1. ソフトバンクの自然でんきがさらにエリア拡大!5エリアとプラン内容をチェック

ソフトバンクの自然でんきがさらにエリア拡大!5エリアとプラン内容をチェック

ソフトバンクでんき 自然でんき

2017年11月1日から、「自然でんき」のサービスに5つのエリアが追加されました。今回追加されたエリアは、東北電力エリア、中部電力エリア、中国電力エリア、四国電力エリア、九州電力エリアで、現在は合計で8つのエリアに展開中です。「自然でんき」の特徴も振り返りながら新しいエリアのプラン内容をご紹介します。

「自然でんき」の特徴をチェック

ソフトバンクの電力サービスのうち、「おうちプラン」と並んでおすすめされるプランの一つで、自然環境保全活動や再生可能エネルギーに興味のある人にもおすすめです。2017年2月1日から、それまでに設けられていた「FITでんきプラン」をリニューアルする形で生まれ、北海道電力エリア、東京電力エリア、関西電力エリアにサービスをスタートしました。ソフトバンクグループの「SBエナジー株式会社」などでは、再生可能エネルギーでの発電事業を行っていますが、そこで発電した電気を「SBパワー株式会社」が供給するしくみです。

国が運営する取り組みの中に「J‐クレジット」制度と呼ばれるものがありますが、これはCO2などの排出を削減した量や吸収した量をクレジットとして国が認証する制度です。「自然でんき」では、1契約ごとにこの「J‐クレジット」認証事業へ毎月50円の支援を行うところが特徴。サービスを利用する側は、「自然でんき」を活用することで自動的に自然環境保全の取り組みに参加することができるでしょう。

「自然でんき」のメリットまとめ

さらに以下のメリットがありますので、合わせて参考にしてみてください。申し込みは、「自然でんき」のwebページから申し込むことができますよ。

  • 基本料金が無料の0円
  • 電源構成は70%がFITエネルギーを使用している
  • 解約の際の事務手数料や違約金はかからず、1年ごとの契約も可能
  • 全てソフトバンクのサービスを利用していれば、電気代を携帯電話料金やインターネット料金と一緒に支払える

スポンサーリンク

拡大エリアのプラン内容をチェック

基本料金はそれぞれ無料で、東北電力エリアと中部電力エリアの従量料金は1kWhにつき27円、中国電力エリアと四国エリアの従量料金は1kWhにつき25円、九州電力エリアの従量料金は1kWhにつき24円です。エリアによって料金に差がありますので、お住まいの地域に合わせて確認してみましょう。

また、元々提供されていた東京電力エリアと関西電力エリアの料金も、2017年11月の検針分から料金が変更になりましたので、合わせてご紹介します。東京電力エリアの従量料金は1kWhにつき27円でしたが、こちらが26円に改訂。関西電力エリアの従量料金は1kWhにつき28円でしたが、5円安い23円に改訂されました。

お得の度合いはシミュレーションで

電気料金がどの程度お得になるかは、ホームページにあるシミュレーション機能を活用してみるとわかることも。場合によってはお得にならないケースもありますが、詳しい結果が出ますので参考にしてみましょう。契約中の電力会社、電気の契約の種類、契約容量、対象年月を指定した電気料金または使用量、郵便番号などを入力するとシミュレーションすることができます。4人以上の家族の場合には、2年間で45,000円近いお得になるケースも!

「おうちレスキュー」の特典もゲット!

「自然でんき」のプランに申し込むと、水周り、カギ、ガラスの3つのトラブルに応急処置をしてくれるサービスが付いてくるのもポイント。水漏れしたり、配管やトイレが詰まったりしたなどのトラブル、家の鍵をなくしたり鍵が壊れたりしたなどのトラブル、ガラスにヒビが入ったり割れたりしたなどのトラブルに、適用がスタートしてから2年間、出張料と30分以内の作業量を無料で行ってくれるでしょう。専用のコールセンターが設けられていて、24時間365日いつでも受け付けています。

電力会社の切替えは簡単!節約の最初の一歩

なぁーるほど!電力自由化って奥が深いですねぇ。

そうなんじゃ。電気の世界はとっても深いんじゃよ!電力会社も環境への優しさで選んでみたり、電気料金で選んでみたりできるからのう。調べてみるのもなかなか面白いぞ。

僕も電力会社を比較をしてみればピッタリの電力会社がわかるんですよねぇ?

そういうことじゃ。はじめは複雑で面倒に思うかもしれんが、やってみるとそんなに難しいことはないぞ。

そっかぁ。だったら僕も、自分にピッタリな電力会社がないか調べてみようかな!

スポンサーリンク

電力会社を比較して電気料金を安く!

▲ ページトップへ