも言えるのが雪なの。雪で室外機の吸入口が目詰まりを起こせば暖房の機能が低下する可能性があるし、室外機の中に入れば凍結から運転効率が落ちることだってあるのよ。

そんなことがあるんだ。

他にも雪がフィンに張り付いて熱交換が上手くできなかったり。とにかく雪のせいで余計な電気代がかかることも少なくないの。だから雪対策に防雪ネットや防雪フードを取り付けるのも節電になると思うわ。

雪が多く振る地域なら必須だね!

防雪フードがあれば吸入口に雪が入り込みにくくなるしね。節電はもちろん、室外機をトラブルから守るためにも設置をおすすめするわ!

冬は直射日光が当たるようにものをどける

夏は直射日光対策としてすだれ・よしず等を導入してほしいんだけど、冬場は逆に日中の暖房効率を落とす可能性があるから外しておいた方がいいわよ。

ついつい付けっぱなしにしちゃったりするんだよね。

直射日光が当たらないと、より雪が積もりやすくなっちゃうしね。あと、通気部分を邪魔しないように室外機を黒い布で覆うと、室外機が暖まって日中の電気代が下げられるかもなんて話もあるの。ただ、これは本当か分からないから、そんな話もある程度に受けとってね。

こんな時は室外機カバーもあり!

基本的に室外機を覆う室外機カバーは逆効果で節電には向いてないんだけど、下みたいな時は利用するのもありかもしれないわね。

子供が指を入れてしまう対策に

室外機の悩みでたまに見かけるのが子供の心配ね。室外機のファンを覆う部分はしっかり目が細かく出来てるんだけど、子供の指だと入りそうなこともあるわよね。

もしも何かあったらと思うと…心配だよね。

そんな時は室外機カバーを使うのもありじゃないかしら。さすがに室外機カバーがあれば室外機のファンに指が触れちゃうこともないと思うわ。

エアコンを使わない時のおしゃれ目的で

エアコンを使わないシーズンは室外機カバーで覆っておくのもいいかも。エアコンを使わない時なら通気性のことを考えなくてもいいからね。室外機におしゃれなカバーをつければ外観もいい感じになるんじゃないかしら。

室外機っていかにも実用性重視みたいな見た目だからね。

ただ、エアコンを使う時に外すのが面倒だったり、使わない時の置き場所に困るとかってデメリットはあるわね。

室外機に日よけや雪除けを設置して節約しよう!

おしゃれな室外機カバーだけど、実はエアコンの効率を考えると逆効果って分かってもらえたかしら?

でも室外機に直射日光が当たったり、雪が入り込んだり積もったりするとエアコンの運転効率が低下して余計な電気代がかかることもあるの。だから電気代を少しでも節約したいなら日よけや雪除けをしっかりしてみてね。

節電は地球にもお財布にもやさしい

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

電力会社を比較して電気料金を安く!

▲ ページトップへ