1. ソフトバンク「FITでんきプラン(再生可能エネルギー)」電気はSBパワーが供給

ソフトバンク「FITでんきプラン(再生可能エネルギー)」電気はSBパワーが供給

ソフトバンク FITでんきプラン

電気の小売り事業、いわゆる家庭用電気販売が2016年4月から自由化しました。この自由化に合わせて、様々な業種の企業が電気の小売り事業参入を発表し、ユニークな電気プランを発表してきました。そうした企業のなかでも電気の小売り事業への参入を早い段階で決めていた大手通信事業者の「ソフトバンク」が、FITでんきという電気プランを発表しました。今回はこのソフトバンクでんきが提供するFITでんきについてご紹介します。

ソフトバンクでんきってそもそもどんなプランがあるの?

ソフトバンクでんきが提供されているエリアは現在基本的に「東京電力管内」「中部電力管内」「関西電力管内」の3つのエリアです。プランとしてはスタンダードS/L/X、バリュープラン、プレミアムプランが用意されています。バリュープランとプレミアムプランは設定された電気使用量までの電気代が定額で、それ以上利用すると割安になる価格設定のプランです。主に電気使用量が多めの家庭でお得になるプランと言えるでしょう。スタンダードプランはアンペアブレーカ契約でこれまで従量電灯のプランで契約をしていた家庭が気軽にソフトバンクでんきに変更できるようなプランとなっています。

スポンサーリンク

発表された「FITでんき」ってどんなプランなの?

ソフトバンクでんきは、電気の小売り事業を発表した当初から、企業理念として将来の子ども達に良い環境を残せるようにという目標を掲げていました。その企業理念を表すような電気プランが今回発表された「FITでんき」なのです。このFITでんきとは再生可能エネルギーを利用した電気を提供するプランで、提供エリアは現在のところ「北海道電力管内」と「東京電力管内」となっています。

FITでんきの特徴

FITでんきの特徴は、先述した通り「再生可能エネルギー」を使った電力を供給するプランです。利用する再生可能エネルギーには太陽光発電や風力発電、バイオマス発電、水力発電、地熱発電を主要電力としています。しかしながら100%全ての電気を再生可能エネルギーから賄っているわけではなく、提供される電気の約60%が再生可能エネルギー由来の電気と言うのが現状です。さらに、ソフトバンクでんきの太陽光発電はメガソーラー発電からの電力供給を主としているので、現状はメガソーラーからの電力が得られる東京電力管内と、風力発電の電力を得られる北海道電力管内と言うエリアのみが提供エリアになっている部分もチェックポイントです。

FITでんきで知っておきたいポイント

FITでんきの特徴でも述べていますが、FITでんきは全ての電力が再生可能エネルギーから得られるわけではありません。具体的な数字では、57%がFIT電気、24%が卸電力取引所、14%がその他、5%がリサイクル発電からの電力となっているのです。

それぞれはどんな電気なのか?

上述の電気がそれぞれどんな発電から得られる電気なのかをご説明します。

FIT電気(57%)

ここまでにご紹介した通り、太陽光発電、風力発電、バイオマス、地熱、水力などから得られる電気です。

卸電力取引所(24%)

ソフトバンクでんきが卸売で購入する電気です。この電力も基本的には水力やFIT電気、再生可能エネルギーを含んでいますが、火力や原子力から得られた電力も含まれています。

その他(14%)

他者から調達したエネルギーがここに含まれています。

リサイクル電気(5%)

向上などで排出される「廃棄プラスチック」を加工した燃料を使用し、資源循環型発電をして得られる電気です。

以上のように、FIT電気という電力を「100%再生可能エネルギーから得られる電力」と思うと、自分では思っていなかった電源があることに驚くかもしれません。他の供給電力よりは再生可能エネルギーの割合が多くなっていますが、多少は別の電源から供給された電気が入っていることはしっかり頭に入れておく必要があります。ただ通常の電気よりも環境に優しく発電されている電気であることには違いありませんね。

なぁーるほど!電力自由化って奥が深いですねぇ。

そうなんじゃ。電気の世界はとっても深いんじゃよ!電力会社も環境への優しさで選んでみたり、電気料金で選んでみたりできるからのう。調べてみるのもなかなか面白いぞ。

僕も電力会社を比較をしてみればピッタリの電力会社がわかるんですよねぇ?

そういうことじゃ。はじめは複雑で面倒に思うかもしれんが、やってみるとそんなに難しいことはないぞ。

そっかぁ。だったら僕も、自分にピッタリな電力会社がないか調べてみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ