おすすめの電力会社ランキング98社比較

東京電力が新料金プランを発表!電力自由化に向けたプランはお得なの?

東京電力

関東エリアの電気といえばの東京電力が、電力自由化に向けて新料金プランを発表したのはご存知でしょうか。

今回はそんなプランがお得なのかどうかも含め、ひとつずつじっくりと見ていきましょう。電力自由化によって会社やプランを決めあぐねている人は必見です。

7月限定!高額キャッシュバック!

最大3万円キャッシュバック

夏本番に向け電気料金は右肩上がり…そんな7月は電力会社を切り替えるメリットが大きいって知っていましたか?

電気料金が高くなってくるこの時期、電力会社の切り替えを検討する人も増えてきます。各電力会社は、新しい顧客を獲得しようとあの手この手でアピール。高額キャッシュバックもそのひとつなんです!

最大で30,000円のキャッシュバックも7月だけの大チャンス。電力会社を切り替えて月々の電気代が安くなるだけでなく、実質、数か月分の電気料金が0円になるのですからかなりお得!

少しでも電気代を安くしたいという人は、ぜひ「無料で各社の電気料金プランを比較」してどれだけ得できるか確認してみることをおすすめします!

東京電力が新料金プランを発表!

電力自由化に伴い、最大手である電力会社の東京電力も新料金プランを発表してきました。

これは電気の使い方や利用頻度など、様々な要素を考慮するプランを作りだすことで、より消費者がお得に電気を使えるというもの。

そんな新料金プランは全部で4つと言われています。では、実際に1つずつ確認してみましょう。

スタンダードプラン

スタンダードプランはS、L、Xの3つが用意された基本的なプラン。一人暮らしの人や家族と一緒に住んでいる人などの、様々な電気需要に対応しています。

今までの電気プランを引き継いだものであり、そこに電力自由化のメリットがプラスされています。

特にスタンダードXと呼ばれるプランは従来と電気代の計算方法が違い、過去11か月間、30分ごとの使った電力を測定し、それに合わせて基本料金が決定するのです。

これを導入することで、従来のように電気の基本料金が一定になることは無く、使い方によっては契約電力を抑えることも可能でしょう。

こういった電気使用量によって基本料金が決定することをスマート契約と呼んでいます。

ちなみに、今までの方式はブレーカ契約。覚えておくと各種契約プランなどの記事が読みやすいと思います。

夜トクプラン

主な電気の使用時間が夜という方におすすめなのが、こちらの夜トクプランです。夜トクプランには「夜トク8」「夜トク12」と呼ばれる2つのものが存在しており、それぞれ電気代がお得になる時間帯が変わってきます。

夜トク8は午後11時から午前7時まで、夜トク12は午後9時から午前9時まで。自分が電力を一番使う時間帯に適したプランはどちらか考えてみましょう。

これらのプランで違うのは時間帯だけでなく、当然ながら値段も変わってきます。夜トク8は安い時間帯が少ない代わり、夜間電気代が20.78円まで抑えられるのです。

これに対して夜トク12は時間が長い分、値段は22.55円と少しお高めに設定されています。

ただ、夜9時から11時までの電力が安いので、仕事から帰ってテレビなどでリラックスする方は夜トク12の方がいいかもしれません。逆にシフトの問題等で絶対に家に帰るのが11時過ぎ、なんて方は確実に夜トク8の方がおすすめです。

スマートライフプラン

スマートライフプランはオール電化を導入している家庭向けのものです。内容としてはいたってシンプルなもの。午前1時から午前6時までの電気料金が安くなります。

また、エコキュートやIHクッキングヒーターなどの設備を修理してくれるサービスも提供してくれるので安心感があるでしょう。電力自由化に伴い、オール電化を考えている方は検討してみてください。

プレミアムプラン

家族が多かったり、1日中空調をつけっぱなしだったり、とにかく電気の使用量が多い方向けのプランです。現在の電気代が2万円を超える場合、2年間利用することで1万4千円もお得になる場合も。

従来と比べて使えば使うほどお得になるプランであり、24時間365日のフルサポートにも対応しています。本来であれば有料のサービスも、プレミアムプランなら無料。しかも、何回でも大丈夫です。

スポンサーリンク

新料金プランはお得なの?

上記のような新料金プランがお得か否かと言えば、使い方次第な部分もありますが、お得に使えることが多いでしょう。

今まで以上に自分のライフスタイルに合わせた、ぴったりの料金プランを提供してくれるので無駄がなく、気持ちよく電気と付き合っていけるはずです。

電力自由化は知ってるけど、具体的にどうするか考えていない方は、東京電力のホームページにシミュレーターが設置されているので一度利用してみてください。