1. BIGLOBEが電力サービスを開始!「ビッグローブでんき」のプランやセット割

BIGLOBEが電力サービスを開始!「ビッグローブでんき」のプランやセット割

ビッグローブでんき

2016年4月の電気の小売り自由化によって様々な業種の企業が参入している「家庭用電気」の供給事業。ソフトバンクやauなどの大手通信事業者や石油元売り企業など、今までは家庭の電気供給に関係ないと思われた企業も積極的に事業に参入するようになりました。そして今回ご紹介する「BIGLOBE」もそうした異業種からの電気事業参入組の1つ。では大手プロバイダとして実績を上げてきたBIGLOBEが打ち出した家庭用電気供給事業「ビッグローブでんき」とはどのようなものなのでしょうか?

BIGLOBEは大手電力会社と提携している

最近の格安スマホへの参入にも積極的なBIGLOBEは、冒頭でもお伝えしているように、そもそもはインターネットをプロバイダとして事業を展開してきた企業でした。ですから、自社で発電した電力を大体的に供給するというような施設は持ち合わせていません。そうした発電施設を多く作るコストをかけることも企業としては難しいことです。そこでBIGLOBEは、大手の電力会社と提携する方向で電力確保を試みました。その大手の電力会社というのは「中部電力」です。

ビッグローブでんきとは?

ビッグローブでんきは、電力とBIGLOBEの光接続サービス、高速モバイル通信サービスを併せて契約することで、月額料金をお得にするセット割などのプランを掲げています。さらに従来の電力契約や通信サービスの契約から乗り換えることで年間で約57000円もお得になる場合もあるので、契約エリアにある人は大注目です。

どんな電力供給をするの?安定している?

電力の供給について、契約を見直せるチャンスが広がったのは消費者としても嬉しいことです。しかし、これまで電力供給事業に関わってこなかった企業が提示するプランにすぐに乗り換えるのはちょっと戸惑います。その戸惑いの最たるものが「電力が安定して供給されるのだろうか?」という点です。地域の大手電力会社から契約を変えると、自分の家だけ停電してしまうようなことはないのか?などが結構心配ですよね。この点についてはビッグローブでんきは安心と言えます。

中部電力との提携で安定した電力供給を実現

主に中部・東海地方に電気を届けてきた中部電力と提携したビッグローブでんき。中部電力では「中部電力 カテエネプラン for BIGLOBE」としてBIGLOBEとの提携を明示しています。このプランは、東京電力管内で、BIGLOBE光を利用している家庭に向けて提供するお得な電気プランなんですね。電気供給の設備としては、これまでに使用してきたものを利用するので、設備面で不安になる点はありませんし、電気の供給の実績という点でも、中部電力のバックアップがあるので心配する必要がなくなります。

スポンサーリンク

どんな人がお得になるの?

電気の契約を変更する際に、色々な参入業者のプランを見比べるとわかるのですが、新規に参入してきた業種のプランと言うのは「電気を多く使う人がお得」というものがほとんどです。中部電力 カテエネプラン for BIGLOBEも基本的には一定以上の電気を使用する場合においてお得度が上がります。例えば毎月15650円以上の電気料金を支払っている家庭だと、月々約250円程度お得になることになります。プランは中部電力 カテエネプラン for BIGLOBEのみなので比較しやすいのは嬉しいですね。基本的には東京電力と従量電灯BやCの契約を結んでいた人が対象のプランなので、こうしたプランに入っていて、さらに上記のように月々の料金が16000円程度かかっているという人には適しているプランと言えますね。さらに、現在すでにBIGLOBEとのプロバイダ契約を結んでいる人で東京電力管内(首都圏)に暮らしている人は、ネットとのまとめ割などが使えるので、そうした合わせ技を用いると、家庭によっては毎月5000円以上も家計が節約できることもあるんですよ。

なぁーるほど!電力自由化って奥が深いですねぇ。

そうなんじゃ。電気の世界はとっても深いんじゃよ!電力会社も環境への優しさで選んでみたり、電気料金で選んでみたりできるからのう。調べてみるのもなかなか面白いぞ。

僕も電力会社を比較をしてみればピッタリの電力会社がわかるんですよねぇ?

そういうことじゃ。はじめは複雑で面倒に思うかもしれんが、やってみるとそんなに難しいことはないぞ。

そっかぁ。だったら僕も、自分にピッタリな電力会社がないか調べてみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ