1. 麺の茹で時間を短縮して光熱費を節約する裏ワザ!パスタ・乾麺の茹で方まとめ

麺の茹で時間を短縮して光熱費を節約する裏ワザ!パスタ・乾麺の茹で方まとめ

パスタ

麺類が好きで家でもよく食べる、という方は結構多いのではないでしょうか?夏は冷たく、冬は熱々にして食べると美味しいですよね。保存が利いて、手軽に作れて、味も美味しい、そんな便利な乾麺やパスタですが、暑い夏は、麺を茹でるのも大変ですよね。パスタや乾麺は茹で上がるまでに結構な時間が掛かります。暑い日は、キッチンに立つ時間を少しでも短くしたいですよね。そこで今回は、茹で時間を短くして光熱費も安く抑える裏ワザな方法を見ていきましょう。

パスタを短時間で茹でる裏ワザ

まず、早茹で用のパスタを使うという方法があります。このタイプのパスタは、麺に切り込みがあり、早く茹で上がるようになっています。そして、普通のパスタの場合には、パスタを茹でる前に水に浸けておくという裏ワザが使えます。1.4mmのパスタは一時間、1.7mmは一時間半、1.9mmは二時間程、水に浸けておきます。これで、パスタの内部に水分が入るので、短い時間で茹でる事ができるのです。茹でる時には、お湯には塩を入れずに茹でます。この方法なら、茹で時間は一分程で大丈夫です。注意しておきたい点は、あまり長時間水に浸けない事です。柔らかくなり過ぎるので、注意しましょう。

スポンサーリンク

乾麺を短時間で茹でる裏ワザ

まず、蓋が付いている鍋を使います。その鍋にお湯を沸かし、乾麺を入れて茹でていくのですが、麺を入れて沸騰してきたら、すぐに蓋をして火を止めます。そのまま、乾麺の袋に記載されている茹で時間の間、待ちます。これは、余熱を利用して茹で上げる裏ワザです。また、鍋でお湯を沸かす時には、最初に塩を入れずに、沸騰してから入れます。真水の方が、塩を入れた水よりも早く沸騰する為です。

まとめ

意外な裏ワザに驚いた方もいらっしゃると思います。さらに、パスタも乾麺も、鍋底が広く厚手の鍋を使うと、熱伝導が良いので早く茹で上がりますよ。これらの裏ワザを使って、短時間で調理して、美味しい麺類を楽しみましょう!

節約って言ってもいろいろな方法があるよねぇ。

そうよ。大きな節約をひとつすることも大事だけど、小さな節約をコツコツすることだって重要なのよ。

小さな節約かぁ…普段から心掛けておかないといけないねぇ。缶ジュース1本だって、ちりも積もれば何千円、何万円になるんだもんねぇ。

それよ!心掛けが大事なのよ!水道を出しっぱなしにしない、電気をつけっぱなしにしない、これだって、年間で考えたらかなりの光熱費節約になるんじゃない?

そうだ…自分に合った電力会社を選ぶだけでも光熱費の節約になるんだよねぇ。僕たちも電力会社を比較してぴったりなとこがないか探してみてもいいかもね。

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ