1. ハルエネの地域創生プランをチェック!エリアは?サービス内容は?

ハルエネの地域創生プランをチェック!エリアは?サービス内容は?

電力自由化のイメージ

今回は、ハルエネが提供する地域創生プランに注目してみました。電気を活用しながら、地域活性化も期待できる取り組みについて詳しく見ていきましょう。

「地域創生プロジェクト」について

日本の持続可能な未来への貢献を目標に、個々の地域に置かれた販売会社が電気を販売した収益の一部を自治体への寄付などに回すことで、地域応援や地域活性化につながるところが魅力のプロジェクトです。寄付や支援は、個々の地域に設置されている認定パートナーを通して行われ、宣伝費や納税などで地域経済を応援する取り組みなどが挙げられています。

また、一緒に地域貢献に活躍してくれる企業や個人事業主などのパートナーを随時募集しているところもポイント。地元の人々の雇用なども考えられています。地域の販売会社の設立増加が検討され、販売会社で働いてくれる社長や社員を募集しているところもユニークな一面です。

スポンサーリンク

「地域創生プラン」とは?

地域創生プロジェクトに基づき、地域の活性化や地方の魅力アップを目指していく電力サービスです。ハルエネが電力提供し各地域の会社が販売する「地域創生プラン」は、個々のエリアに設けられています。利用者は今までと変わりなく電気を使用でき、さらに地域貢献に参加できるところが特徴。電気の品質はそのままで、お得な電気料金で活用できるところもポイントです。

「地域創生プラン」のあるエリア

現状では、北海道エリア、東北エリア、関東エリア、北陸エリア、関西エリア、中国エリア、九州エリアなどにプランの提供が見られます。47都道府県への展開が目指され、プランの展開エリアは随時増加中ですので継続してチェックしていきましょう。

各エリアの「地域創生プラン」

  • 北海道エリアには、札幌でんき
  • 東北エリアには、宮城でんき、福島でんき、新潟でんき
  • 関東エリアには、つくばでんき、相模でんき、群馬でんき
  • 北陸エリアには、百万石でんき
  • 関西でんきには、泉州でんき、阪神でんき、京都でんき、播州でんき
  • 中国エリアには、岡山でんき
  • 九州エリアには、佐賀でんき、福岡でんき

電気の対応エリアはさらに詳しく指定されていますので、個々のプラン概要をよく見てみましょう。例えば、相模でんきは神奈川県内の複数エリアに対応していますが、神奈川県全域ではなく限定的なエリア指定が見られます。つくばでんきはつくば市周辺エリア、泉州でんきは大阪府の泉州エリア、福岡でんきは福岡県の一部のエリア、などのようになっていますので、細かく確認してみてくださいね。

「地域創生プラン」のサービス内容について

ハルエネでんきと料金は変わりませんが、お得な電気料金は各エリアによって異なりますので該当エリアの詳細を確認してみるとわかりやすいでしょう。ハルエネでんきのプランとは用意されているプラン数などにも違いがありますので、合わせて確認しておくと良いですね。

例えば北海道エリアの札幌でんきには、家庭向けの「ホームライトプランL」と法人向けの「ビジネスプランL」「動力プランL」がありますが、ハルエネでんきの北海道エリアプランと比較すると内容が少し限定されています。

電気料金は、家庭向けとビジネス向けではお得なポイントが変わってきますので、詳しく比較してみると参考になるでしょう。傾向として、家庭向けのプランでは基本料金部分、ビジネスプランでは電力量料金の3段階目部分がお得な設定になっていることが見られます。そのため、ビジネスプランでは、3段階目で電気を使った分がお得になるでしょう。

札幌でんきの場合、一般的な電気料金と比較して「ビジネスプランL」の3段階目は3.5%の割引になっています。プランの変更により、場合によって年間2万円を超えるお得になることも。3段階目の割引率はエリアによって異なりますので個々に確認してみましょう。

なぁーるほど!電力自由化って奥が深いですねぇ。

そうなんじゃ。電気の世界はとっても深いんじゃよ!電力会社も環境への優しさで選んでみたり、電気料金で選んでみたりできるからのう。調べてみるのもなかなか面白いぞ。

僕も電力会社を比較をしてみればピッタリの電力会社がわかるんですよねぇ?

そういうことじゃ。はじめは複雑で面倒に思うかもしれんが、やってみるとそんなに難しいことはないぞ。

そっかぁ。だったら僕も、自分にピッタリな電力会社がないか調べてみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ