1. 東京電力の関西電力エリア家庭向け新プラン「スタンダードA」とは?

東京電力の関西電力エリア家庭向け新プラン「スタンダードA」とは?

東京電力

今回は、東京電力の関西電力エリアに新しく登場した家庭向けプラン「スタンダードA」を、全体的なプラン内容と合わせて探ってみました。お得なポイントをつかんで、プラン選びの参考にしてみてくださいね。

関西エリアにはどんなプランがあるの?

プランは大きく分けると、「スタンダードプラン」と「プレミアムプラン」があります。スタンダードプランにはさらに2つのプランがあり、「スタンダードX」と並んで追加されたのが「スタンダードA」です。

「プレミアムプラン」は、400kWhまでは定額で400kWhを超えると使用料に応じてお得に設定されている、電気をよく使う人向けのプラン。「プレミアムプラン」と「スタンダードX」には基本料金があり、電気を使用した実績に基づいて基本料金を決めるしくみとなり、直近の1年間で使用した電力の最大値を元に決定することになっていますので合わせて参考にしてみましょう。

スポンサーリンク

新プラン「スタンダードA」の特徴は?

2017年の2月から受付が開始された「スタンダードA」は、関西電力の従量電灯Aに比べて120kWhを超えたところから2円ほど安い料金設定になっているところがポイントです。120kWhまでは同じ料金のため、検討しやすいこともあるでしょう。

基本料金がなく、電気を使用した量によって料金の段階が設けられていて、最初の15kWhまでの定額料金と120 kWhまでは関西電力と同じですが、300 kWhまでは1 kWhにつき26.58円、300 kWhを超えると1 kWhにつき31.32円というのが違いです。ひと月あたり300 kWh以上になると、単純計算で年間の電気料金が6000円弱から1万円を超えるお得になる場合も挙げられています。

なぁーるほど!電力自由化って奥が深いですねぇ。

そうなんじゃ。電気の世界はとっても深いんじゃよ!電力会社も環境への優しさで選んでみたり、電気料金で選んでみたりできるからのう。調べてみるのもなかなか面白いぞ。

僕も電力会社を比較をしてみればピッタリの電力会社がわかるんですよねぇ?

そういうことじゃ。はじめは複雑で面倒に思うかもしれんが、やってみるとそんなに難しいことはないぞ。

そっかぁ。だったら僕も、自分にピッタリな電力会社がないか調べてみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ