おすすめの電力会社ランキング98社比較

グリーナでんき(GREENaでんき)!100%自然エネルギーを提供する新電力のプラン

エコなイメージ

今回は、日本で初めて100%自然エネルギーを可能にしたプランを強みに持つ電力サービス、グリーナでんき(GREENaでんき)についてご紹介します。再生可能エネルギーとも呼ばれる自然エネルギーの内訳は、太陽光、風力、小水力、地熱、バイオマス、など。資源がなくなることや、CO2の排出、廃棄物の心配がないところがポイントです。自然環境を配慮した電力プランについて詳しく見てみましょう。

2万円も節約できるチャンス!?

あしたでんき

電力料金を安くしたいと思っている方に、最もおすすめしたいのが「あしたでんき」です。

電気料金が跳ね上がる夏、あしたでんきに切り替えて浮いたお金でちょっぴり贅沢しませんか?

【あしたでんきのメリット】

  • 年20,000円以上の節約を多くの方が実現
  • ずっと基本料金は0円(無料)
  • とにかくお得!業界でも最安水準
  • 手数料・解約金・違約金一切なし
  • 切り替え簡単!お試し感覚でOK
  • 対応の良さが抜群

とにかく電気料金が安いというのが、あしたでんきが選ばれている一番の理由。以下のシミュレーション結果をクリックして見れば納得ですよね!

料金シミュレーション結果(公式サイト)
3人以上の世帯例
(1月:600kwh/50Aで算出)
22,209円お得
2人世帯の例
(1月:500kwh/40Aで算出)
13,978円お得
1人暮らしの例
(1月:290kwh/30Aで算出)
2,558円お得
※東京電力エリアで試算

申し込みをするだけで面倒な手続きも工事も一切なし。手数料や解約金もないので、お試し感覚で一度切り替えて、合わなかったら解約でOK。

消費税10%になった今だからこそ節約できるところはしっかりと対策を!早く切り替えるほど節約効果は大きいですよ!

北海道・北陸・四国電力エリアの方には「Looopでんき」が最もおすすめです。基本料金0円で安い!

グリーナでんきってどんな電力サービス?

長野県に本社のある「ネクストエナジー・アンド・リソース株式会社」が運営する電力サービスです。2003年に設立した会社で、太陽光発電所などの設計や、中古太陽光発電装置の買い取りや販売などを行うなど、太陽光の働きに注目すると共に自然エネルギーの普及に取り組んできたところが特徴。東京、大阪、名古屋の支店や営業所のほか、ベトナムにも事務所を設けています。

2015年11月に「GREENa」が誕生し、2017年2月に、家庭向けの電力サービスがスタートされました。電力プランは「GREENa RE100プラン」と「GREENa スタンダードプラン」の2つのプランが提供されています。供給エリアは、東京電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリアの3箇所ありますのでお住まいの地域に合わせて検討してみましょう。

電力診断バナー

グリーン電力証書とは?

電力プランの前に、グリーン電力証書について知っておくとより内容がわかりやすくなるでしょう。グリーン電力は、自然エネルギーによる電力に含まれる環境価値を表した言葉です。電気そのものの価値だけでなく、自然にやさしいという環境に対する価値も見出しているところが特徴。2001年に誕生したグリーン電力証書は、複数地域に設けられているグリーン発電所から発行されます。

グリーン電力証書の販売や購入によって環境価値の移転ができるしくみで、電気を利用する側はグリーン電力証書を買うと、買った量の分だけ、使った電気が自然エネルギーによって発電された電気と同等になるというシステムです。

電力診断バナー

「GREENa RE100プラン」について

100%自然エネルギーのプランとなり、自然エネルギーであるFIT電気とグリーン電力証書を活用しているところが特徴です。グリーン電力証書は、購入する発電所を選ぶこともできますので、発電所を選んで応援することも可能。プラン内容は、ファミリー、ビジネス、動力の3種類に分かれています。

ファミリープランの契約アンペアは、30A~60Aまでとなり、基本料金は、東京電力エリアと中部電力エリアが契約アンペアに従って842.4円~1684.8円。関西電力エリアが最初の15kWhまでの最低料金として327.65円に設定されています。電力量料金は、最初の120 kWhまで、120 kWhを超えて300 kWhまで、300 kWhを超える場合の3段階で、関西電力の場合は最初の段階が15kWhを超えて120 kWhまでになるでしょう。3段階の1 kWhあたりの料金は以下になります。

  • 東京電力エリア 19.52円、26円、30.02円
  • 中部電力エリア 20.68円、25.08円、27.97円
  • 関西電力エリア 20.74円、26.19円、29.94円

「GREENa スタンダードプラン」との違い

選べるもう一つの方のスタンダードプランの場合は、自然エネルギーであるFIT電力は50%ですが、CO2排出係数はゼロという特徴があります。「GREENa RE100プラン」と比べるとお得な電気代で使用できるでしょう。ファミリー、ビジネス、動力の3種類のプラン内容は同じで、ファミリープランの契約アンペアも同じく30A~60Aまでです。

基本料金は、東京電力エリアと中部電力エリアが契約アンペアに従って、817.12円~1634.25円。関西電力エリアは変わらず最初の15kWhまでの最低料金として327.65円です。電力量料金の3段階の分類は同じですが、1 kWhあたりの料金は以下になります。

  • 東京電力エリア 19.52円、24.7円、27.61円
  • 中部電力エリア 20.68円、24.32円、26.57円
  • 関西電力エリア 19.76円、24.88円、26.94円

選べる2つのプランはどちらにも魅力がありますので、利用環境に合わせて検討してみてくださいね。