1. 大東建託の居住者向け電気サービス「いい部屋でんき」2016年5月9日開始!

大東建託の居住者向け電気サービス「いい部屋でんき」2016年5月9日開始!

いい部屋でんき

「いい部屋ネット」のCMでお馴染みの大東建託。家屋やビルの建設から土地活用まで総合的に扱う建設会社である大東建託は、マンションやアパートの賃貸事業にも長い経験をもつことは多くの人の知るところです。そんな大東建託のグループ会社である「大東エナジー」が2016年5月9日から新しく入居する人に向けて、「いい部屋でんき」をいうサービスを開始します。

大東建託が始める「いい部屋電気」とは?

多くの賃貸物件を扱う大東建託は、家賃とまとめて電気代を支払うことのできるサービスである「いい部屋電気」を始めます。このサービスでは、北海道電力管内から九州電力管内までの広い地域をカバーしており、また地域の電力会社の従量電灯料金から一定の割引率を適用するという単身者などに嬉しいサービスとなっています。この割引率は、「北海道・東京・中部・関西・中国・四国」の6つの電力会社管内については5%の割引率、「東北・北陸・九州」の3つの電力会社管内については3%の割引率となっています。

スポンサーリンク

すでに電気供給をしていた大東建託

実は大東建託は2011年から自社管理物件に関して、電力の供給をしていた実績があります。今回の「いい部屋電気」は、この電力供給事業の延長線上といっても良いでしょう。こうした実績のもとに大体的に始められるサービスなので、電力の需給を受ける側としてはさほどトラブルが起こることを考える必要はないと言えます。

サービスの開始時期に注意

いい部屋電気のサービスは、2016年5月9日以降に新規契約した人は、その時点でサービスを受けることが可能です。一方で、現在すでに大東建託が管理する物件を借りている場合は、2016年10月から申請をすれば同じサービスを受けることができるようになるということです。現在、大東建託の物件に住んでいる人は、サービスの開始時期に注意が必要であると覚えておいてくださいね。

なぁーるほど!電力自由化って奥が深いですねぇ。

そうなんじゃ。電気の世界はとっても深いんじゃよ!電力会社も環境への優しさで選んでみたり、電気料金で選んでみたりできるからのう。調べてみるのもなかなか面白いぞ。

僕も電力会社を比較をしてみればピッタリの電力会社がわかるんですよねぇ?

そういうことじゃ。はじめは複雑で面倒に思うかもしれんが、やってみるとそんなに難しいことはないぞ。

そっかぁ。だったら僕も、自分にピッタリな電力会社がないか調べてみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!

出典: http://www.eheya.net/

ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ