1. Looopでんきも家庭向け電力販売開始!なんと「基本料金0円」!?

Looopでんきも家庭向け電力販売開始!なんと「基本料金0円」!?

Looopでんき

自然エネルギーをあなたのそばに。のキャッチコピーをうたう、Looopも電力自由化に伴い「Looopでんき」として電力販売を開始します。その基本料金はなんと0円とされており、なんだか少し怪しさも感じるところ。今回はその詳細情報に迫ってみましょう。

Looopでんきは基本料金0円!

Looopでんきでは他社に見られない斬新な料金設定を実現しました。それは、なんと基本料金が0円というもの。従来は基本料金をベースに、そこから使った分の電気代をプラスして支払うというのが一般的だったのですが、Looopでんきなら電気代は完全に使った分だけです。延長される可能性もありますが、現在は5月31日までの期間限定サービス。興味のある方は早めに申し込んでおいた方がいいでしょう。ちなみに、基本料金を0円にした理由としては、「基本料金がなくなるのも電力自由化のひとつの局面」「斬新なプラン提供で電気に関するお金に興味を向けてほしい」と担当者が語っており、これからさらに斬新なプランが出てくるかもしれません。

スポンサーリンク

Looopでんきのおうちプラン

そんな基本料金0円のLooopでんきが提供するのは「おうちプラン」と呼ばれるものです。基本料金部分だけでなく、電力量料金についても少し変わっており、なんとこのプラン、いくら電気を使っても値段が統一です。そもそも電気量料金には段階制というものがあり、120kWhを超えた時点で単価アップなどのシステムを採用しています。しかし、Looopでんきではそんな段階制も完全撤去。いくら使ってもkWhあたりの料金は26円です。この26円というのも特徴的で、他社のように22.22円といった端数もなし。税込みで26円ポッキリ。これなら電気代の計算も楽でいいですね。

これを東京電力エリア3人世帯の家に当てはめた場合のお得金額も発表されており、520kWh利用想定のマンションなら年間14200円、556kWh利用想定の戸建てなら年間22600円ほどお得になるとされています。もちろん、他のエリアについても同様に大変お得。利用できるエリアは限られますが、基本料金0円のインパクトも含め、候補に入れておきたいプランです。ちなみに、ビジネスプランと呼ばれる、事務所や商店用のプランも用意されています。こちらも基本料金無料の電気量料金固定なので、電気をたくさん使う方は確認しておきましょう。

提供エリアは?

先ほど少し触れたように、Looopでんきの提供エリアは少し限られてしまいます。今のところ東京電力、関西電力、中部電力の3エリアへの提供が決まっており、他のエリアについては早い段階で拡大予定だそうです。ただ、沖縄や四国、北陸などのエリアについては少し時間がかかるようなので、提供前のエリアの方はゆっくりと待ちましょう。提供予定の3エリアについては3月11日に申し込みがスタートしていて、ウェブから申し込みが可能です。ホームページにいくと下部に「お申し込み」ボタンがあるので、そちらから行いましょう。ウェブなので24時間いつでも申し込みできます。

まとめ

Looopでんきの詳細情報は以上のようになっています。基本料金0円や、全てのエリアで同じ電気量料金など、これらはLooopでんきが業界で初めて実行。まさに電力自由化におけるパイオニア的な存在と言えるでしょう。もちろん、インパクトだけでなく実際に契約した際の料金も格安。電気の使い方によっては今よりもずっと電気代が安くなりますよ。Looopでんきのホームページには料金シミュレーションも用意されており、検針票があれば簡単に料金目安を測定してくれます。今のところ基本料金0円での申し込みは5月31日までとなっているので、それまで他社と比較しながらじっくり考えてみるといいでしょう。

なぁーるほど!電力自由化って奥が深いですねぇ。

そうなんじゃ。電気の世界はとっても深いんじゃよ!電力会社も環境への優しさで選んでみたり、電気料金で選んでみたりできるからのう。調べてみるのもなかなか面白いぞ。

僕も電力会社を比較をしてみればピッタリの電力会社がわかるんですよねぇ?

そういうことじゃ。はじめは複雑で面倒に思うかもしれんが、やってみるとそんなに難しいことはないぞ。

そっかぁ。だったら僕も、自分にピッタリな電力会社がないか調べてみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!

出典: https://looop.co.jp/product/pps_sale_service/

ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ