おすすめの電力会社ランキング98社比較

【Looopでんきと楽天でんきを比較】安くてお得なのはどっち?

Looopでんきと楽天でんきを比較!安くてお得なのはどっち?

すでにかなりの数の新電力が登場し、切り替えする人もどんどん増えているわけじゃが、新電力の中でも人気が高く加入者も右肩上がりに増えているのが「Looopでんき」と「楽天でんき」じゃ。

この2社は非常に料金プランが似ているため、最終的にどちらに加入しようか迷うという人も多いようじゃのう。

そこでこのページでは「Looopでんき」「楽天でんき」それぞれの特徴や違いについて紹介するぞ。詳しく解説しているから、きっとどちらに加入するか決断できるはずじゃ!最後まで読んでもらえると嬉しいのう。

これが結論

「Looopでんき」「楽天でんき」は料金プランがかなり似ていて、電気料金もほとんど同じ。もっと電気代の節約効果を実感したいなら「あしたでんき」のほうがおすすめです。

2万円も節約できるチャンス!?

あしたでんき

電力料金を安くしたいと思っている方に、最もおすすめしたいのが「あしたでんき」です。

電気料金が跳ね上がる夏、あしたでんきに切り替えて浮いたお金でちょっぴり贅沢しませんか?

【あしたでんきのメリット】

  • 年20,000円以上の節約を多くの方が実現
  • ずっと基本料金は0円(無料)
  • とにかくお得!業界でも最安水準
  • 手数料・解約金・違約金一切なし
  • 切り替え簡単!お試し感覚でOK
  • 対応の良さが抜群

とにかく電気料金が安いというのが、あしたでんきが選ばれている一番の理由。以下のシミュレーション結果をクリックして見れば納得ですよね!

料金シミュレーション結果(公式サイト)
3人以上の世帯例
(1月:600kwh/50Aで算出)
22,209円お得
2人世帯の例
(1月:500kwh/40Aで算出)
13,978円お得
1人暮らしの例
(1月:290kwh/30Aで算出)
2,558円お得
※東京電力エリアで試算

申し込みをするだけで面倒な手続きも工事も一切なし。手数料や解約金もないので、お試し感覚で一度切り替えて、合わなかったら解約でOK。

消費税10%になった今だからこそ節約できるところはしっかりと対策を!早く切り替えるほど節約効果は大きいですよ!

北海道・北陸・四国電力エリアの方には「Looopでんき」が最もおすすめです。基本料金0円で安い!

Looopでんきと楽天でんきの特徴&メリット

「Looopでんき」と「楽天でんき」それぞれの特徴を見ていくぞ。

Looopでんきの特徴&メリット

Looopでんきは電力自由化がスタートした2016年4月、「基本料金0円」「従量料一律単価」という、当時かなり斬新なプランを打ち出した新電力じゃ。これまで当たり前に加算されていた基本料金が0円というプランは、かなり話題にのぼったものじゃ。2018年12月の時点で150,000以上の契約を獲得しているのも納得じゃのう。

今となっては「基本料金0円」のプランを出している新電力は複数ありますけどね。

そうじゃ。その先駆者がLooopでんきなんじゃ。ポイント付与やセット割引といった付帯サービスがなく、シンプルに電気料金が安くなるというのは、電気料金に疎い人にもかなり支持されたんじゃよ。

確かに、電気料金って複雑ですから、ほとんどの人は仕組みがよくわかってないんじゃないですかね。

電力自由化によって電気料金の仕組みを理解しはじめた人も多いようじゃが、まだわかっていない人のほうが多そうじゃの。Looopでんきは環境にも配慮していて、太陽光や風力といった自然エネルギーのスタンダード化を目指しているわけじゃ。

楽天でんきの特徴&メリット

楽天でんきはショッピングサイトで有名な楽天の提供する新電力じゃな。もともと「まちでんき」という名前で2016年に電力供給を開始したんじゃが、2018年10月に「楽天でんき」へとサービス名を変更したんじゃ。

あの楽天も新電力に参入してるんですね!

そんな楽天でんきの強みと言えば、やはり「楽天スーパーポイント」がもらえるところじゃの。電気料金200円につき1ポイント、さらに楽天カードで支払えば追加で100円毎に1ポイントもらえるんじゃ!

え?それって二重でポイントをゲットできるってことですか?

そういうことじゃの。楽天カードの支払いなら貰えるポイントが単純に3倍じゃ!もちろん貯まったポイントは電気代の支払いにも利用できるぞ。

実質、電気代がお得になるようなものですね。

またLooopでんきと同じく「基本料金0円」「従量料一律単価」を採用しておるため、電気代を計算しやすいぞ。複雑な電気料金にはこりごり、といった人にもおすすめじゃ。

電力診断バナー

楽天でんきとLooopでんきの比較

「Looopでんき」と「楽天でんき」。それぞれにメリットがあって、どちらと契約するか迷ってしまうのう。ここからは両者の料金プランやキャンペーンなどを比較していくから、契約する会社を選ぶ参考にしてほしいのう。

電気料金プランを比較!安いのはどっち?

Looopでんきも楽天でんきも、一般家庭向けのプランは基本料金0円の従量料一律単価じゃな。エリアごとの電気料金単価はそれぞれ以下のようになっておるぞ。

電力エリアLooopでんき楽天でんき
北海道電力29.5円/kWh30.0円/kWh
東北電力26.4円/kWh26.5円/kWh
東京電力26.4円/kWh26.5円/kWh
中部電力26.4円/kWh26.5円/kWh
北陸電力21.3円/kWh22.0円/kWh
関西電力22.4円/kWh22.5円/kWh
中国電力24.4円/kWh24.5円/kWh
四国電力24.4円/kWh24.5円/kWh
九州電力23.4円/kWh23.5円/kWh
沖縄電力提供なし27.0円/kWh

※料金は全て税込

沖縄電力エリアについては提供がないものの、どのエリアにおいてもLooopでんきの方が安価じゃな。最低でも0.1円以上はLooopでんきの方が安いぞ。

家族4人で1ヶ月に500kWhの電気を使うなら、Looopでんきの方が50円以上は安いってことですね。北陸電力エリアなら1kWhあたり0.7円も差があるから・・・500kWhだと350円もの差になりますね!

ただ楽天でんきは200円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが付与されるんじゃ。200円につき1ポイントということは、0.5%のポイントが付与されるわけじゃから、関西電力の22.5円が実質22.3875円に、東京電力の26.5円が実質26.3675円になるぞ。

ず、ずいぶん細かい数字だなぁ。だけど・・・あれ?ってことは・・・ポイントのことも考えれば楽天でんきの方が安かったりします?

単価に0.1円を超える差がついておる北海道電力と北陸電力エリアを除けば実質的には楽天でんきの方が安いことになるのう。楽天カードでの支払いなら追加ポイントもつくし、楽天に登録している人なら楽天でんきの方がいいのかもしれん。

付帯サービスの違い!便利なのはどっち?

Looopでんきには「かけつけるーぷ」という、電気トラブルに24時間365日対応してくれる付帯サービスがあるぞ。残念ながら東京電力エリア限定なのじゃが、Looopでんきの加入者なら、通常9000~1万3000円かかる作業費が0円になるんじゃ(作業内容により別途費用がかかる場合もあり)。

東京電力エリア限定なのは残念ですけど、悪くなさそうなサービスですね。

楽天でんきの付帯サービスは、電気料金200円につき1ポイント、楽天カードでの支払いならさらに100円ごとに1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まるものじゃな。電気料金が1万円なら50ポイント。楽天カードの支払いなら追加で100ポイントの合計150ポイントも貰えるぞ!

1ヶ月150ポイントなら1年で1800ポイントにもなりますね。かなりお得かも!

解約金・違約金の違い!手軽なのはどっち?

Looopでんき、楽天でんき、共に解約金・違約金は発生しないぞ。この点で言えば条件はイーブンじゃな。

そもそも解約金とか違約金がかかることってあるんですか?

一部の電力会社は早期の解約で違約金をとったりするんじゃよ。その点、Looopでんきと楽天でんきは気軽に解約できそうじゃ。もし契約した後に合わないと感じても安心じゃな。

キャンペーンの違い!お得なのはどっち?

Looopでんきのキャンペーンについて調べてみたんじゃが、残念ながら現在(2019年10月)は特に開催していないようじゃ。

あらら。楽天でんきの方はどうなんですか?

一方、楽天でんきは定期的に「2000ポイントプレゼント」などのキャンペーンを実施しておるぞ。条件が変わる場合もあるんじゃが、基本的には新規契約をした人にポイントを付与するといったキャンペーンじゃの。

それはありがたいですね。加入のきっかけのひとつになりそうだ。

しかも付与されるのは期間限定ポイントではなく、通常ポイントのようじゃ。これなら焦ってポイント消費する必要もなさそうじゃのう。

いいですねぇ。

ちなみにLooopでんきの方も過去にはいろいろなキャンペーンを実施していたんじゃ。お正月や新生活スタートなど、定期的にキャンペーンを打ち出してるようじゃから、定期的にチェックしておくといいかもしれんぞ。

環境・エコの違い!環境に優しいのはどっち?

Looopでんきはきちんと電源構成を発表しており、2018年4月~2019年3月末までの実績で、約25.8%が再生可能エネルギーだと分かっておる。

楽天でんきの方はどうなんですか?

楽天でんきは残念ながら電源構成を発表していないんじゃ。電源構成が発表されていないからエコじゃない・・・とは言わないが、再生可能エネルギーの割合に自信があるなら、Looopでんきのように電源構成を発表してもよさそうな気がするのう。

公表がない以上は憶測でしか言えませんけど、Looopでんきの方が環境にやさしい可能性は高いってことですね。

電力診断バナー

Looopでんき・楽天でんきより「あしたでんき」がお得!

こうしてみると「Looopでんき」も「楽天でんき」もそう変わらんのう。パッと見では「Looopでんき」の方が安価に感じるものの、楽天スーパーポイントの付与を考えれば少しだけ「楽天でんき」の方がお得じゃ。とはいえ、その差は本当に微々たるものじゃ。

それならば、「Looopでんき」「楽天でんき」にこだわらず、もっとお得な新電力会社をチョイスしてみてはどうじゃろうか。たとえば、「あしたでんき」はこれら2社よりも電気料金が安価なことで知られておる。

残念ながら提供エリアが少しだけ狭くなってしまうんじゃが、「あしたでんき」の提供エリア内に住んでる人ならば、かなり電気代を節約できるはずじゃぞ。ぜひとも「あしたでんき」の公式サイトなどで、一度、料金シミュレーションを試してほしいのう。

【料金シミュレーション】

あしたでんき
https://ashita-denki.jp/

Looopでんき
https://looop-denki.com/

楽天でんき
https://energy.rakuten.co.jp/

あしたでんき 【あしたでんきは評判が悪い?】3分でわかるメリット&デメリット looopでんき 【Looopでんきは評判が悪い?】3分でわかるメリット&デメリット 楽天でんき 【楽天電気は評判が悪い?】楽天エナジーのメリット&デメリット