おすすめの電力会社ランキング98社比較

都道府県初の電力小売り会社「やまがた新電力」山形県と民間18社が出資

山形県のさくらんぼ

都道府県が電力小売りに参入するという、前代未聞の発表をみなさんはご存知でしょうか。そんな都道府県初となる会社の名前は「やまがた新電力」。今回は詳しい情報を見ていきましょう。

2万円も節約できるチャンス!?

あしたでんき

電力料金を安くしたいと思っている方に、最もおすすめしたいのが「あしたでんき」です。

電気料金が跳ね上がる夏、あしたでんきに切り替えて浮いたお金でちょっぴり贅沢しませんか?

【あしたでんきのメリット】

  • 年20,000円以上の節約を多くの方が実現
  • ずっと基本料金は0円(無料)
  • とにかくお得!業界でも最安水準
  • 手数料・解約金・違約金一切なし
  • 切り替え簡単!お試し感覚でOK
  • 対応の良さが抜群

とにかく電気料金が安いというのが、あしたでんきが選ばれている一番の理由。以下のシミュレーション結果をクリックして見れば納得ですよね!

料金シミュレーション結果(公式サイト)
3人以上の世帯例
(1月:600kwh/50Aで算出)
22,209円お得
2人世帯の例
(1月:500kwh/40Aで算出)
13,978円お得
1人暮らしの例
(1月:290kwh/30Aで算出)
2,558円お得
※東京電力エリアで試算

申し込みをするだけで面倒な手続きも工事も一切なし。手数料や解約金もないので、お試し感覚で一度切り替えて、合わなかったら解約でOK。

消費税10%になった今だからこそ節約できるところはしっかりと対策を!早く切り替えるほど節約効果は大きいですよ!

北海道・北陸・四国電力エリアの方には「Looopでんき」が最もおすすめです。基本料金0円で安い!

やまがた新電力とは

都道府県初の電力小売り会社となる、やまがた新電力はその名の通り山形県、そして民間の18社が出資して設立された会社です。社長は出資会社のひとつ、山形パナソニックの会長である清野伸昭が就任し、4月の電力自由化を皮切りに実際の販売を開始します。ただ、一般の家庭向けに販売するのではなく、今のところ予定されているのは山形県内にある各施設への供給のみ。17の発電所から電力買い取りが可能となれば、一般家庭の6000世帯に相当する2300万kWの電力が確保できるとされ、それを70カ所の施設へ売っていくようです。一般家庭に関係ないので見逃しがちなニュースですが、実は私たち一般の人にも関わってくるかもしれません。

電力診断バナー

今後の各都道府県の動きにも注目!

都道府県初の電力会社となって、やまがた新電力。もしかすると、この登場をきっかけに他の都道府県も電力小売りに参入するかもしれません。電力自由化に伴う電気事情の変化は目まぐるしく、各携帯会社の参入は当たり前。意外なところでは生協なんかも電力小売りを始めます。そのため、少し時代が進めば各都道府県の電力販売が普通になる可能性も。まだまだ時間はかかるでしょうが、今後も電力自由化のニュースから目を離さないようにしてくださいね。