おすすめの電力会社ランキング98社比較

暖房の節電なら湿度にも注目!体感温度と湿度の関係を知って寒さ対策しよう

加湿器

エアコンの温度を高めにしているのに、あまりあたたかく感じられない……なんてことありませんか? その原因には湿度環境が関係しているかもしれません。冬の寒さをしのぐには、体感温度を上げることもポイントですが、室温を高く設定すればそれで良いというわけではなく、さまざまな環境が整うことも要素になっています。今回は、暖房の環境に注目して体感温度と湿度の関係を探ってみました。湿度の役割を知って、節電対策に役立てていきましょう。

2万円も節約できるチャンス!?

あしたでんき

電力料金を安くしたいと思っている方に、最もおすすめしたいのが「あしたでんき」です。

電気料金が跳ね上がる夏、あしたでんきに切り替えて浮いたお金でちょっぴり贅沢しませんか?

【あしたでんきのメリット】

  • 年20,000円以上の節約を多くの方が実現
  • ずっと基本料金は0円(無料)
  • とにかくお得!業界でも最安水準
  • 手数料・解約金・違約金一切なし
  • 切り替え簡単!お試し感覚でOK
  • 対応の良さが抜群

とにかく電気料金が安いというのが、あしたでんきが選ばれている一番の理由。以下のシミュレーション結果をクリックして見れば納得ですよね!

料金シミュレーション結果(公式サイト)
3人以上の世帯例
(1月:600kwh/50Aで算出)
22,209円お得
2人世帯の例
(1月:500kwh/40Aで算出)
13,978円お得
1人暮らしの例
(1月:290kwh/30Aで算出)
2,558円お得
※東京電力エリアで試算

申し込みをするだけで面倒な手続きも工事も一切なし。手数料や解約金もないので、お試し感覚で一度切り替えて、合わなかったら解約でOK。

消費税10%になった今だからこそ節約できるところはしっかりと対策を!早く切り替えるほど節約効果は大きいですよ!

北海道・北陸・四国電力エリアの方には「Looopでんき」が最もおすすめです。基本料金0円で安い!

体感温度って何?

体感温度は、私たちの体が感じる温度の感覚を意味していますが、温度計の数字がそのまま反映されたものとは異なることがあります。例えば、気温が25度あるのに、体感温度は15度、という場合もあるでしょう。体感温度は、気温だけでなく湿度や風の度合いによっても左右されるため、その時々の環境によって違いがあります。まずは、気温そのものが体感温度ではないということをおさえておきましょう。湿度や風速だけでなく、着ている服やその時々の活動状況、建物のふく射熱なども関係してくるため、複雑な部分もありますが、室内の環境を全体的に把握しながら体感温度を高める工夫に挑戦してみると良いですね。

電力診断バナー

温度と湿度の快適な環境と節電について

季節によって快適な温度や湿度には違いがありますが、冬の場合は、室温20度付近、湿度は50%代がおすすめされています。暖房を付ける時には、体が感じる快適さに注目して設定してみると良いでしょう。温度管理だけでなく湿度管理も意識して、気持ちの良い環境を作り出すことがコツです。エアコンの設定温度を1度下げると10%の節電ができる、という数字はしばしば見られますが、年間にすると1,000円ほどの節約につながることもありますよ。エアコンの場合には、サーキュレーターで空気を循環させたり、フィルターの掃除をこまめに行ったりすることも節電に役立ちますので、全体的に見直しながら経済的にも快適な環境作りを心がけてみましょう。

電力診断バナー

湿度管理に注目!

体感温度を上げるには、温度と湿度の関係がカギとなっています。具体的なおすすめの数値を参考に、自分の感じる温度の感覚と室内の環境を見比べて調整してみましょう。温度だけを高く設定してもあたたかさを十分に感じられない時には、湿度が低くなっている可能性があります。例えば、夏はじめじめしているとなかなか涼しさを感じられないことがありますね。夏場と冬場では環境が異なりますが、関係性では共通している部分もあるでしょう。冬場には、湿度を上げると気温は同じでもよりあたたかく感じられることがあります。

湿度は、低いとインフルエンザや風邪などの病気にかかりやすくなったり、肌が乾燥したりすることがありますので、湿度を上げることはこれらのデメリットの解決にも役立つでしょう。ですが、湿度が高すぎると、カビが生えやすくなるなどのトラブルもありますので、バランス良く調整していくことがポイントです。

湿度を上げるにはどうしたらいいの?

エアコンで管理している時には、湿度の設定を確認して調整してみましょう。そのほかには、加湿器を活用したり、洗濯物を家の中に干したりする方法もあります。また、暖房器具にはそれぞれ特徴がありますので、使っている暖房器具の特徴も考慮してみると参考になるでしょう。暖房器具によって乾燥しやすいかどうかなどの環境も変わってきます。例えば、ガスファンヒーターはガスを燃焼することで水蒸気が発生するメリットがありますが、このような特徴も参考に暖房器具を選んでみるのも良いですね。そのほか、加湿機能付きのセラミックヒーターなど、機器には湿度に注目した工夫も見られますので、使いやすいものを上手に活用していきましょう。