1. 旅行会社H.I.Sが電力自由化で電力販売!店頭でも申し込み可能

旅行会社H.I.Sが電力自由化で電力販売!店頭でも申し込み可能

HIS 電気

誰もが知る旅行会社のH.I.Sもなんと電力自由化で電力販売に乗り出しました。今回はその特徴や料金などの気になる情報をピックアップ。店頭でも申し込み可能とされる販売方法なども合わせて紹介します。

H.I.Sの料金プランは?

H.I.Sは電力販売を東京電力や関西電力、中国電力など様々なエリアでおこないます。北陸電力と四国電力など、一部対応していないエリアもあるものの、かなり広い範囲で契約できると考えて大丈夫でしょう。そんなH.I.Sの料金プランは従量電灯BとCに相当するものが用意されています。各プランには地域ごとの名前が付けられており、東京電力エリアなら「東京大江戸プラン」、関西電力エリアなら「関西たこやきプラン」など、何となく旅行会社らしさを感じるところです。

さて、話がそれましたが、肝心の料金を見ていきましょう。基本的にはどのエリアも同じ設定となっており、一律で既存の電力会社から5%引きとなっています。これは基本料金でも同じことで、全ての契約において5%引き。基本料金の高いプランほど割引の具体的な金額が大きくなるでしょう。単純に考えて、毎月の電気代が1万円の家庭なら月々500円引き、年間にすれば6,000円引きです。オール電化の家庭ならさらに電気代が高くなることもあり、年間1万円を超える割引も夢じゃありません。基本的にデメリットが無いのも魅力でしょう。

スポンサーリンク

H.I.Sは店頭でも申し込み可能!

冒頭でも触れたように、H.I.Sの電力は店頭でも申し込みが可能です。しかも、申し込み自体は非常に簡単なもの。申込書に必要な名前やメールアドレスなどを入力して提出したら、HTBエナジーから本契約の書類が届くのを待ち、書類に契約の合意などを記入し、送り返せば終わりです。後はHTBエナジーが電力会社の切り替え等の処理をおこなってくれるので、切り替え完了まで待ちましょう。店頭での申し込みなら、何か分からないことがあってもスタッフに対応してもらえるので安心。WEBからの申し込みが苦手な人にもおすすめです。H.I.Sの店舗は全国で300か所ほどあるので、店頭での申し込みを希望の方はホームページなどで近くの店舗を探してみましょう。ちなみに、WEBからの申し込みも基本的な手順は同じ。申込書がメールになるなど、細かい違いがある程度です。

HTBエナジーとは

先ほど急に名前を出しましたが、HTBエナジーとはH.I.Sのグループ会社、ハウステンボスの子会社で、LNG火力発電などのクリーンなエネルギーを中心に新電力を提供する会社です。H.I.Sの電力はこのHTBエナジーから供給されるもので、H.I.Sは仲介的な役割。こういった理由から契約書などはHTBエナジーから送られてきます。

旅行とセットでお得!

旅行会社の電力販売には、当然ながら旅行とセットでお得になるキャンペーンが用意されています。こちらは3月31日までの申し込みで海外旅行なら2,000円割引、国内旅行なら1,000円割引になるというもの。1人当たりの金額が海外の場合は5万円以上、国内の場合は3万円以上のH.I.S主催ツアーに限定されますが、旅行好きにとって割引は非常に嬉しいでしょう。これに加えて電気代も5%割引で万々歳です。

まとめ

簡単にまとめるとH.I.Sの電力は店頭申し込みが可能で、必ず5%割引が付与され、キャンペーンで旅行も割引される、といった感じでしょうか。最近は店頭での申し込みを行っていないサービスも多いので、店頭申し込みにメリットを感じる方も多いのではないでしょうか。実際に店舗を訪れて、いろいろと聞いてみるのもいいでしょう。知名度のある会社なので安心感があるのも嬉しいところです。

なぁーるほど!電力自由化って奥が深いですねぇ。

そうなんじゃ。電気の世界はとっても深いんじゃよ!電力会社も環境への優しさで選んでみたり、電気料金で選んでみたりできるからのう。調べてみるのもなかなか面白いぞ。

僕も電力会社を比較をしてみればピッタリの電力会社がわかるんですよねぇ?

そういうことじゃ。はじめは複雑で面倒に思うかもしれんが、やってみるとそんなに難しいことはないぞ。

そっかぁ。だったら僕も、自分にピッタリな電力会社がないか調べてみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!

出典: http://www.his-j.com/denki/

ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ