おすすめの電力会社ランキング98社比較

ガスも電気も!埼玉の都市ガス 大東ガスが「DAITOでんき」を開始

DAITOでんき

埼玉の都市ガス業者として知られている「大東ガス」。この大東ガスが電気の小売り自由化で電気供給事業に参入しています。その名も「DAITOでんき」。エリアは大東ガスの供給エリアをベースにしているので、DAITOでんきの利用を考えることができるのは現状では大東ガスが供給されているエリアに住んでいる人たちと言うことになります。では大東ガスエリア居住者にはDAITOでんきは「アリ」な会社になるのでしょうか?今回はDAITOでんきについてご紹介します。

2万円も節約できるチャンス!?

あしたでんき

電力料金を安くしたいと思っている方に、最もおすすめしたいのが「あしたでんき」です。

電気料金が跳ね上がる夏、あしたでんきに切り替えて浮いたお金でちょっぴり贅沢しませんか?

【あしたでんきのメリット】

  • 年20,000円以上の節約を多くの方が実現
  • ずっと基本料金は0円(無料)
  • とにかくお得!業界でも最安水準
  • 手数料・解約金・違約金一切なし
  • 切り替え簡単!お試し感覚でOK
  • 対応の良さが抜群

とにかく電気料金が安いというのが、あしたでんきが選ばれている一番の理由。以下のシミュレーション結果をクリックして見れば納得ですよね!

料金シミュレーション結果(公式サイト)
3人以上の世帯例
(1月:600kwh/50Aで算出)
22,209円お得
2人世帯の例
(1月:500kwh/40Aで算出)
13,978円お得
1人暮らしの例
(1月:290kwh/30Aで算出)
2,558円お得
※東京電力エリアで試算

申し込みをするだけで面倒な手続きも工事も一切なし。手数料や解約金もないので、お試し感覚で一度切り替えて、合わなかったら解約でOK。

2019年8月末日までの申し込みなら「Amazonギフト券 2,000円分プレゼント」のキャンペーンがあるので、よりお得感が大きいはず!早く切り替えるほど節約に!

DAITOでんきってどんな契約なの?

冒頭でもお伝えしているように、DAITOでんきの供給エリアは現在のところ大東ガスの供給が行われているエリアです。つまりDAITOでんきは大東ガスの既存契約がある家庭の「電気契約乗り換え」を狙って始められた事業でもあるのです。このため、ガスとのセット割りが用意されているなど現在大東ガスを利用している人がお得になるようなプランがあります。

どんな契約になるの?

DAITOでんきの契約は、基本的に現在の東京電力の従量電灯Bと従量電灯C、低圧電力に相応するプランが用意されています。従量電灯Bに当たるのが「プラン1」、従量電灯Cが「プラン2」、低圧電力に当たるのが「プラン3」となっています。

プラン1 契約アンペア数30A~60A

契約アンペア数30A~60Aの人が該当するプランですが、第1段階の料金が東京電力の従量電灯よりも割高なので、電気を多く使う人がお得になるプランです。

プラン2 適用範囲が6kVA以上50kVA未満の人

適用範囲が6kVA以上50kVA未満の人が対象のプランです。一般家庭で使うには多めの電気使用量なので、個人商店や事務所などを経営している人が検討をしてみるとお得になることがあるプランです。

プラン3 契約電力0.5kW以上50kW未満の人

契約電力0.5kW以上50kW未満の人が対象のプランです。小規模の工場やモーターをよく利用するような動力を頻繁に使うような人向けのプランと言えます。

以上がおおまかなプランの紹介になります。

スポンサーリンク

DAITOでんきに乗り換えて得する人はどんな人?

何度かお伝えしていますが、DAITOでんきは大東ガスでガスの利用契約をしている人を対象者の軸に据えている電気供給事業なので、今まさに大東ガスを利用している人がDAITOでんきを一緒に使うことでお得になると考えていると良いでしょう。ただし、それでも基本的な利用料は東京電力の従量電灯の料金とあまり変わりません。電気使用量があまりないという人にはお得を感じる部分は多くないかもしれませんね。しかしガスセット割りで、そもそもの電気使用量もそこそこある人は、電力量料金が1kWhにつき1.00円割安になるので年間で考えるとトータルの光熱費(電気代+ガス代)は現状より安くなるでしょう。またガスセット割で契約をすれば、2016年4月から始まった会員制サービスである「My大東ガス」のプレミアムサービスが2年間無料で受けられる特典もあります。月額500円のサービスなので、2年間で12000円のお得ということになります。

スポンサーリンク

DAITOでんきに契約できないことってある?注意点とは?

DAITOでんきはエリアがかなり限定的であるということにプラスして、契約アンペア数が30A以上を想定して作られているプランばかりなので、基本的に20Aなどの契約アンペアでは現在の電力会社からの乗り換えができないこともあります。特に一人暮らしでガスは大東ガスだけれど、電気使用量は少ないので契約アンペア数が少ないという人は、大東ガスを利用していても、DAITOでんきを利用できるかどうかはわかりません。マンションごととか、アパート丸ごとという契約で電気契約をしている場合は、大家さんの意向で大東ガス+DAITOでんきの契約ができる場合も全くないわけではありませんが、個人的には電気の少量利用者はDAITOでんきでは契約できないと考えていた方が良いでしょう。