1. 青梅ガスが電力小売りを発表!電気とガスのセットでお得になるの?

青梅ガスが電力小売りを発表!電気とガスのセットでお得になるの?

青梅ガスのでんき

青梅市のガス会社である青梅ガスが電力自由化に伴い、電力小売りを始めることが発表されました。電気とガスをセットにすることでお得になるプランも用意されており、生活の中でガスを使う方は必見のプラントなっています。ここでは詳しく解説しましょう。

青梅ガスのOGプラン

青梅ガスが4月に向けて用意したのはOGプラント呼ばれるものです。OGプランにはBとC、大きく2種類が用意されており、Bが従量電灯Bに相当するもの、Cが従量電灯Cに相当するものとなっています。一応は動力プランという工場など向けのプランも存在します。

一般家庭で使われることの多い、従量電灯BとOGプランを比較してみると、まず大きな部分で違うことが分かるでしょう。というのも、従量電灯Bは3段階制だったのに対して、OGプランでは2段階制を採用。340kWhまでを単価23.94円、そこから先の2段階目を26.20円としています。これを東京電力の電気量料金と比較してみると、最初の120kWhについては東京電力が圧勝。19.43円なので、4.5円程度の差がつきます。

しかし、そこから先はOGプランが圧倒的に有利です。東京電力では120kWhを超えた時点で25.91円になるので、ここで既に2円ほどの差。300kWhを超えた分からは東京電力が29.93円になるので、そこからから340kWhまでは6円ほどの差がつくわけです。340kWhを超えたとしてもOGプランの方が3円以上もお得なので、最初の120kWh以外は全てOGプランの方が優ることになります。ということは、電気を多く使う家庭ならOGプランの方がお得。OGプランCについても概ね同じような設定で、最初の120kWh以外はOGプランの方が安く設定されています。

スポンサーリンク

電気とガスのセットでお得!

上記のようなお得な料金設定と共に忘れてはいけないのが、ガスとのセット割引です。青梅ガスグループの都市ガスや簡易ガス、LPガスなどとセットで契約すると、ガスセット割引が適用され、1kWhあたり1円の割引になります。これを適用すれば、毎月392kWhの電気を使う家庭なら年間で7500円ほども割引されるという計算。月に1000kWhも使う大家族などなら33900円も得になるのです。電気とガスを使っている家庭なら確実にメリットを受けられるので、ぜひ検討してみてください。

電気とガスはセットで支払い

青梅ガスで電気を契約する場合は、ガスの料金と同じ支払方法で毎月の支払いが可能です。そのため、電気とガスの請求がバラバラになることもなく、楽々一括管理。これなら家計簿もつけやすいでしょう。今まではバラバラで分かりにくかった請求を一括に出来るのも、電力自由化のメリットのひとつ。クレジットカードでの支払いならポイントも貯まるので、よりお得ですよ。

申し込みは電話

青梅ガスでは残念ながらウェブページでの申し込みはおこなっていません。その代りに電話で申し込みを受け付けています。電話ならウェブ申し込みと違って気になることを即座に質問できるので、気になる方は申し込み前に問い合わせておくといいでしょう。受付は平日の9時から17時半となっています。

まとめ

このような特徴から、青梅ガスは電気を多く使う方向けの会社と言えるでしょう。月に400kWhを超える電気を使う家庭なら、ガスとセットで家計にゆとりができること間違いなし。それ以上なら、なお節約になります。一人暮らしの方などには向かないかもしれませんが、大家族にはおすすめのOGプラン。ホームページにはシミュレーターも設置されているので、実際にどのくらい割引になるのかシミュレーションしてみると切り替えのメリットが分かりやすいですよ。

なぁーるほど!電力自由化って奥が深いですねぇ。

そうなんじゃ。電気の世界はとっても深いんじゃよ!電力会社も環境への優しさで選んでみたり、電気料金で選んでみたりできるからのう。調べてみるのもなかなか面白いぞ。

僕も電力会社を比較をしてみればピッタリの電力会社がわかるんですよねぇ?

そういうことじゃ。はじめは複雑で面倒に思うかもしれんが、やってみるとそんなに難しいことはないぞ。

そっかぁ。だったら僕も、自分にピッタリな電力会社がないか調べてみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!

出典: http://www.omegas.co.jp/denki

ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ