1. エアコン(暖房・冷房)の節電するなら設定温度は何度?夏と冬の電気代はどう変わる?

エアコン(暖房・冷房)の節電するなら設定温度は何度?夏と冬の電気代はどう変わる?

エアコン 設定温度

節電って本当に大切だよね。1ヶ月くらいだと大差なくても、半年、1年、5年…と積み重なっていけば少しの差が大きな金額になることもあると思うんだ。

そこで今回はエアコンの節電にピッタリな設定温度を紹介するよ。設定温度の見直しで電気代を節約しよう!

これが結論!

エアコンの設定温度を1度変えるだけで10~13%の電気代節約になります。節電効果が期待できる設定温度は、夏場(冷房時)28度、冬場(暖房時)20度。設定温度を変えても快適に過ごすためのコツもこのページで紹介しています。

設定温度1度の差で電気代が10~13%も変わる!

ぶ、部長ぉぉ…。最近エアコンをつけっぱなしにすることが多いせいか、電気代がものすごいことになってるんですよぉ。これって何とかならないですかねぇ?

そういう時はエアコンの設定温度を見直したらいいんじゃよ。ともすけの家では暖房や冷房を何度に設定してるんじゃ?

エアコンの設定温度ですか…暖房は23度、冷房は26度くらいですかね。

それは設定温度を見直した方がいいかもしれんの。というのも、暖房は設定を1度低くすると約10%、冷房は設定を1度高くすると約13%の節電になると言われてるんじゃ。

エアコンの設定温度変更による節電効果

  • 暖房を1度低くした場合:約10%
  • 冷房を1度高くした場合:約13%

えぇ!そんなに違うんですか!

具体的な数字で見るとしよう。エアコンは機種や使用条件にり消費電力にバラつきがあるが、8畳用エアコン(500W)の場合、1時間の稼働で約13.5円の電気代がかかる。それが1度設定を変えることで1時間あたり約11.75~12.15円になるわけじゃ(1kWhあたり27円で計算)。

1時間で見るとそれほど変わりないですけど、年間を通して考えたら大きな数字になりそうですね。

エアコンの年間電気代は15,000~50,000円と言われておるから、使用頻度によっては年間5,000円近くの電気代節約になるの。

スポンサーリンク

エアコンの節電に適した設定温度を紹介!

ここからはエアコンを節電したい時におすすめの設定温度を紹介するぞ!

エアコン暖房時(冬場)は20度設定がおすすめ!

いろいろと説はあるようじゃが、冬場の暖房は20度くらいに設定するといいと思うぞ。ともすけの家は確か23度設定と言っておったな。じゃから、設定温度を3度くらい下げてみてはどうじゃ?

暖房時の設定温度

省エネ温度の目安:20度

そ、そんなに低くして寒くないですか?

そういう時はサーキュレーターなどを上手く使うのがおすすめじゃ。これについては後で詳しく説明するが、工夫次第で設定温度を変えても快適に過ごせるんじゃよ。

工夫かぁ。

そう、工夫じゃよ。ちなみに、エアコンによっては20度設定以下にすると、リモコンに「省エネ温度」などの表示が出ることもあるんじゃよ。

それは何だか気分がよさそうですね!

もちろん、自分が快適に過ごせると思えば19度以下の設定でもいいぞ。ただ、あまりに低く設定しすぎて体調を壊さないように注意するんじゃぞ。風邪をひいたら元も子もないからのう。

それで薬を買ったり病院に通ってたら逆に高くつきますもんね。

エアコン冷房時(夏場)は28度設定がおすすめ!

夏場の冷房は28度くらいに設定するのがいいと思うぞ。ともすけの家は26度言っておったから、2度くらい上げてみてはどうじゃ?

冷房時の設定温度

省エネ温度の目安:28度

暑いのは嫌だなぁ…。

それも工夫次第じゃよ。28度設定で暑いと思えばサーキュレーターを併用したり、すだれ等を活用することで快適に過ごせることも多いんじゃ。

工夫かぁ。

そう、冷房も工夫次第じゃよ。冷房の方も28度以上に設定するとリモコンに「省エネ温度」などの表示が出ることもあるんじゃよ。

へぇ~。

29度、30度と温度を高くしていけばさらに節電が期待できるが、室温が高くなりすぎると体調を壊してしまうからほどほどにな。「猛暑」「酷暑」と言われる時季はくれぐれも体調優先じゃよ。

スポンサーリンク

設定は自動運転にしよう!

ところで、ともすけ。エアコンをつける時、もったいないからといって弱運転で起動してたりせんか?

ギックーン!ど、ど、どうしてわかったんですか?

(ギックーン???)弱運転の方が節電になると思って、弱運転から起動する人もいるみたいじゃからな。ちょっと聞いてみたんじゃ。

弱運転で起動って駄目なことなんですかねぇ…?

あまりよくはないな。エアコンというのは室内を設定温度にするまでが最も消費電力が多く、その時間を短くするほど電気代が抑えられると言われているんじゃ。しかし、弱運転だとなかなか部屋の温度が変わらんじゃろ?そうなると余計に電気代がかかってしまう恐れがあるんじゃよ。

そうだったのか…。

じゃからエアコンは「自動運転モード」に設定しておくのがおすすめじゃ。自動運転なら短時間で設定温度に近づけてくれるから、弱運転よりも節電になるんじゃよ。

自動運転って優秀なんですね!!

いろいろなエアコンがあるし、今後も新機種がどんどん登場するだろうから、エアコン次第というところもあるが…特別なことがない限り自動運転を選ぶといいんじゃないかの。

サーキュレーターなどを併用して快適に過ごす!

設定温度を変更したせいで部屋が寒い、または暑いと感じる時はサーキュレーターなどを併用すると快適に過ごしやすいんじゃ。

サーキュレーターって扇風機みたいなやつですよね。

根本的には違うんじゃが、まぁ空気をかき混ぜるのに優れた扇風機といったところかの。天井付近にたまった暖かい空気と足元にたまった冷たい空気を混ぜて部屋の温度ムラを無くしてくれることから、暖房や冷房の設定温度を変えても快適に過ごしやすいとされているんじゃ。

ピッカリーンンンンン!!!それなら暖房をつけた時に頭の方ばっかり暖かくてボーっとしちゃう現象も避けられそうですね!!

その通りじゃな。他にもエアコンの節電を助けてくれるアイテムはいろいろあるんじゃよ。

冷房と併用することで節電を助けてくれるアイテム

  • サーキュレーター・扇風機
  • 遮光・遮熱カーテン
  • よしず・すだれ
暖房と併用することで節電を助けてくれるアイテム

  • サーキュレーター・扇風機
  • 遮光・遮熱カーテン
  • 断熱シート

ほんとにいろいろあるんですねぇ。

サーキュレーターなどを上手く使えばエアコンの設定温度を下げやすくなると思うんじゃ。電気代節約のために試してみてはどうじゃ?

エアコンの設定温度を見直して節電!

今まであまり考えたことなかったけど、エアコンの設定温度で電気代が大きく違うみたいだね。暖房時は20度、冷房時は28度がおすすめなんだって。

仮に設定温度の見直しで毎月500円も電気代が変わったら…エアコンをつけるのが1年の半分だとしても年間で3,000円もの節約になるよ!

節電は地球にもお財布にもやさしい

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

電力会社を比較して電気料金を安く!

▲ ページトップへ