1. 浴室暖房の電気代は高い!気になる消費電力と節電しつつ風呂場を温めるコツ

浴室暖房の電気代は高い!気になる消費電力と節電しつつ風呂場を温めるコツ

お風呂

冬はどこにいても寒さを感じ、ストレスになってしまうことがありますね。服を脱ぐお風呂場は一層寒さを感じてしまうのではないでしょうか。浴室暖房はそんな寒さとの戦いになるお風呂場を快適にしてくれる暖房器具です。ですが、消費電力が悩みの種になることも。気になる浴室暖房の消費電力をおさえながら、節電しつつお風呂場を温めるコツも身につけて、冬の入浴タイムの経済的ストレスも減らしましょう。

浴室暖房ができる機器のメリットについて

浴室の暖房を行うことで、寒いお風呂場に入るストレスを軽減することができる、というのは大きなメリットですね。入浴前にあたためることができますが、入浴中も機能の活用によってあたたかい環境で過ごすことができます。寒いお風呂場は単なるストレスだけでなく、ヒートショックのように健康面での心配や注意点もよく挙げられていますが、浴室暖房によってヒートショックの防止にもなるでしょう。

また、浴室暖房ができる機器には、浴室の暖房ができること以外に複数の機能が付いていることも見られますが、衣類乾燥機能も便利な機能の一つです。天気が悪い日でも浴室に洗濯物を干して乾かすことができるでしょう。換気の機能では、浴室の乾燥にも役立ちカビの防止になりますので衛生面や掃除などにおいてもメリットが期待でき、空気の循環によって気になりやすい臭いを防ぐことにもつながります。また、冬場の活用に限らず、涼風機能によって夏にも活躍してくれることから、季節を問わず活用できるアイテムとなるでしょう。

スポンサーリンク

浴室暖房の気になる電気代と節電について

お風呂場を快適にする浴室暖房機器ですが、消費電力の面ではデメリットにつながってしまうことも。残念ながら電気代が高いことで注目されてしまうことがありますが、機械のモードによって消費電力の値は変わってきます。換気や涼風の機能ではそれほど電力を使用しませんが、暖房や衣類乾燥などの機能の消費電力は比較的高い値となりますので上手に活用していきましょう。

暖房機能については、個々の機械によって違いがあり、強弱のモードによっても変わってきます。強で暖房を使うと1時間30円付近の電気代が必要になることがあるでしょう。場合によっては60円を超えるものもありますので、個々の消費電力をチェックしておくことがポイントです。ですが、浴室があたたまるまでの時間もそれぞれの機械によって違いがあり、15分から1時間程度の幅もあります。あたたまるまでの時間によって電気代も変わってきますので合わせて参考にしてみましょう。

消費電力をおさえるためには、モードの選び方なども影響してきます。弱の暖房なら1時間16円ほどで行えることもありますので、入浴前と入浴中でモードを切り替えて、入浴中は弱にしたり暖房をオフにしたりすることもポイントです。暖房予約やタイマーなどの機能を活用しながら、消し忘れにも注意しましょう。

お風呂場をあたためるコツ

浴室暖房の機器を使うだけでなく、お風呂場をあたためる方法はほかにもありますので上手に生かして節電につなげましょう。床からくる冷えには、お風呂場用のマットや畳などを敷くことで役立つことがあります。保温性のあるアイテムを探して敷いてみるのも良いですね。

また、暑いお湯を湯船にためることも役立つ方法です。その際には、シャワーでお湯を溜めて蒸気を発生させる工夫も参考にしてみましょう。床や壁にあたたかいシャワーをかけることも寒さをしのぐためのコツです。窓からの冷えが気になる時には、内窓を付けるなど、お風呂場の窓を断熱窓にする方法もありますので参考にしてみてくださいね。お風呂場のあたたかさが逃げないようにドアを閉めたり、入浴中は換気扇を切ったりすることなどの些細なことにも取り組んでみましょう。

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ