1. ニチガスが家庭向け電力販売に本格参入!新電気料金プラン「でガ割」とは?エリアは?

ニチガスが家庭向け電力販売に本格参入!新電気料金プラン「でガ割」とは?エリアは?

ガスコンロの炎

2018年11月、ニチガス(日本瓦斯株式会社)は業界最安値を目指す電気とガスのセットプラン「でガ割」で電気小売事業に本格参入すると発表しました。ここでは、ニチガスが用意したプランなどについて見ていきましょう。

業界最安値を目指す「でガ割」で電力販売に本格参入!

ニチガスはもともとTEPCO(東京電力エナジーパートナー)と協力する形で電力販売を行っていましたが、この度、電気とガスのセット契約でお得になる「でガ割」により家庭向け電気小売事業に本格参入する形となりました。

「でガ割」は業界最安値を目指すプランとされており、東京電力エナジーパートナーと東京ガスで個別に契約した場合に比べて、ニチガスの電気+ガスのセットであれば月々1,170円、年間で約14,000円もお得になると発表しています(一般的な使用量である電気40A/400kWh 都市ガス42㎥ご利用の場合)。

なお、2018年11月の時点ではニチガスのガスを利用しているユーザーが対象となりますが、12月からは電気とガスを新規で同時に申し込むことが可能となります。

「でガ割」の名前はお得がでガい(大きい)ってところからきてるらしいですね!

業界最安値を目指すとは大きく出たのう。さらなるサービスの充実も図るようじゃし、今後にも期待じゃな!

スポンサーリンク

発表された料金プランをチェック

ニチガスは今回の発表に合わせ電気の基本料金や電力量料金も発表しています。

基本料金(でガ割でんき1)
30アンペア842.40円
40アンペア1,123.20円
50アンペア1,404.00円
60アンペア1,684.80円

※「でガ割でんき2」は1kVAにつき280.80円

電力量料金(でガ割でんき1、2共通)
~200kWhまで定額4,600円
201~350kWh23.50円/1kWh
351kWh~25.50円/1kWh

でんき・ガス セット割引

一契約につき300円割引

発表されたプランは上記のようになっており、「でガ割でんき1、2」の共通で、でんき・ガスのセット割がつく形です。

基本料金については東京電力エナジーパートナー従量電灯Bの基本料金と変わりませんが、従量電灯Bが「121~300kWhまで26円/1kWh」「301kWh~が30.02円/1kWh」なのに対してニチガスのプランは「201~350kWhが23.50円/1kWh」「351kWh~が25.50円/1kWh」となっており、電気の使用量が多い家庭ほどお得になりやすいと考えられます。

これなら電気とガスの個別契約よりお得って言うのも納得ですねぇ。

今や電気とガスはセットでまとめてお得に使う時代じゃな!

スポンサーリンク

対象エリアは首都圏と静岡県の一部

「でガ割」の対象エリアは首都圏と静岡県の一部。これは既にニチガスのガスを利用していて電気を申し込む場合も、新規で電気とガスを同時に申し込む場合も変わりません。

首都圏と静岡県の一部が対象ですかぁ。

ちなみに、2018年10月の時点でニチガスは首都圏と静岡県142万件のユーザーにガスを提供しているようじゃよ。

受付はアプリやWEBサイトで!

既にニチガスのガスを利用している方はスマートフォンアプリ「マイニチガス」から「でガ割」に申し込むことが可能です。なお、このアプリを使うことで毎月の電気・ガスのご利用明細や支払履歴などもご確認いただけます。

また、新規で電気とガスを同時に申し込む場合はWEBサイトから受付を行うようです。受付の開始は12月予定とされています。

そんなニチガスは家電修理保証やお得になる割引メニューなど、今後も「でガ割」が大きくなるようサービスの充実を図っていくとしています。

アプリで申し込みができるんですね!

アプリをインストールしておけば電気やガスの利用明細なども簡単に確認できるぞ!

電力会社の切替えは簡単!節約の最初の一歩

なぁーるほど!電力自由化って奥が深いですねぇ。

そうなんじゃ。電気の世界はとっても深いんじゃよ!電力会社も環境への優しさで選んでみたり、電気料金で選んでみたりできるからのう。調べてみるのもなかなか面白いぞ。

僕も電力会社を比較をしてみればピッタリの電力会社がわかるんですよねぇ?

そういうことじゃ。はじめは複雑で面倒に思うかもしれんが、やってみるとそんなに難しいことはないぞ。

そっかぁ。だったら僕も、自分にピッタリな電力会社がないか調べてみようかな!

スポンサーリンク

電力会社を比較して電気料金を安く!

▲ ページトップへ

運営会社個人情報保護方針お問い合わせ