1. 「HEMS」ってどんなもの?節電・節約に役立つ仕組みやメリットを徹底解説

「HEMS」ってどんなもの?節電・節約に役立つ仕組みやメリットを徹底解説

HEMS

日々節約に励んでいる人にとって、電気代の節約はとても重要なものになってきます。こまめに電気を消したり、エアコンの使い方に気をつけるなど、さまざまな心遣いをしている人もいるのではないでしょうか?近年、オール電化住宅も増えてきて、より電気代の節約が重要になってきています。
そんな中で人気となっているのが、HEMSです。

HEMSは、電力をうまく活用するために欠かせないシステムです。今回は、このHEMSを使った節電について、ご紹介していきます

HEMSって何?

HEMSとは、HomeEnergy Management Systemの略です。情報通信機能を搭載した電力メーターで、自宅で家電製品とつなげて使用することで、賢く管理することができるシステムです。これまでは検針員が訪問して電気の使用量を検針していましたが、このシステムを使うことで、デジタルで電力使用量を電力会社へ直接送信することができます。

自宅での電気の使用状況をひと目で把握することができたり、状況に応じて電化製品をコントロールすることができるものもあるため、節電に効果的であるといわれています。このシステムは、主に太陽光発電やオール電化を取り入れている住宅に設置されているケースが多くなっており、今後はこのシステムを取り入れた住宅がますます増えてくるといわれています。

スポンサーリンク

HEMSで節約をしよう

HEMSを取り入れることで便利になるのは、検針の手間がなくなることだけではありません。HEMSを活用すると、効果的に節電をすることができるのです。その秘密は、HEMSが果たす役割にあります。HEMSは、「エネルギーの見える化」と、「エネルギーの制御」を行うことが役割となっています。この「エネルギーの見える化」と、「エネルギーの制御」という役割が、節電の大きなキーポイントになってくるのです。

まず、エネルギーの見える化によって、自宅で使っている電力のうち、どの部分が無駄であるか、どの部分をカットすることができるかを簡単に把握することができます。HEMSは、自宅で使っている家電それぞれの電力消費量をモニターで表示してくれます。また、天候に合わせて節電に関する情報を提供してくれます。そうすることで、節電に向けてどのような対策をすれば良いかが明確になります。また、実際に節電を始めた際にも、電気の流れを目で確認しながら進めることができるので、節電効果を得られやすいのです。

次に、エネルギーの制御の面です。HEMSは、自宅で使っている家電機器とつなげることで、エネルギーを自動で制御することができます。使っていない時間が長い家電製品を休止状態にしたり、空調機器などを天候に合わせて運転させたりすることができるため、苦なく節電を続けることができるのです。これまで、電力がどこでどのように使われているのかをわからずに、闇雲に節電を心がけていた人や、ストレスを感じながら節電をしていた人も、このHEMSがあればそのような問題から開放されます。このように、とてもお手軽なのに効果的な節電ができるとあって、新たに取り入れる家庭も年々増えているんです。

より節電効果を実感するために

2016年から電力の自由化が始まって、お好みのプランを選ぶことができるようになりました。自分の生活スタイルや、電気の使い方に合った電気料金プランを選ぶことが、節電をする上でもっとも重要であるといえます。さらに、ここまで紹介してきたHEMSを併用することで、より効果的な節電をすることができます。無駄のないプランと、無駄のない電力の使い方によって、電気代を極限まで節約することができるのです。HEMSをうまく活用して、楽しみながら節電をしましょう。

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ