1. 節電できるアプリがある!?上手に使えば電気料金が節約できるかも!

節電できるアプリがある!?上手に使えば電気料金が節約できるかも!

携帯とアプリアイコン

家計費を節約しようとするとき「家計簿」をつけようとする人はたくさんいると思います。しかしいざ家計簿をつけようとしても、何だか複雑で3日坊主になったり、続けてはみたけれど結局家計のどの部分を節約すればいいのかわからなくて「つけただけ」になったりする人も多いですよね。そこでおすすめなのが、色々面倒なことはアプリがやってくれるという「家計費節約」のためのスマホアプリ。特に家計費の中でも節約しやすい光熱費(電気代)を節約できるようになるアプリもあるんですね。今回は電気代を抑えられたり、節電でエコ生活を送ることができるようなるために役立つスマホアプリをご紹介します!

初心者におすすめなのは「家計簿アプリ」

節電や、電気の節約も含めて家計全体を見直したいとき、また家計簿を管理するのが手書きもアプリもいずれにしても初めてだという人は、家計簿をつけることができるアプリで節電を始めてはいかがでしょうか。

収入と支出が比較できる

多くの家計簿アプリがそうなのですが、収入に対する支出に関して、分類した項目ごとに割合(%)を出してくれるアプリだと、光熱費が収入に対してどのくらい影響しているのかということをグラフなどを見るだけでわかったりします。

レシートや簡単な項目を入力するだけ

多くの家計簿アプリは、家計簿をつけるのが苦手な人や、節約によってお金を貯めたい人などが利用しているそうです。ですから、入力が簡単&シンプルであるものが多いのも特徴。中にはレシートを写真で取ればいいだけという超簡単な管理方法のアプリもあります。電気代について、こうしたレシートだけの撮影で可、というのは難しいかもしれませんが、それでも使用量を入力すれば大まかな電気代を算出してくれるという簡単操作のアプリなら、難しいことは何もないので家計簿に苦手を持つ人にこそおすすめです。

スポンサーリンク

電気代や光熱費に特化したいならこんなアプリはいかが?

家計簿の中の光熱費…という位置づけではなくて、もっと光熱費や電気代の節約に特化したアプリがいい!と言う人は、次のような機能のあるアプリはいかがでしょうか?

光熱費に関する項目がグラフ化できる

電気代と言うのは家計においては「光熱費」に分類される費用ですが、この光熱費を水道・ガス・電気の項目で入力するだけで、前月との使用量を比較できたり、グラフ化してわかりやすく「見える化」できるアプリがあります。電気代のみを入力すれば、電気代だけで比較をすることもできるアプリもあるので、こうしたアプリを使えば「使い過ぎたな」とか「○○があったからたくさn使ったんだな」という振り返りをしやすくなります。

ネット環境だからできる!登録ユーザーと比較できるアプリ

家計費の管理を家計簿でしているとつい3日坊主になる…という人は、光熱費だけの入力でもOKなアプリをとって、全国の登録ユーザーと自分の電気代の差を感じてみるといかがでしょうか?ある程度までは節電できても、それ以上は難しい…と言う人でも、全国のユーザーの平均やトップ成績の人と比較できればモチベーションが上がって、節電にも節約にも前向きに取り組める時期が増えていきます。

すばり電気代だけをピックアップしたアプリ

多くの節約系アプリの中には、やっぱり「電気代」や「電気使用量」についてだけ特化したアプリもあります。日本全国の大手電力会社のプランも踏まえていたりするアプリもあるので、アプリに電気の使用量を入力するだけで勝手に電気代を算出してくれたりするものも。見ただけで自分がどのくらい電気を使っているかわかるので、電気代の節約を考えているなら利用して損はないアプリでしょう。

今現在使っている電気の電気代がわかるアプリ

家計簿をつけたりすることは苦じゃない!と言う人は、まさに今現在使っている電気の電気代がいくらかというのを教えてくれるアプリはいかがでしょうか?こうしたアプリで「今現在」の電気代を把握すれば、何が電力を消費しやすいかがよくわかるようになります。

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ