おすすめの電力会社ランキング98社比較

鳥取ガスと鳥取市が共同設立「とっとり市民電力」家庭向け電気供給も検討?

鳥取県のイメージ写真

鳥取ガスと鳥取市が共同設立した「とっとり市民電力」をみなさんはご存知でしょうか。2016年4月からの電力自由化と共に電力販売を始めるという鳥取の市民電力。今回は簡単に解説していきましょう。

2万円も節約できるチャンス!?

あしたでんき

電力料金を安くしたいと思っている方に、最もおすすめしたいのが「あしたでんき」です。

電気料金が跳ね上がる夏、あしたでんきに切り替えて浮いたお金でちょっぴり贅沢しませんか?

【あしたでんきのメリット】

  • 年20,000円以上の節約を多くの方が実現
  • ずっと基本料金は0円(無料)
  • とにかくお得!業界でも最安水準
  • 手数料・解約金・違約金一切なし
  • 切り替え簡単!お試し感覚でOK
  • 対応の良さが抜群

とにかく電気料金が安いというのが、あしたでんきが選ばれている一番の理由。以下のシミュレーション結果をクリックして見れば納得ですよね!

料金シミュレーション結果(公式サイト)
3人以上の世帯例
(1月:600kwh/50Aで算出)
22,209円お得
2人世帯の例
(1月:500kwh/40Aで算出)
13,978円お得
1人暮らしの例
(1月:290kwh/30Aで算出)
2,558円お得
※東京電力エリアで試算

申し込みをするだけで面倒な手続きも工事も一切なし。手数料や解約金もないので、お試し感覚で一度切り替えて、合わなかったら解約でOK。

2019年9月末日までの申し込みなら「Amazonギフト券 2,000円分プレゼント」のキャンペーンがあるので、よりお得感が大きいはず!早く切り替えるほど節約に!

北海道・北陸・四国電力エリアの方には「Looopでんき」が最もおすすめです。基本料金0円で安い!

とっとり市民電力って?

とっとり市民電力は鳥取ガスと鳥取市が共同で設立した新電力のことで、2015年8月24日に設立されました。出資の割合としては鳥取ガスが90%、鳥取市が10%となっています。そんなとっとり市民電力は都市ガスにとる発電だけでなく、太陽光発電やバイオマス発電、廃棄物発電なども利用しながら電力を確保し、それを地域に販売していく予定です。一部の新電力の掲げる地産地消を方針としており、地域内での経済循環から地域経済を発展させていきます。

スポンサーリンク

家庭向けの電気供給も検討?

とっとり市民電力は2016年4月の電力自由化に伴い、鳥取市にある公共施設を中心に電気供給を始める予定です。ただ、とっとり市民電力は一般家庭への電気供給も検討しており、今後の新情報が待たれます。おそらく提供エリアについては鳥取ガスの販売エリアになると思われますが、これも追って発表されるでしょう。

鳥取市に限らず、電力自由化と共にいくつかの地方が電力小売りに参入することを発表しており、福岡県みやま市の「みやまんでんき」は一般家庭も対象として4月から電気供給を開始します。このことから、今後も地方による電力小売りが増えると見て間違いないでしょう。地産地消による地域の活性化などのメリットもあり、今後の新参入なども大いに期待できます。