おすすめの電力会社ランキング98社比較

関西電力が提供する東京電力エリア向けプラン!首都圏に住む人のメリットは?

はぴeみる電

東京電力エリア向けのプランは、「はぴeプラス」として2016年7月からスタートしました。2017年10月からは、料金の見直しが発表されさらに魅力的なプランに。プランの概要やサービスを見ながら首都圏に住む人のメリットを探ってみましょう。

2万円も節約できるチャンス!?

あしたでんき

電力料金を安くしたいと思っている方に、最もおすすめしたいのが「あしたでんき」です。

電気料金が跳ね上がる夏、あしたでんきに切り替えて浮いたお金でちょっぴり贅沢しませんか?

【あしたでんきのメリット】

  • 年20,000円以上の節約を多くの方が実現
  • ずっと基本料金は0円(無料)
  • とにかくお得!業界でも最安水準
  • 手数料・解約金・違約金一切なし
  • 切り替え簡単!お試し感覚でOK
  • 対応の良さが抜群

とにかく電気料金が安いというのが、あしたでんきが選ばれている一番の理由。以下のシミュレーション結果をクリックして見れば納得ですよね!

料金シミュレーション結果(公式サイト)
3人以上の世帯例
(1月:600kwh/50Aで算出)
22,209円お得
2人世帯の例
(1月:500kwh/40Aで算出)
13,978円お得
1人暮らしの例
(1月:290kwh/30Aで算出)
2,558円お得
※東京電力エリアで試算

申し込みをするだけで面倒な手続きも工事も一切なし。手数料や解約金もないので、お試し感覚で一度切り替えて、合わなかったら解約でOK。

2019年9月末日までの申し込みなら「Amazonギフト券 2,000円分プレゼント」のキャンペーンがあるので、よりお得感が大きいはず!早く切り替えるほど節約に!

北海道・北陸・四国電力エリアの方には「Looopでんき」が最もおすすめです。基本料金0円で安い!

「はぴeプラス」ってどんなプラン?

詳しくは、一部地域を除く、栃木県、群馬県、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県のエリアを対象としたプランです。東京電力の30A以上の「従量電灯B」と比較すると、電気使用量に関わらずお得になることが大きなメリットの一つ。使用量が多くなるほどお得になるしくみでもあります。初期費用なし、手続きが簡単、長期契約や解約金もなし、などの安心条件もポイント。

詳しい料金設定と東京電力のプランとの比較

基本料金は、契約電力が6kW以下の場合1契約につき788.4円、6kWを超えた分は、最初の6kWまでが1契約につき1630.8円、6kWを超えると1kWにつき280.8円となっています。東京電力の従量電灯Bの30Aの基本料金は、1契約につき842.4円となっていますので、6kW以下の場合と比較すると、54円のお得になるでしょう。

電力量料金は3段階で、最初の120kWhまでが1 kWhにつき19.42円、120 kWhを超えて300 kWhまでが1 kWhにつき25.57円、300 kWhを超えると1 kWhにつき27.59円となっています。東京電力の従量電灯Bの電力量料金は、同じ3段階の値でそれぞれ1kWhにつき、19.52円、26円、30.02円となっていますので、比較するとそれぞれ、0.1円、0.43円、2.43円のお得になるでしょう。これらの値からも、たくさん使うほどお得な金額になることがわかりますね。

スポンサーリンク

「はぴeプラス」の3つのメリット

電気のトラブル時の無料サポートが付いてくる

家の中の電気が急に点かなくなってしまった、ブレーカーが頻繁に落ちるなどのトラブルなどに対して、点検や調査、応急処置などを、60分以内の作業費と出張費を無料で行ってくれるサービスがあります。24時間365日、電話をかければ駆けつけてくれるところも魅力。

暮らしに役立つサービスが充実

「はぴe暮らしサポート」では、通常324円の月額料金がかかりますが、指定の条件を満たして登録すると、水まわり、窓ガラス、玄関の鍵、の3つのトラブルに駆けつけてくれます。蛇口から水が漏れたり、トイレが詰まったり、窓ガラスが割れてしまったり、家の鍵をなくしてしまったりした時に、30分の応急処置を無料で行ってくれるサービス。加えて、グルメやホテル、レジャーなどのその他のサービスを優待価格で利用できる特典も設けられています。

「はぴeみる電」は、電気の使用量の様子や電気料金をインターネットで確認することができるサービスです。ショッピングやレジャーなどの情報に加えて口コミやクーポン情報など、暮らしに役立つ情報の提供も。複数のポイントを管理できるポイント通帳などの機能も設けられています。

「はぴeポイント」は、登録費と年会費が無料で利用できるサービスで、登録すれば、電気の使用やゲーム、アンケート、WEBサイトの利用などでポイントを貯めることができます。貯めたポイントは、キッチン用品やグルメなどのアイテム、他社ポイントなどに交換できるでしょう。抽選に応募したり、特定の団体を応援できるサービスもあります。

数千円から一万円を超える電気料金のお得

東京電力の従量電灯Bからの切り替えによるモデルケースでは、契約電力が6kW以下の「はぴeプラス」で、ひと月あたり40Aで400kWhの電気を使用している場合に年間で約8,000円のお得になるケースが挙げられています。

50Aで500kWhの電気を使用している場合には、年間で約14,200円のお得になるケースも。また、ポイントサービスを活用すると、それぞれのケースによって1,000円や1,200円相当のはぴeポイントが貯まりますので、合算するとさらなるお得も期待できるでしょう。