おすすめの電力会社ランキング98社比較

大東エナジーが事業縮小!いい部屋でんき利用者は変更手続きが必要

いい部屋でんき

今回は、大東エナジーの業務縮小についての現状を探ってみました。サービス提供が難しくなった背景には、電力市場価格の高騰とシステムの改修困難という説明も書かれています。

電力自由化の背景にある経済問題も考えさせられるニュースとなりましたが、電力市場価格の高騰については、2017年の夏頃に電力の市場価格の値上がりが目立つ様子もあり、新しい電力会社が破綻するのではという心配の声も挙げられていました。大東エナジーの今までのサービスの流れと合わせて、変更手続きの詳しい情報を見ていきましょう。

2万円も節約できるチャンス!?

あしたでんき

電力料金を安くしたいと思っている方に、最もおすすめしたいのが「あしたでんき」です。

電気料金が跳ね上がる夏、あしたでんきに切り替えて浮いたお金でちょっぴり贅沢しませんか?

【あしたでんきのメリット】

  • 年20,000円以上の節約を多くの方が実現
  • ずっと基本料金は0円(無料)
  • とにかくお得!業界でも最安水準
  • 手数料・解約金・違約金一切なし
  • 切り替え簡単!お試し感覚でOK
  • 対応の良さが抜群

とにかく電気料金が安いというのが、あしたでんきが選ばれている一番の理由。以下のシミュレーション結果をクリックして見れば納得ですよね!

料金シミュレーション結果(公式サイト)
3人以上の世帯例
(1月:600kwh/50Aで算出)
22,209円お得
2人世帯の例
(1月:500kwh/40Aで算出)
13,978円お得
1人暮らしの例
(1月:290kwh/30Aで算出)
2,558円お得
※東京電力エリアで試算

申し込みをするだけで面倒な手続きも工事も一切なし。手数料や解約金もないので、お試し感覚で一度切り替えて、合わなかったら解約でOK。

2019年9月末日までの申し込みなら「Amazonギフト券 2,000円分プレゼント」のキャンペーンがあるので、よりお得感が大きいはず!早く切り替えるほど節約に!

北海道・北陸・四国電力エリアの方には「Looopでんき」が最もおすすめです。基本料金0円で安い!

大東エナジー株式会社と「いい部屋でんき」の歩みについて

大東エナジー株式会社は、2014年の8月に設立され、約2年後の2016年5月から「いい部屋でんき」の申し込みがスタートされました。その後2017年の4月に「いい部屋でんき」の新規申し込み受付が一時ストップ、8月には全ての申し込み受付が停止され、今回2017年11月に事業縮小とほかの電力会社への変更手続きのお願いが発表された状態です。

以前からも「いい部屋でんき」を必ず使用しなければ電気を使えないというのではなく、ほかの電力会社のサービスを利用することも可能だったため、環境としてはそれほど大きな変化はないでしょう。家賃や携帯電話料金、ガス料金などの割引とも関係なく、ポイントサービスなどもなかったため、今までの生活に大きな負担になることはなさそうです。ただ、各エリアの電力会社よりはリーズナブルなメリットがありましたので、切り替えの際にはお得に利用できる電力会社やサービスを探してみると良いでしょう。

「いい部屋でんき」ってどんなサービスだったの?

「大東建託グループ」が管理する住宅に住んでいる人向けの電力サービスで、入居者限定サービスとして提供され、以前から住んでいた人も申し込むことができていました。家賃と一緒に電気料金を支払えるサービスを設けるなどの特徴も魅力。提供エリアは、沖縄電力エリアを除く全国と、大きな規模で展開されていたことも特徴です。

スポンサーリンク

電力会社の変更手続きについて

サービス提供エリアである、北海道、東北、東京、北陸、中部、関西、中国、四国、九州、のエリアに変更手続きについてのお願いの案内書が送付され、個々のエリアごとに案内書の内容は多少異なりますがおおまかな流れは共通しています。~日までに切り替え、という期日が書かれていますので、利用している方は速やかに準備を始めると良いですね。

契約解除に伴う違約金などは発生しませんので、なるべく早めに切り替えるようにしましょう。切り替える電力会社によっては利用までに時間がかかることもありますので注意が必要です。

切り替えの際には、現在の契約内容を知らせることが必要です。名前、お客様番号、契約容量、電気の使用場所である住所などが必要になりますので確認しておきましょう。案内書にある契約内容の用紙はそのまま申込書に添付できますが、切り替える先の電力会社によって申し込み方法は異なりますのでネットや電話で申し込む場合などは参考用紙として利用すると良いですね。

新しい電力会社との契約がスタートした時点で「いい部屋でんき」の利用は終了となり、大東エナジーへの報告連絡は不要です。最後の月の電気代の支払いは2ヶ月後になりますので、新しい電力会社の支払いとかぶる場合に備えて引き落としなどは余裕を持って準備しておくと良いでしょう。

切り替えの際のポイント

元々「いい部屋でんき」は住居の契約と並行しているため、引越しなどで退去すれば「いい部屋でんき」も解約になるルールでした。そのため、2018年の3月末までに引越しをする場合には、電力会社の切り替えの必要はないとされています。代わりに部屋の退去連絡を大東建託パートナーズの営業所へ連絡するようにしましょう。