1. 昭和シェル石油の新プラン「昼はもちろん夜に差がでる電気」受付スタート!

昭和シェル石油の新プラン「昼はもちろん夜に差がでる電気」受付スタート!

昼はもちろん夜に差がでる電気

2016年4月から、電力の自由化が始まりました。これまでは、地域の電力会社のみのサービスだったものが、これ以降は個人のさまざまな会社のサービスを選択できるようになりました。日中は家を空けることが多い家庭・夜間自宅にいることが少ない家庭・朝から晩まで一日中家にいることが多い家庭など、ライフスタイルはさまざまです。このように、ライフスタイルは多様であるにもかかわらず、電力のサービスの幅はとても狭く、人によっては無駄が多くなってしまっていることもありました。

しかし、電力の自由化によって、自分の生活に合った電力会社を選ぶことができるようになり、よりお得に電力を利用できるようになりました。そんな中昭和シェルでは、「昼はもちろん夜に差がでる電気」というサービスを開始しました。

参考:昭和シェル電気の口コミ

家族が集まる夜の電気代に注目

自宅で電力を使うのは、自宅に人が集まっているときほど多くなります。家族が集まる夜の時間帯や、朝食をとる朝の時間帯は、特に電力を使います。昭和シェルの「昼はもちろん夜に差がでる電気」は、夜の電力がとてもお得です。この新プランでは、朝7時から夜8時までのデイタイムと、夜8時から翌朝7時までのナイトタイムの2つの時間帯に分かれた料金体系になっています。家族が学校や仕事などで自宅を空ける時間帯であるデイタイムはもちろん、家族団らんの時間にあたるナイトタイムの電気代が、これまでよりもぐんと安くなっています。家族でテレビを見たり、冷房・暖房をつけて過ごしたりと、電力を使うことの多い時間帯ですが、このプランなら電気代を気にせずにゆったりと過ごすことができます。

また、デイタイムの電気代もこれまでよりもお安くなっているため、専業主婦で自宅で過ごすことが多い人にもぴったり。多くの人の生活スタイルにあったプランだから、お得に電気を利用することができるんです。これまで電力を地域の電力会社に頼っていた人にとって、個人の会社から電気を供給してもらうことに不安を抱いている人は多いと思います。しかし、自宅までの送電については、これまでと変わらず地域の電力会社からとなっているため、電線の設備などを変えることもなく、電気の内容が変わってしまうという心配は一切ありません。つまり、これまでと同じ電気を、昭和シェルの「昼はもちろん夜に差がでる電気」を経由することでもっとお得に利用することができるということなんです。

スポンサーリンク

のりかえも簡単

他の電力会社で契約している人の場合、他社からののりかえの手続きや手数料が心配になっている人は多いのではないでしょうか?昭和シェルの「昼はもちろん夜に差がでる電気」は、のりかえをする際の手間や費用がかからないので安心です。

どんな手続きが必要?

昭和シェルの「昼はもちろん夜に差がでる電気」にのりかえたいときには、昭和シェルへ申し込み手続きをするだけでOKです。現在他社の電力会社で契約している場合でも、その電力会社に対して解約手続き等をする必要がないので、とても簡単です。

工事費用は?

昭和シェルの「昼はもちろん夜に差がでる電気」を利用する際には、スマートメーターを設置する必要があります。スマートメーターを設置する際の工事費用は、一切かかりません。工事費用が心配だった人には嬉しいニュースですね。スマートメーターを設置することで、30分ごとに電気使用量を計測することができるため、毎月の検針員による電気代の測定も不要になります。

解約手数料はかかるの?

解約をするにあたっての手数料や、違約金などは一切ありません。利用してみて、万が一納得できなかった際にも違約金等の縛りがないので安心ですね。

まとめ

人の生活には欠かせない電力も、生活に合わせて自由に利用できる時代になりました。自分の生活に合った電力会社を選ぶことで、よりお得に電力を活用することができるようになります。日中も夜間もお得に電力を使える、昭和シェルの「昼はもちろん夜に差がでる電気」を試してみましょう。

なぁーるほど!電力自由化って奥が深いですねぇ。

そうなんじゃ。電気の世界はとっても深いんじゃよ!電力会社も環境への優しさで選んでみたり、電気料金で選んでみたりできるからのう。調べてみるのもなかなか面白いぞ。

僕も電力会社を比較をしてみればピッタリの電力会社がわかるんですよねぇ?

そういうことじゃ。はじめは複雑で面倒に思うかもしれんが、やってみるとそんなに難しいことはないぞ。

そっかぁ。だったら僕も、自分にピッタリな電力会社がないか調べてみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ